ドイツの新興タイヤブランドWolfpackが日本にも上陸!チューブがなんとビックリの25g!開発者は元C社のタイヤ開発担当!

ドイツの新興タイヤブランドのWolfpack(ウルフパック)が日本にも上陸ということで話題になっています。
ワールドチームのアスタナも使っているウルフパックのタイヤですが、ウルフパックの代表者さんは、元々ドイツのC社などのコンパウンドを手掛けてきた実力者だそうです。

Wolfpack

ドイツのC社と言うと、当然ですがチ〇コネンタルを指すわけです。
間違えました。
コンチネンタルですね。

そのほか、スペシャライズドのタイヤだったり、シュワルベのタイヤ開発にも携わった実力者、ヴォルフガング・アーレンツ氏が代表の新興タイヤブランドです。

コンチネンタルというと、やはりロードバイク界では最強ともいえ、使用者も多いブランド。
GP5000は名作中の名作タイヤと言っても過言ではないでしょう。

そんな実力者が手掛けるタイヤなんですが、他社よりmちょっとお安めに設定されている模様です。

Wolfpackのラインアップ

まずはタイヤから。
チューブラータイヤと、クリンチャータイヤがあります。
一覧にしてまとめました。

RACE COTTON(TU)RACE COTTONRACE NYLON
タイヤタイプチューブラークリンチャークリンチャー
TPI290TPI320TPI120TPI
サイズ24c,26c24c,26c24c,26c
重量285g(24c)

295g(26c)

220g(24c)

230g(26c)

210g(24c)

225g(26c)

MAX空気圧8.5Bar8.5Bar8.5Bar
カラーブラックサイド

ベージュサイド

ブラックサイド

ベージュサイド

ブラックサイド

その他ラテックスチューブ綿素材のカーカス使用ナイロンのカーカス使用
定価(税別)9600円6600円4500円

このようになっています。
24cと26cのみです。

トレッドパターンはコンチネンタルに似ている気が。

クリンチャーのレースコットンは、ナイロン素材よりもしなやかさがあるため快適性がよく、転がり抵抗も抑えられているよう。
他社に比べると、お値段もやや安めかなと。

で、実はタイヤだけではありません。
インナーチューブもあるのですが、普通のチューブではないようです。

TPUチューブと言うのがウルフパックのチューブ。

これ、超軽量ポリウレタンチューブなんですよ。
重量は25gと最強レベルの軽量性。

100gのブチルチューブと比較して、レースコットン(クリンチャー)での実験では8wも転がり抵抗を軽減しているようです。

スペックはこちら。

サイズ700×20~28c
重量25g
バルブ長40mm
定価(税別)4000円
その他バルブコアの取り外し可能

で、リム温度180度までは耐熱可能で、カーボンリムでも使用可能になっているようです。
ただしリムが高温になると破損の恐れはあるとも書いてあるので、カーボンリムはやめたほうがいいかと思いますが・・・

タイヤも気になりますが、むしろチューブのほうが気になる!
ですがここまで軽いチューブだと、若干の地雷臭が・・・誰かが試さないとわかりませんねw

今のところ、通販では見かけない

一通り確認しましたが、国内通販、海外通販ともに出回ってはいないようです。
超軽量チューブと言うとTUBOLITO(チューボリート)も有名で意味不明な軽量性を誇る数字を叩き出していることでも有名ですが、

重量38g、耐パンク性能はブチルの二倍のTUBOLITO,いくらまでなら買いますか?【アンケート結果】

あれ、バルブの接合部に難があるとか、初期不良が多いなどレビューは散々になってます。

[amazon_link asins=’B07QFNZQ22′ template=’new1′ store=’roadbikenav05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a83b87f8-7a2c-4061-bd24-043d0a38c870′]

私も一時期買おうかと思っていたのですが、地雷臭がしたので、しばらく様子見してました。
ちょっと地雷的な要素はありそうな・・・

ウルフパックのチューブも、ここまで軽いと大丈夫なのか?と心配になるのですが、誰かが人柱にならないとわかりませんね。