パンクしてもチューブ交換できない!というあなたがパンクした時のために役立つ2つのツール。

ロードバイクに乗る以上、パンクはいつか必ず起こります。
初心者さんの中には、パンクした時のチューブ交換が出来ない!とか、チューブ交換の自信がない!という方もいるのですが、そういう方でも家に帰れる方法、あるにはあります。

ただし、事前準備してないとどうにもならないという点だけは、どれも同じです。

クイックショット

効果としてはさほど期待できませんが、マルニにクイックショットという、瞬間パンク修理剤があります。

シーラント的なものですが、クリンチャーでも使えます。
ただし、メーカーの説明では穴が1mm以下じゃないと防げないようですし、実際に試したという方の話を聞くと、タイヤ表面から泡が吹き出すだけだったという話もあるので、大きな期待は禁物。

チューブ交換に比べると、信頼性は大きく下がるかと。

これ、たぶんですが、パンクしていきなりクイックショットをぶち込む前に、タイヤ表面を確認して、異物があったら取り除いたほうがいいように思うのですが、説明書ではどうなっているのでしょうか?
ガラス片などが食い込んでいる状態でいくらぶち込んでも、ガラス片がタイヤに刺さったままなら、すぐにパンクしそうな気がします。

これですが、当然先に買っておかないと何とも出来ません。

ロードサービス付き保険に加入する

最近の自転車保険の中には、ロードサービスがついているものもあります。
また、ロードサービスだけの保険もあります。

Cycle Callのロードサービスに入りました。ロードバイクでも念のために備えは必要かと。

ただしこういうロードサービスですが、頼んでから到着まで2時間くらいかかることは普通みたいです。
また、何らかの事情により、ロードサービスを頼んでも断られることもあるようで、確実性はありません。

当サイトの読者様から聞いた話ですが、昨年、大型台風がありましたよね。
その後数日間、物流など麻痺状態が続いていましたが、その状況でロードサービスを頼んだところ、早くても数日かかると断られたそうです。

約款にも、必ずロードサービスが来ると保証はしていないので、確実性はありません。
私は、いわゆる賠償保険のほうは自宅の火災保険で加入しているので、こちらでロードサービスだけを加入しています。

結局、チューブ交換したほうが早いし確実

穴が塞がるかどうか未知数のパンク修理剤、来るのか来ないのか保証されていない上に、来るとしても数時間後のロードサービス、これらを選ぶくらいなら、チューブ交換の練習をしたほうがマシです。

このパンク修理剤とかロードサービスは、あくまでも最終手段。
まずはチューブ交換の練習をして、替えのチューブ、空気入れ、Co2インフレーターなどを持っていくようにする。
その上で、万が一のためにロードサービスに加入するのがいいのかなと。

パンク修理(チューブ交換)

blank