【2020モデル】GIOS MISTRAL DISC。なんとビックリの油圧ディスクと機械式ディスクの2本立て!

ジオスのミストラルというと、ジャイアントとエスケープR3と並んで、5万円程度で買えるお買い得クロスバイクの代表格です。
そんなミストラルは2020年モデルとして、ディスクブレーキモデルも出してきました。
(従来のVブレーキ仕様も継続です)

ということは、ミストラルはリムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様の2本立て??と思ったあなた!
違うんです。
違うんです。
違うんです。

なんと2020年モデルのミストラルは、Vブレーキ仕様、油圧ディスクブレーキ仕様、機械式ディスクブレーキ仕様の3本立て・・・だけでもないんです!
実は隠れた4本立て仕様でして。

2020 GIOS MISTRAL DISC

このように、普通にディスクブレーキ化を果たしたミストラル。

相変わらずのジオスブルーで、パッと見てもミストラルだなぁ・・・という感想しか出てこないわけですが。

さて、先ほど、ミストラルはVブレーキ仕様、油圧ディスク仕様、機械式ディスク仕様の3本立て・・・ではない!!
隠れた4本立てと書きましたが、その秘密を早速ですがまとめます。

Vブレーキ油圧ディスク油圧ディスク機械式ディスク
コンポ3×83×83×83×8
ブレーキシマノBR-T4000シマノBR-MT200(油圧)シマノBR-MT200(油圧)シマノBR-TX805
ホイールシマノR501シマノWH-RX010ALEXリムALEXリム
タイヤKENDA K-193 700×28CKENDA K-193 700×32CKENDA K-193 700×32CVITTORIA ZAFFIRO 700×32C
重量10.8キロ11.6キロ11.7キロ11.7キロ
定価(税別)51,00066,00059,00056,000

油圧ディスクのミストラルには、シマノホイールモデルと、アレックスリムのモデルがあります。
これが大きな特徴です。

ミストラルのVブレーキモデルというと、長年ホイールはシマノR501がついてくることで有名です。
シマノでは最下層のホイールですが、クロスバイクとしては軽いほうの部類のホイール。

油圧ディスクについてくるシマノ完組ホイールRX010のスペックですが、

フロントリアペア
982g1177g2159g

クロスバイク用としては軽いほうではありますが、まあ鉄下駄であることには変わりありませんw
アレックスのほうとの総重量差は100gになっているので、これはそのまんまホイールの重量差ということでしょう。

ちなみにですが、シマノRX010ホイールは、F100mm、R135mmのクイックリリース仕様です。
確かこのホイールって既に製造中止の在庫限りだった気がするのですが、在庫特価で安く仕入れられた??のでしょうか??
それならある意味ではラッキーかも。
ディスクブレーキでクイック規格は絶滅危惧種なので、今後はこのホイール規格は出ないでしょうし。
なのでミストラルのディスクブレーキ車も、スルーアクスル仕様ではなくクイック仕様。

ということで、これが4本立てミストラルの正体です。

ちなみにですが、ミストラルというとリアブレーキのワイヤーがトップチューブ上にあることで知られていますが、

ディスクブレーキ車でも同じのようです。


4つのミストラルでどれがオススメか?

これはどうクロスバイクを使うか次第なんですが、雨でも乗る人はディスク・・・というかというと、実はそうでもない気がしてます。

雨の日も乗るし、今後もホイールのグレードアップを考えない人は、ディスクブレーキ車がオススメです。
というのも、今はディスクブレーキの仕様は、F100mm、R142mmのスルーアクスル仕様が主流。
ホイールをグレードアップしたいと思ったときに、クイックリリース規格だとちょっと苦労します。
マヴィックのように、アダプターでいろんな規格に対応するホイールもありますが、カンパ・フルクラムは少しずつアダプター対応をやめつつあったりするので・・・

まあ、クロスバイクでホイールをグレードアップする人は少数派なので、そこまで気にする問題ではないかもしれません。

油圧ディスクのほうは、ホイールをシマノホイールかアレックスリムのホイールか選べるようです。
ここはシマノホイールのほうがグレード自体は高いでしょうけど、前後あわせて2000gオーバーですからね・・・
安いほうのアレックスリムのホイールと比べてどれだけ優位性があるのかと聞かれると、恐ろしく微妙な問題です。

なので安いほうのアレックスリムの油圧でも全然ありで、ホイールをグレードアップさせたいならもうちょっと上のランクのホイールを狙ったほうがいいかと。

クロスバイクもどんどんディスクブレーキ化が進んでいますが、本当にディスクブレーキが必要なのか?という観点で選んでもいいのかもしれません。
Vブレーキも本来はクロスバイクにはオーバースペックとも言えるほど制動力が強いので、雨の日以外はディスクブレーキである必要は必ずしもないような気がします。