自転車が救急車を邪魔したという記事を見て、ロードバイクの走り方を思いだした件。

見た方もいるかもしれませんが、自転車が救急車の通行を邪魔したということで、公務執行妨害で逮捕されるという事件がありました。
事件の詳細はこちらです。

この事件自体は、人の命がかかっていることも分からないというところに憤りを感じますが、それと同時に、前に見たロードバイクの走り方を思い出しまして。

前に見たロードバイク

これはいつ頃だったか思い出せませんが、バス停でバスを待っていたときのこと。
片側一車線の道路なのですが、救急車が緊急走行、つまりはサイレン鳴らして走っていました。
狭い道路ですが、先行している車は、バス停の窪み?(バスが停車するために歩道側にえぐられている)とか、それこそお店の出入り口(歩道)に退避して、救急車を先に行かせようとしますよね。

これは道路交通法でも規定されていることで、緊急車両優先は当たり前です。
道路交通法だなんて言わなくても、救急車がサイレン鳴らして走っていれば、人の命がかかっていることくらいはわかるでしょう。

車が横にズレて救急車を先に行かせようとしている中、ロードバイクだけは全力で逃げるように走ることを選択したようで、救急車の前を必死に走っています。
必死と言っても、たぶん時速35キロとかそんなもんです。
当然ですが、救急車から見れば邪魔ですよね。

で、遠くからそんな状況が見えていて、私が立っているバス停のところで、当然バス停の歩道側の凹みに退避すると思っていたのですが、本格的なバカなのか知りませんが、そのままロードバイクは走り続けて救急車の前を先行していたわけですよ。

※画像はイメージです。

見た瞬間、

管理人
管理人
あれは無いわー

と思ってい見ていたのですが、救急車のほうもスピーカーで

前の自転車の方、左に寄せて先に行かせてください

みたいに言ってました。
でも、ひたすら先行することを選んだようで、そのまま救急車の前を先行し、片側一車線の道路ですので救急車もロードバイクを追越しできず、困っているように見えたわけです。

人の命、かかってます

よく言われることですが、心肺停止状態になっているとき、その状態が1分経つごとに救命率は10%下がると言われています。
実際には、救急車が現場に到着するまでに蘇生措置できるかどうかが大きな問題ですが、どちらにせよ1分でも1秒でも早く、救急病院に搬送することが求められます。

蘇生措置自体は救急隊がある程度やりますが、出血がある場合などはやはりいち早く病院に搬送しないと助からない可能性もあります。

実は私、身内の中で、搬送が遅れたために亡くなったケースを経験しています。
搬送が遅れたのは、搬送先がなかなか決まらなかったという事情もあるので、決して道路事情ではありませんが、救急車が必要な事態=緊急であり命が関わっている、ということくらいは、小学生でもわかることです。

大きな交差点でも、救急車が来ているのに、横断し始めたBBAを見た瞬間、マジあり得ないと思ってみたことがあります。
お前が道路を渡ることよりも、もっと大切なことがかかっているわけで。
もしどんなに急いでいて、その結果どうしても交差点を横断しないといけないにしても、それよりももっと重要なことって救急車のほうです。

ロードバイクで走行しているときに、救急車などのサイレンが聞こえたら、サイレンの方向を見ますよね。
そして停止して左に寄せたほうがいいのか、それともロードバイクの走行とは関係ない方向なのか、確認します。
どちらにせよ、まずスピードを落として確認ですよね。

前にロードバイクで走っているときに見かけたローディーですが、交差点に救急車が入ろうとしてるところで、あろうことか減速も停止もせずに突っ走ったロードバイクを見たこともあります。
もちろん、ロードバイクだけでなく、原付だったり、車だったり、交差点に入らずに救急車のために待機したほうがいいタイミングなのに、交差点に入る車も見かけます。

単に状況判断が下手で、止まろうかどうするかの一瞬の判断能力が低いだけという人もいるかもしれませんが、救急車は最優先です。
サイレンが聞こえたら、まずは安全に止まることを念頭に入れないといけないわけで。

自分だったり、自分の家族だったり、恋人だったり、そういう人が救急車で運ばれたときに、道が混んでいて搬送が遅くなって亡くなったら、そりゃ悲しいでしょう。
自分のことだと思って、救急車のサイレンが聞こえたら、何よりも最優先で道を譲ってください。

なぜかこの救急車の件、ロードバイクでそのまま走り続ける人を何度か見たことがあるので、これだけは是非言っておきたいと思い書きました。
道が広めであっても、停止して左に寄せているロードバイクを追越すのと、走行を続けるロードバイクを追越すの、どっちがラクに出来るかという話です。

報道で出ている事件が、救急搬送された方がどうだったのかは触れられていませんが、間違っても救急車の前を全力で走り続けるとか、やめましょう。
時速80キロで走り続けることが可能なローディーなら救急車の前を全力で逃げることもできるかもしれませんが、たかだか40キロ程度で走るのであれば、邪魔です。

みんなが協力して救急車を先に行かせるように努力すれば、搬送がかなり早くできる可能性があります。
それがこっちの車のせいで10秒遅れ、こっちのロードバイクのせいで10秒遅れ・・・といった積み重ねで遅れてしまうわけで、1秒でも早く搬送できるよう、協力してください。