ESCAPE R DROPがディスクブレーキじゃない理由を考えてみた。

昨日書いた記事、ジャイアントがついにドロップバークロスという新ジャンル、エスケープRドロップを出してきたわけですが、

【2020モデル】GIANT ESCAPE R DROP。ついにドロップバークロスというジャンルを確立!

これについてご意見いただきました。




読者様
読者様
補助ブレーキ外してリアキャリア付けたら普段使いに良いかもなぁ。
惜しむらくは、廉価なディスクブレーキを待つのではなく、現段階でvブレーキで出してしまったこと。(恐らく)来年のソラ、再来年のクラリスの油圧ディスクブレーキを使ってこの手の完成車が組まれてたら、喜んで飛びつくのに。
勿論、フロントホイールはハブダイナモに変えて、オートライトも付ける極限普段使い自転車に改造するけど。

個人的に思うことですが、このエスケープRドロップがディスクブレーキではないのには、理由があると思ってみています。

エスケープRドロップがディスクブレーキではない理由

まず、2020年モデルのクロスバイクでは、定番クロスバイクのエスケープR3のほか、エスケープRディスクというクロスも出しています。
要はR3のディスクブレーキ版ですね。

これの比較を見てみると分かるのですが、

ESCAPE R3 ESCAPE R DISC
フォーク クロモリ アルミ
ブレーキ リム(Vブレーキ) 油圧ディスク
定価(税別) 52,000 62,000

これはクロスバイクに限らずですが、ディスクブレーキ化すると値段が上がります。
ディスクブレーキのシステム自体が高くつくというのもありますが、フレームとフォークも、リムブレーキよりも剛性と強度を上げないといけないので、フレーム&フォークも多少値段が違うと思われます。

ディスクブレーキのロードバイクは、フレーム&フォーク重量に注意なんだそうです。

実際、エスケープRディスクでは、クロモリフォークではなくてアルミフォークになっているのもポイントです。
勝手な予想ですが、剛性と強度をクロモリフォークで上げると、当然ですがクソ重くなるわけで。
それを避けるためにもアルミフォークなんじゃないのかと思うわけです。

で、現状ではクラリスにはディスクブレーキがないので、今クラリスでディスクブレーキ完成車を出そうとすると、サードパーティーから機械式ディスクブレーキを持ってくるしかありません。
それでもVブレーキよりは高く付きます。

で、ジャイアントの2020年モデルのロードバイクを見た場合に、一番安いのはコンテンド2の86,000円(税別)です。

エスケープRドロップの定価は66,000円(税別)です。
もし今、エスケープRドロップをディスクブレーキ完成車で出そうとすると、恐らくですが7万円は超えます。
73,000円とかそんなあたりになると思うんです。

エスケープRドロップを見た時、フレームは一応R3とはジオメトリを変えて新設計とは言え、恐らくフォーク自体は同じものでしょう。
他のパーツもコンポ以外はほぼ同じなわけですが、要はいかに安くドロップハンドル車を出すかに重点が置かれているのではないでしょうか?

管理人
管理人
エスケープRドロップが7万円台だと、コンテンド2が1万円差くらいになってしまい、さほどお買い得感がないわけで。

何が何でも6万円台死守だったのではないでしょうか?
6万円台でドロップハンドルで、まともなメーカーの自転車ですよというアピールが必要だったのでは?

管理人
管理人
とはいえ、ジャイアントで一番安いディスク車がコンテンドSL2の13万5千なので、7万円台でディスク完成車ならお買い得感もあるかもしれませんが・・・

恐らく、6万円台死守は必須

前回も書きましたが、このエスケープRドロップは、ライトユーザー層、要は街乗りや通勤通学したい人の中で、どうしてもドロップハンドルに乗りたいという人向けでしょう。
それと同時に、中高生などでロードバイクは高くて買えないという層へのアプローチなんだと思うんですね。

そうなった場合、ディスクブレーキで高くなるよりは、いかにケチって安く仕上げるか、そこがポイント何だと思います。

管理人
管理人
ケチるのは悪いことではない

エスケープRドロップですが、ちょっと興味深い点として、
・シートプランプがクイックリリース方式
・ホイールが、スキュアーナット方式

管理人
管理人
要は工具なしでサドルが上げ下げ可能だし、工具がないとホイールは外せないよ。

これ、超ド素人向けのスペックです。
工具なしでサドルの上げ下げができるというのは素人さんにはメリットです。
そして、素人さんはクイックリリースの使い方をわかってないために、とんでもない角度で止めてみたり

たまにこんな位置でクイックを止めているクロスバイクを見かけますが、超危険です。

ク、クイックが・・・そんな位置で止めちゃダメ!クイックは正しく使わないと危険なモノになる。

クイックの意味をわからずに、ホイールが外れる事故もあるそうです。
それ対策で、昨年のエスケープR3には、クイックのほかナット止めも付属してました。

2019モデルのエスケープR3が値上げになった理由。なんとクイック⇒ナット止めに!

