ドイツの新興ブランドCUBEのロードバイク。その特徴とは?

CUBEのロードバイクと聞いて、ピンとくる人のほうが少ないかもしれません。
1993年創立のドイツブランドですが、日本でも塩野自転車株式会社が代理店になっているものの、ショップで見かけることも、外で見かけることもまだまだ少ないブランドです。

そんなCUBEの魅力とは何なのか?見ていきましょう。

CUBEというブランド

CUBEは1993年創立なので、まだまだ新しいブランドとっていいでしょう。
ドイツブランドで、自社製造ではなく、アジア圏でのOEM製造です。

ドイツブランドというと、FELT、キャニオン、FOCUS、センチュリオンなどが有名どころでしょうか。
日本ではFELTの流通がこの中では多いのかなと思いますが、FELTも創立自体は2001年(フレーム開発は1989年から)とまだ新しく、FOCUSも1992年、キャニオンは2002年とまだ新しいブランドが多いのもドイツブランドの特徴かもしれません。
センチュリオンはこれらに比べると歴史が長く、1976年創立。

ドイツブランドの特徴は、質実剛健、作りがしっかりしているのが1つの特徴かと。
お国柄ですかね。

一方、完成車はローラードラムテスト装置による試験が行われます。
コンポーネントが備え付けられた自転車をドラムの上に設置し、実際のライダーの体重や所持品の重さを想定した、計140kgの重量をハンドルバー、サドル、そしてペダルに加えます。通常の道路の隆起を再現するようドラムが回転し、自転車は与えられた距離を走りながら(模擬走行)、かなりの数の障害物を越えていきます。全ての自転車は何百マイルもの距離を走り、150万もの障害物をクリアしなければいけません。

このように、念入りにテストを行って製品化するのがドイツらしさかもしれません。
まあ、多くのメーカーは耐久性試験はかなり念入りにしますが。

世界60カ国に輸出されているそうですが、日本ではそれほど知名度が高いわけでもありません。
海外通販でも比較的見かけることがあるので、通販に関してはやや寛容なのかもしれません。

プロチームにも供給しています。

CUBEのロードバイク

CUBEのロードバイクは、主に3つの軸から成ります。
エアロ系のLITENING(ライトニング)、レース系のAGREE(アグリー)、コンフォート系のATTAIN(アテイン)の三つがロードバイクで、シクロクロスでCROSSRACE(クロスレース)、グラベルロードがNUROAD(ニューロード)、その他フラットバーでSL ROADがあります。

LITENING(ライトニング)

ライトニングは【LITENING C:68】が車種名で、そのあとのSLなどはコンポーネントで分けています。
最近のエアロフレームらしく、全てディスクブレーキ車です。
C:68というのは、CUBEのカーボン技術の1つで、

C:68とは、樹脂が少なく高繊維が多く含まれている革命的なカーボンテクノロジーです。68%を占める繊維と樹脂の小さなナノ粒子が、重量の軽量化の役割を担い、同時に剛性も強化させます。

となっています。
日本での定価(税別)はこちら。(2020年モデル)

コンポホイール重量定価(税別)
SLTSram Red eTap AXSDT Swiss ARC 1100 DICUT Carbon 627.4kg1,176,000
SLDura Ace Di2DT Swiss ARC 1400 DICUT Carbon 627.5kg999,900
RACESram Force eTap AXSNewmen Advanced SL R.38, Carbon7.7kg744,300
PROUltegra Di2Newmen Evolution SL R.327.8kg674,000


Cube Litening C:68X Pro Road Bike 2020

AGREE(アグリー)

アグリーはレースからエンデュランスまでのオールラウンドモデルですが、カーボンフレームのみで、ディスクブレーキ車とリムブレーキ車があります。
フレームはC62仕様で、どの完成車もフレーム自体は同じ。

コンポブレーキホイール重量定価(税別)
SLTSram Force eTap AXSディスクNewmen Advanced SL R.38, Carbon7.4kg623,000
SLUltegra Di2ディスクFulcrum Racing 77 DB7.9kg489,000
SL

