アルミスポークは意味が無い!という話は、マヴィックに対して喧嘩売っているのと同じかも。

アルミスポークは意味が無い!と豪快な意見を出している有名人(?)がいます。
これについては多くの人が

いろんな人
いろんな人
乗り比べればわかる話でしょ

ということで、アルミスポークの価値を認めている人がほとんどだと思いますが、よーく考えてみたら、キシリウムエリートとキシリウムプロで説明が付きますよね。

キシリウムエリートとキシリウムプロ

現行モデルのUSTもそうですし、旧作のクリンチャーモデルでもそうですが、キシリウムエリートとキシリウムプロは、リム自体は全く同じです。
何が違うかと言うと、現行モデルで言うならば、ハブとスポークです。

現行のUSTモデルについては、キシリウムプロはインスタントドライブ360、キシリウムエリートは従来の二つ爪のラチェット(FTS-L)という違いもありますが、大きな違いとしては、キシリウムエリートがスチールスポークなのに対し、キシリウムプロはジクラルスポーク(アルミスポーク)という違いがあります。

もっと前だと、ハブは両方とも二つ爪(FTS-L)で、スポークの違いがあるくらいだったわけです。

で、この二つ、乗り比べればわかるほど剛性感は違います。
乗った感想という、科学的ではない話になってしまいますが、本来は乗ってどう感じるかというフィーリングの話なので、これでスポークの剛性差があると言っていいのではないでしょうか?
数字上で剛性差があっても、乗ってわからないレベルなら意味ないですし。

管理人
管理人
乗らなきゃ意味無いよ

ここでキシリウムエリートとキシリウムプロのスペック上の比較をして見ましょう。

キシリウムエリートUST キシリウムプロUST
重量 F665g,R885g

1520g

F590g,R820g

1410g

リム幅 17c 17c
リムの軽量化 ISM 4D ISM 4D
リムハイト F22mm,R25mm F22mm,R25mm
スポーク素材 スチール ジクラル(アルミ)
スポーク数 F18,R20 F18,R20
スポークパターン Fラジアル組、Rイソパルス組 Fラジアル組、Rイソパルス組
ハブ FTS-L インスタンドドライブ360

キシリウムエリートとプロは、スポーク素材の違いと、ハブのラチェット方式の違いがあるだけで、リム自体は共通。
マヴィックではアルミスポークをジクラルスポークと呼んでます。

アルミスポークは意味がある

現行モデルで言うと、ハブのラチェット方式にも違いはありますが、旧モデルのキシリウムエリートとキシリウムSLS(現行のプロ)はどちらもハブのラチェット方式は同じで、スポーク素材の違いくらいでした。
アルミスポークが意味がないなら、こんな作りわけをして製品化するいいがないですし、インプレも【どちらも同じ】になってしまいますが、キシリウムエリートとキシリウムプロは明確に乗り味に違いがあります。

乗り味の違いという感覚的な話もそうですし、確か数字上でも剛性が違う結果があった気がしますが、アルミスポークに意味があるからわざわざ違うホイールとして製品化しているのでしょう。

Mavic【マビック】Ksyrium Elite UST Clincher Tubeless Road Wheelset