【限定】ビアンキのSPRINTにマヴィックのキシリウムエリートUST完成車が登場!

2020年モデルとして登場した、ビアンキのカーボンフレーム、スプリント。
なんとビアンキストア限定ですが、ホイールがマヴィックのキシリウムエリートUSTが付いた完成車が登場します!

スプリント×キシリウムエリートUST

完成車と言うと、どこのメーカーでもそうですが、まあ鉄下駄と呼ばれる重たいホイールしか付いてこないのが常です。
今期大注目のスプリントに、マヴィックのキシリウムエリートUST(定価 税別95000円)が付いた完成車が登場します。

これが登場するのは、スプリント105完成車(リムブレーキ)です。
ノーマルのスプリントと比較して見ましょう!

ノーマル 限定モデル
ホイール Shimano WH-RS100 MAVIC キシリウムエリートUST
定価(税別) 228,000円 270,750円

その差額は42750円です。
海外通販でも、キシエリは42750円では買えませんので、これは非常にお買い得な完成車になりますね。

ただし、ビアンキストア限定です。
台数も限りがあるようなので、欲しい人は今すぐ(といっても今は夜ですが)ビアンキストアにゴーですね。

あと、リムブレーキモデルのみの話になります。
スプリントにはディスクもありますが、今回はリムブレーキのみの特典です。


キシリウムエリートは

キシリウムエリートですが、このホイールはなかなか良くて、上位ホイールのキシリウムプロと同じリムです。
フロントリムで410g程度と軽量で、ホイール重量も1520gとなっています。

ノーマルの完成車についてくるシマノRS100は前後あわせて1897gとクソ重いのですが、キシリウムエリートならだいぶ走りが軽くなります。

2019-2020年、予算別オススメのホイールはこれだ!ロードバイクで欠かすことができない、走行性能を決めるホイール選び。

よく、キシリウムエリート、ゾンダ、レーシング3あたりは同じくらいのランクと言われますが、キシエリが一歩以上リードしている感じです。
ゾンダは1596g、レーシング3は1560gなのですが、キシエリとの大きな違いは2点あり、まずはリム重量がかなり軽いこと。
ゾンダとかレーシング3だと、フロントリムで460gを越えますが、キシエリは410gくらいです。
リム重量の50gは、走ってみて体感しやすいくらいの差です。

次の違いは、キシエリはチューブレスだということ。
タイヤも付属します。

Mavic【マビック】Ksyrium Elite UST Clincher Tubeless Road Wheelset 2018

リム素材 アルミ
重量 F665g、R855g

ペア1520g

リムハイト F24mm、R26mm
スポーク素材 スチールステンレス
スポーク本数 F18,R20
対応タイヤ チューブレス、クリンチャー
23cタイヤ X(25c以上)
タイヤ イクシオン プロ UST

260g

個人的には、このキシリウムエリート付きのスプリントを激推ししますが、あえてノーマルを買ったほうがいい人もいます。
既に狙っているホイールが別にある人ですね。
ディープ系を履かせたいとか思うなら、最初のホイールはシマノRS100でもいいでしょうし、その分お金が浮くともいえるので、ホイール買う資金になりますし。

何年か前も、センプレのソラ完成車を一気に4万円くらい値下げして驚いたこともありますが、ビアンキの戦術は後出しでお得なものを出すのでしょうか?
後出しされたら、既に買った人がややかわいそうな・・・
私なんて、後出しよりも中出しのほうが好きですけどね!