【悲報】CCCチーム、消滅危機。スポンサーが撤退へ。

UCIワールドチームのCCC TEAMが、消滅危機に晒されています。
CCCチームはポーランドに本拠地を置いていますが、スポンサーの靴メーカーCCCがコロナの影響で株価が90%下落。
その結果、CCCは今シーズン終了後にスポンサーを降りることが決定したようです。

CCCチーム

CCCチームは、2018年まではBMCレーシングチームでしたが、2019年にポーランドの靴メーカーCCCがスポンサーになり、BMCは撤退。
今現在、ロードバイクの供給はジャイアントです。

https://www.cyclingweekly.com/news/racing/vinokourov-fears-for-astanas-future-as-ccc-confirms-exit-from-cycling-455737

既にCCCチームのライダーは、今期の賃金が50%になることに同意しているらしいですが、とにかくCCC自体は撤退を決定。
新たにスポンサーを探さないといけない状況のようです。
なお、バイクを供給するジャイアントは、今のところ今までどおり供給する方針。

まあ、この不況下でスポンサーになれるだけの体力を持つ企業があるかどうか、というところでしょうか。

あらゆるジャンルのプロチームで

プロスポーツにはスポンサーは欠かせない存在ですが、あらゆるジャンルで、今後プロチームが苦しい状況に陥る可能性はあります。
あのトヨタ自動車も昨日、営業利益が前年比で79.5%減という大幅な減収見通しを発表しましたが、約8割減でも5000億円の営業利益があるとの見通しなので、さすがはトヨタ自動車だなと思いますが・・・

CCCチームは新たなスポンサー探しになるわけですが、何とかなるといいですが。

既にいくつかのメーカーで、経営に関わるニュースが出ています。
TIMEがフレーム撤退するかもという話だったり、コルナゴがアブダビの投資ファンドへ売却されたり。
ルイガノも倒産というニュースがありましたし、MAVICも危機的な状況といっていいでしょう。

ただこれらのブランドは、コロナがどうのこうのというわけでもなく、TIME、ルイガノ、MAVICはコロナ以前から経営は悪化していたようです。
コルナゴについては、投資ファンドへの売却報道がコロナ以後でしたが、コロナがどこまで関わっているのかはわかりません。

MAVIC、売上低迷は結構前から。その上で、なぜMAVICが苦戦しているのか考察。

恐らく、フレームメーカーやパーツメーカーの中でも、コロナの影響を直接的、もしくは間接的に受ける可能性はあるので、今後は業界全体としてどうなっていくのかは不透明ですね。

ていうか、2021年モデルのロードバイクの発表、早いメーカーだと6月、ほとんどのメーカーは8月頃なんですが、今年ってどうなるのでしょうか?
デュラエースが出るとか出ないとかいろんな噂もありますが。