(2019)

Ultegra Di2リムFulcrum Racing 44 Aero7.6kg468,000
RACEUltegraディスクNewmen Evolution SL R.328.2kg374,000
PRO

(2019)

UltegraリムMavic Cosmic Elite7.9kg326,000


Cube Agree C:62 Race Road Bike 2020

ATTAIN(アテイン)

アテインはコンフォート系のバイクですが、カーボンフレームのほかアルミフレームもあります。
ディスクブレーキもリムブレーキもあるので、車種数は多いのがアテイン。

まずはカーボンフレームのATTAIN GTCから。

コンポブレーキホイール重量定価(税別)
GTC SLUltegraディスクFulcrum Racing 77 DB8.6kg279,000
GTC RACE105ディスクCUBE RA 0.8 Aero Disc9.2kg243,000
GTC RACE

(2019)

UltegraリムFulcrum Racing 778.1kg261,000
GTC PRO

(2019)

105リムMavic Aksium8.4kg210,000


Cube Attain GTC SL Road Bike 2020

続いてはアルミフレームのアテイン。
6061アルミのフレームなので、ごく普通のアルミフレームという印象。

コンポブレーキホイール重量定価(税別)
SL105ディスクCUBE RA 0.8 Aero Disc9.6kg182,000
RACETiagraディスクCUBE RA 0.8 Aero Disc9.8kg147,000
PROSoraディスクCUBE RA 0.8 Aero Disc9.9kg133,200
ATTAINClarisリムCUBE RA 0.8 Aero9.6kg109,800
SL(2019)105リムCUBE RA 0.8 Aero8.9kg151,000
RACE(2019)TiagraリムCUBE RA 0.8 Aero9.4kg134,000


Cube Attain Race Road Bike 2020

NUROAD(ニューロード)

ニューロードはグラベルバイクです。
CUBEのグラベルバイクは6061アルミ仕様になってます。
全てディスクブレーキ車のみ。

コンポホイール重量定価(税別)
SLGRX800系Mavic Allroad Disc9.8kg318,000
RACEGRX600系CUBE RA 0.8 CX10.2kg210,000
PROTiagraCUBE RA 0.8 CX10.7kg149,800


Cube Nuroad Pro Road Bike 2020

日本ではないようですが、海外モデルだとフェンダーが最初から付いたモデルもあります。

Cube Nuroad Race FE Road Bike 2020

これで11.7キロだそうです。
コンポはGRX600系。
GRX600系にはディレーラーと油圧ディスクがないので、ディレーラーはGRX800系、ブレーキはGRX400系になってます。
これはどの完成車でも大体同じです。

フェンダー付きなので、通勤とかに良さそうなモデル。
スポーツライクに楽しみたいなら、フェンダーなしのほうがいいかも。

SL ROAD

SL ROADはフラットバーです。
アルミフレームにアルミフォークという構成なんですが、ディスクブレーキに40Cタイヤと、グラベル的な使い方を想定しているのでしょうか?

Cube SL Road Bike 2020

他人と被らないバイクが欲しい人へ

CUBEについては乗っている人を見たこともありませんし、ショップでも置いてあるのはほとんど見たことがありません。
実際、情報自体も少ないのですが、ドイツブランドらしい質実剛健作りで、トレンドは抑えているブランドかなと。
プロチームにも供給しているので性能としても問題ありませんし。

ディスク車メインで扱っているようなのですが、アルミフレームについては6061とエントリーアルミのフレームしかないようです。
狙うならカーボンフレームのほうですかね。

グラベルバイクはアルミフレームですが、フェンダー付きとかだと通勤通学用としても使い勝手がいいのではないでしょうか?

日本でマイナー扱いの理由は、代理店がさほど頑張ってないから・・・なのかもしれません。
センチュリオンもドイツではメジャーブランドですが、日本ではマイナーですし。
ドイツというと、日本ではFELTの勢力が強く、人気としてはキャニオンに軍配が上がります。