【2020モデル】スペシャライズドのS-WORKS TURBO CREO SL。もう、技術全部乗せしたE-BIKEか。

各社、E-BIKEの開発には物凄く力を入れていますが、スペシャライズドはTURBO CREO SL(ターボクレオSL)というニューモデルを出してきました。

これ、ラーメンでいうところの【トッピング全部乗せ】ですよw
ラーメンで例えたら怒られるのかも。

S-WORKS TURBO CREO SL

こちらがその、ターボクレオSL。

ラーメンでいうところの全部乗せ!といった理由ですが、まずはスペシャライズドが誇るフロントフォークのサスペンション技術、フューチャーショック2.0搭載ですよね。

これがその技術です。
フォークが微妙に上下動してショック吸収しているのがわかりますね。

で、E-BIKEの場合、どうしても電動アシストユニットが重くなるので、車体重量自体が増してしまうわけですが、超軽量で静粛性の高いスペシャライズドのSL 1.1 モーター搭載。
これにより、車体の重量は12.2キロに収まっているということです。

このスペシャライズドのSL 1.1 モーターですが、ケイデンス60-100rpmのときにアシストが最大限発揮されるように設計されているそうです。
一般的な電動アシストのママチャリだと、0キロ付近が一番アシスト力が強いので、漕ぎ出しがものすごく不思議な感じになるのですが、あくまでもスポーツサイクル、ロードバイクとしての動きにこだわっているよう。

走行距離も最大193キロ!ということです(ただし内臓バッテリーだけだと129キロ)。

前に、E-BIKEの肝は、アシストオフでいかにロードバイクらしく走れるかもポイントなのでは?と書いたことがありますが、

E-BIKEにおけるフレームの役割。どうせ電気でアシストされるんだから、フレーム性能とか関係なくね?

アシストオフでは、やはり車体重量がネックになります。
電動アシストのママチャリに乗ったことがある人はわかると思うのですが、あれはアシストオフだと歩いたほうがマシレベルで走りません。
それくらい重い自転車です。
電動アシストのママチャリはなんだかんだ30キロくらい重量がありますし。

E-BIKEの場合、やはり車体重量をいかに抑えるか次第で、アシストオフ状態での走りも変わると思いますが、12.2キロとアシストユニット込みでもここまで抑えてきました。
クロスバイクから500gくらい増量された程度の重量でまとめてくるのも凄いですね。

フレームは当然カーボンです。
FACT 11r カーボンフレームを使用。

そしてコンポですが、デュラエースDi2な上に、フロントシングル、RDはXTR、カセットは11-42Tとなっています。
当然ディスクブレーキです。
ホイールはRoval CLX 50 Discと抜かりない構成。
スペックがわかりづらいのでまとめますとこうなっているようです。

フレームFACT 11r carbon
フォークFuture Shock 2.0
STIShimano Dura-Ace Di2 Disc R9170
クランクPraxis, Carbon 46T
RDShimano XTR M9050 Di2
スプロケShimano XT, 11-speed, 11-42t
ブレーキShimano Dura-Ace R9170
タイヤS-Works Turbo, 700x28mm
ホイールRoval CLX 50 Disc
重量12.2キロ

フューチャーショックもそうですし、スペシャらしく走りにキレもありそうですし、軽量にまとめてきているあたりを見ると、もうスペシャライズドが誇る技術を全部乗っけてきました!というスペックの自転車に仕上がっていると思うわけです。

いろんな人
いろんな人
スペシャの技術、惜しみなく全部乗せやで!!

ただし、技術を全部乗っけた結果、怖いのはお値段ですね。

税別 135万

ファ!と変な声が出そうなE-BIKEに仕上がってます。
さすがはエスワのE-BIKE。

ちなみに車種名に【EVO】が付いているのはグラベルロードになるようです。

下位グレードもある

もちろんですが、下位グレードもあります。

Turbo Creo SL Expert


FACT 11r カーボンフレームにFuture Shock 2.0という基本は変わらず、コンポはアルテグラDi2(フロントシングル)、カセットは11-42Tで、ホイールはRoval C 38 Disc とコストダウン(コストダウンなのか?w)。

その結果、お値段は90万円(税別)。

Turbo Creo SL Expert EVO

こちらも基本的なところは変わらず、FACT 11r カーボンフレームにFuture Shock 2.0搭載。
アルテDi2のフロントシングルでお値段は90万円(税別)。

EVOなのでグラベルロードですね。

Turbo Creo SL Comp Carbon

こちらもFACT 11r カーボンフレームにFuture Shock 2.0という基本は変わらず、コンポはシマノGRX800系(アルテグラ相当)でフロントシングル、リア11-32Tのディスクブレーキ。
お値段は67万(税別)。

ということで、最上位のS-WORKS TURBO CREO SLはもちろんのこと、全ての車種で非常に贅沢なスペックのE-BIKEになっている模様です。

まあ、誰が買うんだ??笑、という感じで、ここまで技術を出し惜しみせずに制作したE-BIKEというものの需要がよくわかりませんが、これに乗っていたら一目置かれる存在であることは間違いないでしょう!
E-BIKEってどうしてもバッテリー部分がダウンチューブなどで目立ってしまうフレーム形状になりますが、ここまでスッキリさせたのも凄いですね。