走行中にいきなりクランクロックした話と、気をつけるべきこと。

先日ですが、平坦道を32キロくらいで流し気味に走っていたところ、何か踏んだ?と思って2秒後位にいきなりクランクロック。
へっ??と思ったのですが、フリーは機能しているようで、とりあえずそのままゆっくりと停止したわけです。

なぜにクランクロック?

いきなりクランクが回らなくなり、しかも逆回転に引っ張るような謎の力を感じたので、緊急停止。
停まって歩道に乗り上げて、クランクとホイールを確認したのですが、ぱっと見では異常なさそう。

で、よーく見たところ、細いロープみたいなのがスプロケに絡まっていました。
これによりスプロケの回転が出来ないようになっていたようなので、後輪外してそのロープを取り除きました。
画像撮っておけばよかったのですが、微妙にパニック気味で忘れていました。

何らかの理由でスプロケに絡みついたのかなと思いますが、理由はよくわかりません。
1つ言えるのは、路面はややウェットコンディションだったくらいでしょうか。

前に休憩したポイントは20キロくらい手前ですし、その時点から絡みついていた可能性は低そうかなと・・・

右のクランクを上死点あたりから踏み下ろすタイミングで急にクランクロックしたわけですが、この状態で無理矢理踏んだ場合、回らないものを無理矢理回すことになるので、ディレーラーハンガーごと吹っ飛ばしていたかもしれません。
まあ、そんな怪力ではないので無いとは思いますが。

クランクロックは結構怖いです。
前にも一度やっているのですが、

走行中にチェーン落ちした、驚きの理由。

この時は下り坂でペダリングを止めていて、平坦に変わろうというタイミングでペダル踏んだらバキっとなってチェーン落ち&クランクロックしたわけですが、下手すると落車しますからね。

こちらの動画ですが、

クランクロックとリアホイールがロックしているように見えます。
なめたらあかん。

私の場合、フリー機構は生きていたので、ペダルさえ回さなければ問題ない感じになってましたが、ロードバイクってトラブルはつきものです。
いかにトラブルを減らすかですが、路面の異物をスプロケに絡ませるとかさすがにメンテナンスでは避けられないかと。

変速、ややおかしい

で、異物を取り除いてクランク回したりしてチェックしたのですが、バイクを逆さまにしている状態で変速する分には問題なし。

ただ、走ってみると、シフトアップがなんかキレが悪いというか、ワンテンポ遅れる感じになってます。

もしかしてやらかしたか・・・と思い、また歩道に乗り上げてチェック。
気になったのは、クランクロックした際に回らないものを少し踏んだ形なので、リアディレーラーを引っ張る力がかかってます。
リアディレーラーのハンガー曲げたか??と思ったのですが、見たところ問題なさそう。

ただ、目視では分かりづらいところもあるので、近いうちにショップで見てもらう予定です。
ワイヤー調整したら変速自体は直ったのですが、ハンガー曲がっている状態だと、さらに曲げる力が働けばポキッと行きかねないですし。

こういうとき、念のためファイナルローに変速してみて、RDとスポークが干渉していないことの確認をしておいたほうがいいです。
あと、気にし過ぎ感はありますが、念のためローギアをなるべく使わないなど。
普段横着してアウター×ローとか平気で使ってますが、ちゃんとインナーに落とすなどして要注意というところです。

まあ、クランクロックしたときに強く踏み込んだわけでもないですし、目視でもハンガーが曲がっているようには見えないので、恐らく問題ないでしょう。
ただ、ハンガーが走行中に折れると結構な大惨事になりかねないので、念には念を入れることも時には必要かもしれません。

PARKTOOL(パークツール) ディレーラー直付ゲージ 20~29インチ DAG-2.2
PARKTOOL(パークツール)
参考価格:¥ 12,430
OFF: 20%
¥ 9,954
Amazon.co.jp