PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

カンパニョーロのBORA WTOシリーズに、BORA WTO33という33mmハイトのホイールが登場!

2020モデル
スポンサーリンク

昨年登場した、カンパニョーロのボーラWTOシリーズですが、
https://roadbike-navi.xyz/archives/8606/

 

現行モデルは60mm、45mmの二種類でした。
(一応、77mmもあるんですが、ロードで77mmは使わないでしょうし)
ここに33mmのタイプが追加されます。

BORA WTO33

※こちらはディスクブレーキ用です。

 

WTOはWind Tunnel Optimized、つまり空力最強のために考えましたということです。
33mmということなのでエアロホイールというよりはローハイトに近い仲間と見ることが出来ますが、33mmでも空力向上のために最適化。
そのため、カンパニョーロいわく、

The new configuration brings some tangible advantages: wind tunnel testing carried out during the development stage gave extremely significant results for a low profile wheel. Compared to a wheel that is not wind tunnel optimized, this one gives an aerodynamic advantage of 7.5 watts at 45 km/h.

 

(翻訳)
この新しい構成には、いくつかの明確な利点があります。開発段階で行われた風洞試験は、ロープロファイルホイールに対して非常に重要な結果をもたらしました。風洞に最適化されていないホイールと比較すると、このホイールは45 km / hで7.5ワットの空力的利点をもたらします。

とのこと。

 

ポイントとなるのは、WTOシリーズなので2WAY-FIT、つまりはチューブレスにも対応します。
BORAのチューブレス化に期待している方も多いようですが、ボーラワンとボーラウルトラはクリンチャー、チューブラーのまま。
ボーラWTOのほうでチューブレス化してきたわけです。

 

やはり気になるのがスペックですよね。

BORA WTO33のスペック

まずはリムブレーキ用のBORA WTO33から。
blank

blank

リム素材 カーボン
重量 1395g
リムハイト 33mm
リム外幅 26.5mm
リム内幅 19mm
ハブ アルミ製、USB
フリーボディ カンパ、シマノ
ブレーキゾーン AC3
スポーク数 F18,R21(G3)
対応タイヤ クリンチャー、チューブレス、チューブレスレディ
定価 29万5千円(シマノフリー)
カラー ブライトラベル、ダークラベル

ハブはUSBですので、ボーラワン相当。
blank

ちなみにカンパニョーロ本国のHPでは、ロープロに分類されてます。
今や、33mmでもロープロ扱いですからねw

 

ボーラワン35で1405gなので、チューブレス化して1395gはまずまずの重量ではないでしょうか?
まあ、リムハイト自体2mmの違いもあるんですが。

 

続いてはBORA WTO33 DISC。
blank

リム素材 カーボン
重量 1485g
リムハイト 33mm
リム外幅 26.1mm
リム内幅 19mm
ハブ アルミ製、USB

F100mm,R142mmスルーアクスル対応

フリーボディ カンパ、シマノ、スラムXDR
スポーク数 F24,R24(G3)
対応タイヤ クリンチャー、チューブレス、チューブレスレディ
定価 29万5千円(シマノフリー)
カラー ダークラベル

リムブレーキ用はブライトラベルとダークラベルがありますが、ディスクブレーキ用はダークラベルのみ。
ボーラワン35が28万5千円なので、それに近いプライスとなっています。

 

ディスクブレーキ用は前後G3組です。
ディスクブレーキのホイールはラジアル組できないので、リムブレーキ用のような少ないスポークにはなりませんが、見た目の話だけで言うと、前後G3組ということに優越感を感じる人もいるようです。

待望のチューブレス化へ

空力うんぬんもそうですが、ボーラでチューブレス化を期待していた人も多いと思います。
前にも読者様から、そういう質問があった気が・・・

ボーラワン・ボーラウルトラはチューブレス化していくのか?今後の期待を込めて。
ある方とメールでやり取りしていまして、ちょっと面白い考察が出来たので記事にします。 この方はカーボンホイール購入を検討してまして、 ・レーゼロ(アルミ)だと、ロングライドの後半で脚に来る ・平坦も上りも両方使えるリムハイト...

ボーラシリーズのほうは、35mm、50mmの対応で、クリンチャーもしくはチューブラー。
ボーラWTOシリーズは、33mm、45mm、60mm、(77mm)の対応で、チューブレスOK。

 

ボーラで使い勝手がいいのは35mmですので、それに近い33mmの登場は嬉しい人も多いのでは?
45mmだとちょっと横風も気になるし、登りもどうかな・・・と思っていた人向けの、オールラウンドホイールになります。

 

あと、カンパニョーロは前後バラでも買おうと思えば買えるはずなので、フロント33mm、リア60mmというのもできるかと・・・
60mmまで行くと、さすがに上級者向けのリムハイトになってきますが、リアだけなら横風もそこまできつくないかと。

 

ウイグルで探してみましたが、さすがにまだ33は登場していません。
今ウイグルにあるボーラWTOは、

 

BORA WTO45
blank
blankCampagnolo – Bora (ボーラ) WTO 45 ロードホイールセット

 

BORA WTO45 DB
blankblank
blankCampagnolo – Bora (ボーラ) WTO 45 DB ロードホイールセット

 

BORA WTO60
blankblank
blankCampagnolo – Bora (ボーラ) WTO 60 ホイールセット

 

この3つだけです。
45のディスクブレーキ用は全く値引きされてませんw
どれも新作ホイール扱いなので、値引きされるのはまだまだ先かもしれません。




コメント

タイトルとURLをコピーしました