PVアクセスランキング にほんブログ村

中古のMAVICペダルは、買わないほうがいいっぽい話。

ヤフオクを見ていたら、中古品のMAVICペダルが結構売りに出ていることを知りました。
MAVICのペダルは、TIMEペダルと同じです。
カラーやロゴを変えて売っていただけの話。

ただし、数年前にMAVICはペダルの取り扱いを辞めてます。

TIMEペダルの問題点

タイムペダルは独特のフローティング機構で膝にやさしい、ステップイン、ステップアウトがかなり軽いことで有名です。
ただし問題点があって、カーボンバネが折れやすいことや、折れた場合、代理店(ポディウム)でしか修理できない・・・
補修用のカーボンバネも市販されてない・・・

で、代理店はシリアルナンバーを管理しているので、国内正規販売店で買ったものしか修理してくれません。
なので海外通販で買ったタイムペダルが壊れると、その時点で終了します。

MAVICがペダルを辞めた理由

MAVICは当時、アメアスポーツの傘下にいました。
今はアメリカの投資会社の傘下ですが。

で、TIMEがロシニョール傘下に入ったときに、大きな問題が生じました。
ロシニョールはスキーブランドですし、アメアスポーツの傘下にはATOMICというスキーブランドがある。
なので競合している関係なのに、傘下の自転車部門だけ提携というわけにもいかず、MAVICはタイムペダルの販売を辞めてます。

で、マヴィックペダルの修理は誰が??

blank

マヴィックのペダルはタイムペダルと同じものだったわけですが、修理は当然、マヴィックでやるものです。
今もマヴィックに送れば修理してもらえるんだろうなと思いつつ調べてみたら、

マヴィックに修理を問い合わせると、すでに取り扱い終了、というつれない返答。
では、ということで。
ペダルそのものは、タイムのXPRESSOなので、タイムの輸入元ポディウム社に問い合わせると。
マヴィックのペダル修理は受け付けない、という、これまたつれない返答。

https://www.sbtm.jp/matsunaga/20840/

プロショップがマヴィックに問い合わせても、ポディウムに問い合わせても、断られているようです・・・

ということで、修理する手段がないんですね。

ただし、もしマヴィックが修理受付していたとしても、ヤフオクで購入だと、そもそも国内正規品なのか、海外通販で買ったものかわからないわけで。
どちらにせよ、修理不可能に陥るわけです。

TIMEペダルも、かなり安い以外では海外通販では買わないほうが良い

タイムのペダルでも、海外通販で買って壊れた場合、修理不可能になります。
これ、私も一度やらかしてしまってます。

【インプレ】海外通販最大のデメリットに遭遇!ペダル破損で仕方なくTIMEのXPRESSO1に交換。

時々、ウイグルなどでタイムペダルが激安になっていることがありまして、

クリート交換時期だったので、XPRESSO2買いました。

XPRESSO2が、驚きの2400円くらいだったんですね。
この時、かなりの読者様が

読者様
読者様
買ったよ!

とメールなどくれましたが、ペダルを買えばクリートがついてくる。
クリートは、国内価格だと2900円くらいするので、クリート買うよりも安いし、今使っているXPRESSPOが壊れた時の予備として買ったという人が結構いました。
さらに、この値段なら、壊れてもいいやという人たちですね。

XPRESSO2の国内定価は税別8000円ですので、この時はかなりお買い得でした。

こういうケースなら買って壊れてもいいやと思えそうです。

今、ウイグルのタイムペダルの状況を見ると、XPRESSO7がそこそこ安いです。
blankblank
blankTime Time Xpresso 7 Pedals

XPRESSO7の国内定価が税別16000円ですが、ウイグル価格だと8819円。
消費税を考えたら、約半額くらいというところでしょうか。

XPRESSOはかなり軽いことでも有名です。

重量 ボディ シャフト プレート 定価(税別)
114 コンポジット スチール なし 4900
115 コンポジット スチール なし 8000
115 コンポジット スチール ステンレス 12000
108 カーボン 中空スチール ステンレス 16000
10 99 カーボン 中空スチール アルミ 23000
12 77 カーボン 中空チタン アルミ 37000
15 66.5 ライトカーボン 中空チタン アルミ 59000

・15のみセラミックベアリング

XPRESSO7で左右合わせて216g。
1でもかなり軽いんですが。

7でこの値段なら、まあアリかなと思うギリギリのラインですが、タイムペダルも海外通販で買うと、壊れると修理不能になるということです。
中古のマヴィックペダルは、壊れてももう誰も相手にしてくれませんw

マヴィックのほうが、カッコいいんですけどね。
せっかくアメアの傘下から離れたわけで、またタイムと組んでペダルを出してくれればいいんですが、一度離れてまたくっつくこともないでしょう。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…