あれ??東海道新幹線の自由席は輪行禁止??

東海道新幹線などで、手荷物が予約制になる(もしくは予約なしだと有料)という話は以前にも書きましたが、

東海道・山陽・九州新幹線での輪行が、実質的に予約制に変更!

この件、情報が錯綜してまして、いろんなサイトなどを見ていると、

指定席は予約が必要、もしくは予約なしだと有料。

自由席は今までどおり自由に使える。

という説が濃厚でした。
しかし、あれ??と思う記事がありまして。




自由席は輪行不可??

ヤフーにあった記事(配信元は東海テレビ)ですが、このようになっています。

特大荷物は普通車やグリーン車の指定席とセットで事前予約することができ、追加料金はかかりません。

予約なしだと千円、ベビーカーは…新幹線『大型荷物の事前予約制』 来年5月からこうなる

一方、自由席へは3辺の合計が160cmを超える荷物は持ち込みができなくなります。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010000-tokai-soci&p=2

そもそもですが、今回のこの【予約制】の件、

3辺の合計が160cm以上250cm以内を特大荷物と定義し、特大荷物を予約制にする

という話でした。
輪行袋はこの特大荷物に該当するのです。

で、指定席で輪行する場合には、予約が必要、もしくは予約なしの場合は有料という扱いで、自由席については対象外ではないかという理解でいたのですが、どうも違うような・・・

どっちが正しい解釈なんでしょうか??

JRの説明を読むと

JRのサイトでの説明を読むと、こうなっています。

Q 車両最後部のスペースには、自由に荷物が置けなくなるのですか?

A 「特大荷物スペースつき座席」をご予約のお客さま専用のスペースとなるため、ご予約のないお客さまはご利用いただけません。なおJRでは、荷物の管理はお客さまご自身で、お客さまのお手元にて保管いただくようお願いしています。自由席など、「特大荷物スペースつき座席」の設定のない車両最後部スペースについても、今後はその直前座席のお客さまに優先してご利用いただくようお願いいたします。

https://railway.jr-central.co.jp/oversized-baggage/

ニュースでは、

もう1カ所は、現在、洗面所となっているスペースなどを整備して、新たに「荷物コーナー」を設けます。

盗難防止のため二重ロック方式にするということで、こちらは今後整備が必要なため、2023年度から導入される予定です。

これにより、16車両で編成されるひかり号の場合、1列車につき、荷物スペースで32個、荷物スペースで10個、合計で42個の荷物が置けるということです。

「荷物スペース」「荷物コーナー」ともに全ての車両に設置されるわけではなく、JRでは現段階ではどの車両に設置するかは未定としていますが、2017年度に特大荷物がどれくらい持ち込まれているか、サンプル調査を行ったところ、1列車につき、3~4個が平均的な数だったため、十分に対応できる置き場を確保できると見込んでいます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010000-tokai-soci

荷物スペースで10個とある箇所は、恐らく荷物コーナーの間違いだと思います。
荷物スペースというのは最後尾座席裏を指すわけですが、16車両で32個というのはどういう計算なんでしょうか?
ひかりだと自由席が5車両になっているようなので、16-5=11指定車両、32/11=??、なんだかよくわかりませんねw

ただ確実なこととしては、今後は予約して指定席の特大荷物付座席を押さえておかないと、最悪の場合乗ることが出来ない可能性もありそうです。

詳しくは一度JRに聞いてみますが、どうもこの件、駅員さんレベルだと全くわかってないようでして、JR本部に聞かないとわからなそうですね。