最近、【シロッコかゾンダか?】という質問が異常に減った気がする。

カンパニョーロのエントリーグレードのホイールに、シロッコとゾンダがあります。
ゾンダのほうがシロッコよりも上位ですが、シロッコはアルミリムの35mmハイト、セミディープリムとして、一定の人気があったのも事実です。
(主に見た目としての人気だと思うのですが)

数年前だと、こういう質問が結構ありました。

いろんな人
いろんな人
ゾンダのほうが上だというのは分かっているのですが、値段や見た目でシロッコが欲しい。
ゾンダと比べて結構性能は落ちますか?
やっぱゾンダを買っておいたほうが損はないでしょうか?

こういう内容の質問って、凄く多かった気がします。

ゾンダとシロッコ

値段や重量で見ても、シロッコよりもゾンダのほうが上位なのは明らかです。

ゾンダシロッコ
重量1596g1775g
リムハイトF25mm,R30mm35mm
ベアリングカップ&コーンシールドベアリング
スポーク数F16,R21F16,R21
定価(税別)67,00048,000

シロッコはアルミリムで35mmも高さがあるので、リムがかなり重いです。
ただそれでも一定の人気があったのは、安く買えること(海外通販だと3万くらい)、セミディープの迫力でしょうか。
見た目重視でパーツを選ぶ人もいますし、それこそトレーニングだと割り切ればリムが重いホイールという選択肢もありますし。


Campagnolo – Scirocco (シロッコ) C17 ロードホイールセット

ゾンダ自体も、リムはそれほど軽くはありません。
ナローリム時代のゾンダで、フロントが460g程度はあったので、ワイドリム化している今のゾンダについてはもうちょっと重いくらい。
無難な性能で言うと、シロッコよりもゾンダのほうがいいのは明らか。
ゾンダは海外通販で4万ジャストくらいのことが多いので、シロッコとの価格差も約1万とも言えますし。

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

で、最初の話に戻ります。
数年前は、こういう質問が凄く多かった。

いろんな人
いろんな人
ゾンダのほうが上だというのは分かっているのですが、値段や見た目でシロッコが欲しい。
ゾンダと比べて結構性能は落ちますか?
やっぱゾンダを買っておいたほうが損はないでしょうか?

これ、不思議なくらい多い質問でした。
私の一貫した答えですが、性能を見るならゾンダ。
見た目重視とか、平坦しか走らない予定ならシロッコもあり。

シロッコさん、リムがクソ重いのかゼロスタートではズッシリきます。
それでもいいからセミディープのほうがカッコイイ、という勢力は一定数あったと思うんです。

最近、ホント少なくなりました

シロッコとゾンダ、どっちよ??という質問、恐らくこの一年くらいはゼロだったと思います。
その前はホント多かった。
ただ、質問されてくる方の真意を推測すると、だいたいはどっちかでした。

・見た目でシロッコのほうが気に入っているので、背中を押して欲しい。

・予算的にゾンダだと少し苦しいから、そこまで大きく性能が変わらないならシロッコにしたい。

こちらの推測ですが、文章から滲み出る真意を見ていくと、シロッコとゾンダで迷う人は、この二つの理由で悩んでいたように感じました。

私としては、ゾンダのほうがハズレが少ないというか、シロッコだとリムが重いので性能的なグレードアップは望めないと思うので、ゾンダのほうがいいとは思いますが、脚力のある人だとシロッコのリムの重さを活かして結構いいという場合もあります。
シロッコ、個人的な感覚で言うと、脚力がある人だと

いろんな人
いろんな人
値段の割には性能がいい

脚力がそれほどない人だと

いろんな人
いろんな人
リムが重く、キツイ

全ての人がこのように言うわけでもないですが、大体の傾向だとこういう感じ方をしているようでした。
私はリムが重くてきついと感じるので、脚力が・・・w

で、最近この質問、ホント減ったわけですが、理由があると思うんです。
一つは、やはりロードバイクのブームが去り、この価格帯(3万くらい)のホイールを求める層が減ったこと。
これが一番大きいのかなと・・・

次ですが、今やアマゾンとかで見ると、中華カーボンホイールと呼ばれるものが多数あります。
その中には、驚きの3万円台とかもあるんですよね。

[amazon_link asins=’B0756CZ9DW’ template=’new1′ store=’roadbikenav05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a0b781e4-6cd7-4026-8a92-d7be020f51be’]

見た目重視で選ぶ人の場合、シロッコのセミディープに惹かれていたのでしょうけど、セミディープではなくてディープリムでも似たような価格帯で買えるので、そっちを選ぶ人もいるのかと。

あと、シロッコがワイドリム化したあたりで、ロゴが変わったのですが、こちらが旧ロゴのシロッコ。

こちらが現行のシロッコ。


Campagnolo – Scirocco (シロッコ) C17 ロードホイールセット

前のほうが派手だったのが、ワイドリム化以降はやたら地味になった気がします。
こういうことも関係しているのかも。

中華カーボンについては、正直安かろう、悪かろうなので安いのはオススメしませんが、初心者さんがホイールを見ると切手、重量くらいしか性能評価に入りません。
そうするとアルミリムのセミディープのような重いホイールは敬遠されるのでしょう。

まあ、迷うようなら、ゾンダ買っておいた方が性能的にはいいです。
下手な中華カーボンホイールよりも、ゾンダのほうが上。
とは言え、見た目重視で選ぶそうもいるわけで、そういう人にとっては安く買える中華カーボンという選択の人もいるのでしょうけど、ここ最近については、単にロードバイク人気が落ちていることが一番の原因かもしれません。

[amazon_link asins=’B01IJJZ7JC’ template=’new1′ store=’roadbikenav05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’f58c0ce3-df70-46a1-9770-c78c171d43e7′]