警察監修。路上駐停車している車を自転車で交わす場合←ちょっと危ないかと。

ちょっと面白ネタです。

神奈川県警本部交通総務課がツイッターをやっているそうですが、路上駐停車している車がいた場合に、自転車はどのように通行すべきかを映像で紹介しているようで。

神奈川県警本部が推奨する方法

こんな感じのようです。
これは乗用車なので、恐らく運転手の挙動も確認しているという話なんでしょうけど、これはちょっと危険です。

まず、車の後ろに近づき過ぎ
もうちょっと距離を空けて、急なバックなどにも備えておいたほうがいいです。
いきなりケツアタックとか、ケツ扉オープンかまされたら、この位置関係では爆死します。

それと、この状況では車の運転手の挙動を確認しているからなんでしょうけど、追い越しするときに車に近過ぎ。
ドアが急に開く可能性も考慮して、1.5mは空けたほうがいいですね。
対向車がバンバン来ているなら別なんですが。

急にバックしてくることって実はあって、私もママチャリで、家の前で一度ありました。
宅急便のトラックだったのですが、前に進めないから後方待機していたら、いきなりバック開始ですよ。

多少離れていたので、全力で声挙げて、そしたら気が付いたみたいでしたがガッツリ衝突ですよ。
マジ、もうダメ!と思ったくらい。
トラックの場合は真後ろだと視野がゼロになりかねないので、そういう意味でもこの位置関係はあまり好ましくないですね。

ただ今回の記事、神奈川県警がクソだとかそういう話をしたいわけではありません。

こういう発信も大切

最近は行政レベルでもこういう発信に力を入れているようで、それ自体は素晴らしいなと。
ただ、こういうのとか、

警察の教本だと、なぜかこれが正解になってます。
自転車は踏切では一度降りて、押して歩いて渡りましょうと・・・

そんな法律、どこにもないのですが。
警察の教本どおりだとこうなってますが、ちょっと現実的ではないのかなと。
幼稚園児とか小学生だとこのほうがいいです。
理由はタイヤが小さい上にフラフラしているんで、レールに車輪取られて危ないので。

まあ、子供乗せママチャリとかも、本当はこうしたほうがいいのかなと思うところはありますが、あんまり現実的ではないような。
それを言い出すと、大人であっても押して歩くべきというのが正解になるかもしれませんが、現実的に、こんな人を見たことが無い。

こういう感じで、間違い動画を先に挙げて、間違い探しにするのはアイディアとしてはいいと思うんですが、

どうせなら、間違った結果とんでもないことが起きるみたいな、見る人の心に残るもののほうがもっと良さそう。
間違った右折をした結果、対向車に撥ねられて吹っ飛んだみたいな。
さすがにそんな過激なものは無理なんですかね?

こういうツイッターって、たぶんたくさんの人に見てもらって、話題にしてもらってこそ効果があると思うのですが。

ずいぶん前にイベント制作の仕事みたいなのを引き受けたことがあって、会議中にある後輩が、

企画というのは、斬新であり驚きが必要だ

と盛んに言うのですが、その割には具体的に斬新な企画は一つもも出してくれず、毎回会議で噴き出しそうになっていたのを思い出します。
斬新な企画は欲しいけど、じゃあ具体的に何をするのさ?というところでは、一つも意見は出してくれず、毎回毎回、

企画というのは、斬新であり驚きが必要だ

こればかり言われると、これはネタなのか?と思って聞いてました。
なぜかそんなことを思い出した、今日この頃。

あと、一つお願いがあるとしたら、これを取り上げて欲しい。

ずいぶん前から疑問に思っていたことなのですが、ロードバイクで車道を走行中に、ノールックで(振り返らずに)車道に下りてくるママチャリっていませ...

何年もロードに乗っていると、歩道にいる自転車をみて

管理人
管理人
あいつ、やりそうだな

わかるんで警戒して減速しますが、ノールックで歩道から車道に降りてくる自転車は、マジで怖い。

車道が広ければいいんですが、車道が狭い上に交通量が多いと、こっちも逃げ場がないので・・・
というより、ノールックで車道に下りるなんて、暴〇団事務所にいきなり挨拶に行くのと同じレベルで危険だと思うんですが。