フルクラムからRacing Zero CMPTZN DBが登場!アルミスポークのディスクブレーキ用ホイール。

フルクラムから新しいディスクブレーキ用ホイール、Racing Zero CMPTZN DBが発表されました。
スペックから見ると、【CMPTZN】はリムブレーキ版でいうところのCompetizione(コンペツィオーネ)のことだと思われます。

日本のサイトではまだ出ていませんが、本国サイトでは既にスペックが公表されています。

Racing Zero CMPTZN DB

こちらがそのレーゼロCMPTZN DBです。
今までどおりレーゼロコンペと呼んでもいいのか、レーゼロCM・DBあたりまでで終わらすのか、悩ましいところ(どーでもいい)。
そのうち間違ってレーゼロYMCAとか言い出す奴はさすがにいないんだろうなぁ・・・(遠い目)。

スペックはこちらです。

重量1570g
リムハイト30mm
リム素材アルミ
リム外幅23.8mm
リム内幅19mm
タイヤタイプ2WAY-FIT(クリンチャー、チューブレス)
適合タイヤ幅23-40mm
フロントアクスルHH12-100
リアアクスルHH12-142
スポーク数F21,R21(前後とも2:1)
スポーク素材アルミ
フロントハブカーボン・アルミ
リアハブアルミ
ベアリングCULT

このようになってます。
CULT化されているので、リムブレーキ版のレーゼロコンペがディスク化したという扱いでしょうね。
CMPTZNはなんて読みましょう・・・

ちなみにフリーボディは、シマノ、カンパ、スラムXDrと用意されています。
当たり前ですね。

レーゼロDBとの違いはベアリングだけのようです。
レーゼロDBはUSB、レーゼロCMPTZNはCULT。
それ以外のスペックは重量が違う程度です(レーゼロDBは1590g)。

レッドスポークは???

リムブレーキ版のレーゼロコンペと言うと、レッドスポークが一本入っているのが特徴です。


Fulcrum – Racing Zero C17 Competizione クリンチャーホイールセット

ところがレーゼロCMPTZN DBはこのコスメチックスポークがない??
フルブラック構成のようです。

まだ日本での定価は発表されていませんが、
・シマノ、カンパ ⇒ 1190ユーロ
・Xdr     ⇒ 1198ユーロ

なので今日のレートで言うと143500円くらいというところでしょうか?
レーゼロDBが税別13万ですので、CULT化された割にはまあまあお買い得ともいえるかも??

ただ、リムブレーキ版のレーゼロが13万2千円、リムブレーキ版のレーゼロコンペが16万7千円と価格差があるので、日本での定価も似たようなところで落ち着くのかもしれません。
そうすると16万程度でしょうか?