雨上がり直後に乗れば、そりゃ砂だらけになりますよね。

先日ですが、どうしても午前11時半までには家に戻らないといけない用事があり、朝早く起きて乗る予定だったのですが、雨が止まない。
結局、雨が止んだのは9時くらいだったのですが、たった2時間半でも走りたいと思ったので、雨が止んですぐに走り出したわけです。

こんな日に走らなくても

普通なら、路面が乾いたのを確認してから走り出しますが、時間がないけど乗りたい事情があったので、無理して乗りました。
初心者さんに路面が濡れた状態で乗ることはオススメしませんが、まあ、今回はどうしても乗りたかったので。

乗りたかった理由は、こいつです。

この日はフレームだけでなく、スポークにもコーティングして走ってみました。
それについてのインプレは、もうちょっと時間をください。
ちょっとまだ、何が真実で、何がオカルトなのか、頭の中での整理がついていないので・・・

路面がかなり濡れているというか、雨が止んですぐなので、当然ですがロードバイクはビチャビチャになるし、砂だらけになります。
なのでこんな日に走ったら、どうせスプロケなど洗浄しないといけなくなるので、むしろ面倒なんですが。

この日走っていて、なんか昔のことを思い出しました。
私の場合、最初はクロスバイクから入っているのですが、クロスバイクを買ってすぐの頃は、通販で買ったタイヤが届いたら、夜だろうと一度走ってみたくなって、夜中に1時間だけ走りに行ったこともありました。
ロードバイクのペダルをSPDからSPD-SLに変えたときも、夜22時くらいから1時間だけ走りに行きました。

なんていうか、新しいパーツを買ったときに、待ちきれないんですねw
すぐに試したい!という単純な思考なので、乗りに行くわけです。

こういうワクワク感というのも、ロードバイクの楽しさの一つなのかと。
そういや初めてラテックスチューブに変えたときも、真夜中に走りに行った記憶があります。

こういう楽しさ、気持ちが無くなったら、もうおしまいです。

そして砂だらけに

このようにウェットコンディションで乗り倒したので、

まず、お尻が跳ねた水で冷たいw

奇跡的に、予定通りの時間に帰宅できたので、シャワー浴びて用事のために出発。
夕方にまた帰宅して、とりあえずチェーンを洗って、スプロケはディグリーザーに漬け置きして、また用事があるので外出。

22時に帰宅して、漬け込みスプロケを確認。

砂と油がいい感じに出てきてます。
ウェスで拭いて、

blank

blank

ばっちり綺麗に。
スプロケを綺麗にしたいなら、外してディグリーザーに漬け置きが一番です。

チェーンもバッチリ。

blank

最近、そのまま洗剤かけて水もジャブジャブ掛ける洗車が流行っているように感じるのですが、私も数年前まではやってましたが、今はお勧めしないしやりません。
あれは手抜きしながら綺麗にしたいだけならいいんですが、やっぱ浸水しないほうがいいパーツもありますよ。

プロのメカニックがやっていることが、アマチュアにも当てはまるとは思わないほうがいいと思うのですが。
プロはどうせ次々と消耗品を交換していきますから、あまり耐久性とか考えなくてもいいので。

ウェットコンディションで乗ったあとは、ブレーキシューも要注意です。
blank

汚れもひどいし、一度外して洗います。

この日、無理して乗ったわけですが、本当に好きなことなら、ちょっとした時間を見つけてでも乗るもんです。
先日の記事についても、

ロードバイクを買ったけど乗らなくなっていく本当の理由。それは本当に男女差の問題もあるのか?

コメントやメールなどいくつか頂いたのですが、自転車趣味が継続するかどうかに、男女差で語るのはやっぱ違うと思います。
単に、好きかどうか。
継続するかどうかは、ただそれだけですし、その気持ちに男女差なんてないと思うんですが。

研究テーマとしては、こういう問題の男女差を調べるのも面白いかもしれませんが、男女で方向音痴の差はないというのが今の研究結果ですし、雰囲気だけで根拠なく語るのは良くないですよ。

blank