【2021モデル】コーダーブルーム RAIL LIMITED。軽量クロスバイクは継続モデルです。

軽量クロスバイクの代表格、コーダーブルームのRAIL LIMITEDは2021年モデルでも継続になっているようです。
このクロスバイク、個人的には思い入れというか、ちょっと思うところがあるのですが。

2021モデル RAIL LIMITED


コーダーブルームのRAILシリーズですが、とにかく軽量性にこだわっているのが一つのウリです。
RAIL LIMITEDについては、重量が7.8キロなので、そのへんのロードバイク完成車よりも軽量という謎状態。
フレーム重量も1350gなので、アルミフレームとしてはかなり軽いほうですね。
ロードバイク基準で言うと、アルミフレームでももっと軽いのはありますが、クロスバイクのフレームではダントツ軽い。

やたらパイプも細いし、肉薄なパイプで軽量性にこだわっていることがわかります。
スペックはこちら。

フレームアルミ 1350g
フォークフルカーボン
シフター4700ティアグラ
F,Rディレーラー4700ティアグラ
クランクFSA SL-K MODULAR 48X32t
スプロケシマノ 12-28T 10s
ブレーキデオーレ Vブレーキ
ハンドル・シートポストカーボン
タイヤコンチネンタルGP5000 25c
価格(税別)14万

このクロスバイク、やたらとリアセンターが長いのも特徴です。
リアセンター長が450mmもあります。
ロードバイクだと410mmくらいですし、機敏性がウリのジャイアントのエスケープRXシリーズでも425mmとかなんで、クロスバイクの中でもダントツでリアセンターが長いのが特徴。

基本的に、リアセンターが長い自転車は、安定性重視です。
長くなれば安定性と振動吸収性が増し、短いと加速性が上がると思えば。

タイヤがGP5000とロードバイク用としても最高峰のタイヤが付いてくるし、良質なアルミフレームにフルカーボンフォーク、ティアグラ10速、ブレーキもデオーレ、なぜかFSAのカーボンクランクと、クロスバイクとしては最高峰といって間違いないでしょう。

思い入れがある理由

実際のところ、すごく思い入れがあるわけでもないんですが。

ずいぶん前にこのクロスバイクについて、リアセンターが長過ぎると書いたことがあるんですが、何度かコメントでこんな内容がありまして。

リアセンターが長いのはセンタースタンド台座があるからそうしてるだけ。
BB386とかウソ書くな。

こういう内容で、実態はもっと罵詈雑言だったんですがw
で、センタースタンド台座を付けるためにリアセンターを長くしているんだとか、ホントにそうなのか??と思って調べてみると、

私も詳しいことは知りませんが、ネット上で、よくわからない批判をしている人がいまして、見てみました。 前に書いた記事で、コーダーブルームの軽...

調べた範囲では、センタースタンド台座が付いたのは、2015年モデルから。
それより前からRAILシリーズはあるし、それより前の時点でリアセンターは450mmだったし、理由としてはおかしいんじゃね?と思っていたのですが。

しかもこの方と思われる人、ツイッター上でもわざわざご批判いただいたようで。
正直、メンドクセと思って見てましたが、ツイッターとかやってないので反論も出来ないし。
〇×子とか言う方で、何者なのかはよくわかりませんが。

BB386についても、メーカーサイトにそう書いてあるんだから、文句言うならメーカーに言ってくれとしか思ってなくて。

RAILシリーズって初期からリアセンターが長いし、センタースタンドが付いたのは2015年モデルからと調べた範囲ではあったし、間違った理由で誹謗中傷されてもね・・・と思ってましたw
BB386についても、メーカーサイトにそう書いてあるんだから、文句付けられても知らん!と。

ただ、これだけの理由で、何となく思い入れがありましてw

で、このクロスバイク、軽量でいいスペックですよ。
乗っている方々の感想も頂いてます。

先日書いた、コーダーブルームのRAIL700SL-LTDとジオメトリの関係について、 実際に乗っているという方からメールを...

これがなぜリアセンターが長いのかについていろいろ調べてますが、BBハイトを高めにしてペダリングのダイレクトさを求める一方、クロスバイクとしての安定性を出すためにあえてリアセンターを長めにしているみたいなことが書いてありました。
実際、試乗しても、軽さと安定性のクロスバイクだとわかりますし、瞬発的な加速感でいうと、それこそエスケープRXシリーズのほうが個人的には上かなと思ったりします。

ツイッターっていいですよね。
内容が合っていようと間違っていようと、世論を煽って批判できるシステムですから。。。

で、RAIL LIMITEDですが、やっぱ軽いので、軽さは正義です。
いい一台だと思いますが、フラットバーロードではないので、速さを求めるというよりも、安定性を求めながら速さも追求した一台という感じでしょうか。

クロスバイクと言っても、車種ごとに結構特性が違うものなので、フレームのジオメトリから見てみるのも面白いんですけどね。
単純にフラットバーの自転車で速さを求めるなら、フラットバーロードのほうがいいですし。
フラットバーロード=ロードコンポを積んでいる、ではないです。
フレームがロード寄りなのか、クロスバイクなのかの違い。

フラットバーロードだと、例えばコルナゴのヴォレイ。

FUJIのMADCUP。

こういうのはフレームがロード寄りというかほぼロードバイク並にリアセンターが短いです。
短ければいいとかそういうことではなくて、長いものは安定性重視で、短いものは加速性重視。
乗り手が求める性能がどっちなんだ?というだけの話なんですけどね。

乗り手が求める性能と、バイクの性能の方向性が合ってないと、悲劇しか生みませんし。

たぶん同じ方だと思うんですが、2回もコメント入れてきたんで、何かこのRAIL LIMITEDに因縁でもあるのか?と思ってしまうのですが。