【2020モデル】GIOS MITO。クロモリグラベルはミトちゃんと呼ばれます。

ミトちゃんというと人気女子アナですが、ジオスでミトちゃんといえばグラベルロードのほうです。
MITOはクロモリのグラベルロードですが、2020年モデルでも継続です。




2020 GIOS MITO


ジオスのクロモリグラベルロード、MITOです。
近年、グラベルロードにあえてクロモリフレームを持ってくるメーカーが増えている気がしますが、キャンプツーリングなどでの強度重視ということなんでしょうかね?

このカラー、ビアンキではないですよw
ロゴ変えればビアンキになっちゃいそうですが。

ディスクブレーキはもはやグラベルロードでは当たり前のスペック。
コンポはソラなので、油圧ディスクではありません。

見えるかどうかわかりませんが、MITOのスペックで特徴的なのは、フロントがトリプルギアなんですね。

トリプルギアはもはやほぼ見かけないスペックとなりつつあるわけですが、軽いギアから重いギアまでカバーしているという点では、リア9枚というネガティブさを排除しているともいえます。

フレーム クロモリ
フォーク クロモリ
STI ソラ
クランク スギノ 48-38-28T
FD,RD ソラ
スプロケ シマノ 12-25T
ブレーキ MD-C500 機械式ディスク
ホイール 手組
タイヤ KENDA K-1047 700×35C
重量 11.9キロ

なかなか不思議なスペックというか、まずスプロケが12-25Tと9速ではかなりのクロスレシオなんですね。
今やグラベルロードというと、リア34Tのような軽いギアが入っていることが普通ですが、ロード完成車でもまず見かけなくなった、ロー25Tです。
その代わり、フロントがトリプルで28Tが入っているという感じでしょうか。

スペック的にどう見るかはやや微妙なところですね。
最近のグラベルロードって、フロント34T、リア34Tでギア比1.0になっているものも多いですが、ミトちゃんについては28ー25Tなので1.12ですね。
まあ、大差ないところですが。

スプロケはあとからでも気軽に交換できるパーツなので、さほど気にすることでもないかもしれません。

クロモリグラベルの時代へ

ほかにもクロモリのグラベルロードを出しているのは、ビアンキのORSOとか。

FUJIのJARI2.3とか。

グラベルレースとなると、クロモリの重さがネガティブになりそうですが、キャンプツーリングなどで荷物を積載する上では、クロモリフレームの頑丈さはむしろ好都合だったりします。
せっかくのグラベルロードなので、シマノのGRXで組んでも面白そうなところですが、低価格でうまくまとめるためのソラスペックでしょうから、低価格でキャンプツーリング用バイクが欲しい人にはいい選択肢かもしれません。