バスの至近距離追い越し事件について告訴を検討するそうですが、その前に法的な問題を。

先日書いた、ウーバーイーツの自転車の方が、至近距離で追い越しされたとする事件ですが、

ロードバイクに乗っていて、バスなど大型車に幅寄せされないために。

告訴を検討していらっしゃるようです。

これについてですが、自転車乗りとしてはこういうのなんとかして欲しいなと思うと同時に、法的な解釈については間違っているものも散見されます。

追い越し違反に当たるのか?

この道路は車両通行帯が設けられている道路だから、追い越しするには第2通行帯、つまり右車線から追い越ししないと違反ではないかという意見があります。
これについて、道路交通法を見て行きます。

追い越し違反について指摘している方はこの条文を指していると思います。

(車両通行帯)
第二十条

3 車両は、追越しをするとき、第二十五条第一項若しくは第二項、第三十四条第一項から第五項まで若しくは第三十五条の二の規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第三十五条第一項の規定に従い通行するとき、第二十六条の二第三項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第四十条第二項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前二項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

道路交通法では、追い越しの定義があります。

(定義)
第二条

二十一 追越し 車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう。

よく、自転車が車の左横をすり抜ける行為は合法だと言われます。

これが追い越し違反にならない理由は、ズバリ進路を変えていないからです。
追い越しの定義は進路を変えて横を通過して前に出ることなので、進路を変えていない以上は追い越しになりません。
道路交通法には定義がありませんが、追い越しと分ける意味で【追い抜き】とされるのが一般的です。

そうなると、こちらも追い越しには該当しません。

理由は同じで、進路を変えていないからです。

こちらは違反です。

進路を変えて前に出ようとしたにもかかわらず、右の通行帯を通っていないからです。
こうすれば問題ありません。

追い越しとは進路を変えて横を通って前に出ることなので、車両通行帯がある道路(=複数車線)ではこれが追い越しです。

ところが、

進路を変えていないので、追い越しには該当しません。
従って、追い越し違反にはならないわけです。
なんか屁理屈っぽく見えるでしょうけど、これが現在の法解釈です・・・

問題のバスの動きですが、写ってはいませんが道路の幅から見ても、進路を変えていないという可能性が大きくなります。

追い越しではなく追い抜きしただけと見られてしまう可能性も出てきます。
追い越しでも、側方距離についてはなんら規定が無いので(教習所では目安は習いますが、法的には何も無い)、近かったというだけでは道路交通法の適用は難しいわけです。
そうすると道路交通法違反には該当しません。

なので道路幅を計測し、バスの幅と動画上の左端からバスの幅などを検討して、バスが右車線にはみ出していた(=進路を変えた可能性)についても検証したほうがいいかもしれません。
この車線幅だと、恐らくはバスが全く進路を変更せずにまっすぐ走っていると、自転車の幅はありません。
右車線にはみ出ていたなら、追い越しするために進路を変更したが、右車線に移動しなかったということで追い越し違反を主張できるのかなと。

暴行罪に当たるのか?

よく、

いろんな人
いろんな人
幅寄せは暴行罪!

と言われます。
これは必ずしも正しくはありません。

暴行罪は刑法に規定されていますが、刑法は原則として故意の場合のみ適用だと書かれています。
これが故意だったのか?過失なのか?という判断が非常に難しいわけです。

例えば、こういうのって明らかに故意ですよね。

反復性があるので故意だとわかります。
過失なら、反復しないでしょうし。

こちらについては故意だったかどうかがかなり不明です。
あとからバスの運転手が怒声浴びせてカバンを掴んで暴行してますが、これを見れば故意だったという見方も成り立ちます。
しかし、バスの側面を叩かれたことによる正当防衛だと主張しだすと、どっちが悪かったのか?という話になってしまいます。

また、自転車は歩道側から車道に合流する形になっているので、バスの運転手も気が付くのが遅かったので故意ではなく仕方なかったんだという言い訳も成り立つ危険性もありますし。

あくまでの危険性が高い【追い抜き】で、暴行を受けたと感じた⇒注意喚起のためにバス側面を叩き、暴行犯の逃走を阻止した、ということなら話はつながるかもしれませんが、二発目のストレス発散という名目の叩く行為は明確にマイナスかと。

それ以降のバス運転手がしてきたことは暴行でいいと思いますし、ナンバー撮影のために前で停止している人間に対して、バスを発進させて煽った行為は問題です。

刑事告訴は至難の業

私も刑事告訴したことがありますが、

【感謝】パクリ事案の終結。

被害届は単に被害を受けた事実を申告するだけで、警察には捜査の義務がありません。
自転車の盗難届けも被害届の一種ですが、警察は捜査なんぞしません。

告訴の場合、受理すると警察には捜査義務が生じます。
そのため、確実に立憲できるような案件以外では、刑事告訴自体を受けてくれません。

今回のケースは弁護士に委任するようですので暴行罪をメインでやれば刑事告訴を受けてくれる可能性もあるでしょうけど、主張の仕方を間違うと恐らくは刑事告訴は受理されない可能性もあるかもしれません。
ストレス発散と字幕つけているのはマイナス要因ではないかと思います。

なんだかんだ理由をつけて、刑事告訴は受けない傾向があるのが事実ですし、一度却下されると、同じ案件では刑事告訴は受けてくれません。
私の場合、一度は却下されたのですが、法的な矛盾点をつついた結果、条件付きで刑事告訴を受けるとなったのですが、これについては弁護士にも【弁護士がごり押しして説明しても無理なのに、どうやったんですか?】と聞かれたくらいレアケースだったそうです。
結局は違う問題から、告訴自体断念しましたが。

気持ち的にはこういう事故を無くすためにも刑事告訴を頑張ってもらいたいです。
しかし、ハードルが高そうな気がします。

刑事告訴のために弁護士に委任するにしても、恐らくは着手金で10万以上、告訴が受理されたあとの費用で数十万とかになりかねません。
個人的にはクラウドファンディングなどで弁護士費用を募るなら、応援するかもしれませんが、こういう違法かどうかの線引きが難しい案件は刑事告訴自体が難しいかもしれません。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト TL-AU620-R RAPID micro AUTO
キャットアイ(CAT EYE)
参考価格:¥ 4,290
OFF: 31%
¥ 2,964
Amazon.co.jp