Rドロップは最初からナット止めで、もはやスポーツサイクルとしての役割を半分放棄しているわけです。

でも、いわゆるガチで乗らない人にとっては、ナット止めのほうが安心なわけで。

既存のフォークを利用し、クランクやスプロケをサードパーティー製にしコストダウン。
要は

管理人
管理人
いかに安くドロップ車を作るかに苦心した一台

なのではないでしょうか?

さらにコストダウンしようとすると、ターニー7速にするしかないですが、世間では

いろんな人
いろんな人
スポーツサイクルは8速から、とネットで見たよ。

こういう声も多いので、ギリギリでコストダウンしながらも、最低限のスポーツサイクルとしてまとめようとした結果がこれなのではないでしょうか?

クラリスとソラは油圧ディスク化する?

個人的に思うことですが、ソラとクラリスについては、油圧ディスク化しないんじゃないかと思ってます。
もちろん、真相は待たないとわかりません。

理由ですが、油圧ディスクって、コンポの値段が上がります。

ST-4700(リムブレーキ用ティアグラSTI) ST-4720(ディスクブレーキ用ティアグラSTI)
25,430(税込) 39,554(税込)

ティアグラグレードでも、こんだけの価格差があります。

管理人
管理人
ソラとクラリスの存在価値は、完成車の価格を下げて買いやすい値段にすることなので、高くなったら意味がない!

ソラとクラリスの完成車って、安いですよね。
買いやすい値段で完成車が存在するということが大切なわけで。

油圧ディスクのソラやクラリスを作ると、恐らくはSTIレバーが一気に高くなります。

リム ディスク
ソラ(R3000) 23,384円(税込)
クラリス(R2000) 16,632円(税込)

クラリスのSTIって単体で買うと約16000円ですが、この値段で油圧ディスク用は恐らく難しいかと。
クラリスに油圧ディスクが出たら、恐らくは完成車価格は15000円くらいは上がるでしょう。

2020年モデルの各社の完成車を見ると、せっかく新登場した、ティアグラ油圧ディスクの完成車ってほぼありません。
これが完成車メーカーの本音だと思うのですが、

いろんな人
いろんな人
油圧ディスクとはいえ、ティアグラグレードで一気に高くなると、完成車は売れない・・・

アルミフレームの105完成車(リム)って、多くの場合定価は18万くらいだと思います。
アルミフレームで油圧ディスク完成車にすると、恐らく20万超えます。
間違いなく、105完成車(リム)よりも高くなります。

アルミ+油圧ティアグラで20万となった場合に、売れそうにないとメーカーは判断するのではないでしょうか?

管理人
管理人
クラリスやソラの完成車が高かったら、売れないですよね。

クラリスやソラで油圧コンポを作っても、恐らくは完成車メーカーは見向きもしないでしょう。

いろんな人
いろんな人
油圧は魅力でも、高くなると売れないから、それなら安いリムブレーキ用STIでワイヤー引きディスクブレーキにしよっかな?

完成車メーカーはクラリスやソラでディスク車出そうとすると、きっと安いリムブレーキ用STIに、ワイヤー引きディスクブレーキを合わせて来るでしょう。

管理人
管理人
まあ、管理人の推測は当たらないことも多いです!

なので、私はクラリスとソラについては、上位コンポとの差別化も含めて、油圧化しなそうな気がしてます。
実際、ティアグラ油圧ですら、完成車メーカーは見向きもしてませんし・・・

エスケープRドロップですが、これはかなり売れそうな予感です。
特に中高生とか、街乗り派には最強の一台でしょう。

いろいろ弄る楽しみが多いのもR3の魅力ですし、Rドロップもカスタマイズして楽しむ人が出てくるんでしょうかね。