BMZキュボイドバランストップアスリート4.3。インソールをロード以外で使ってみた結果【インプレ】

前にもチラッと書いたのですが。

昨年、株式会社TENTIALさんに提供いただいたインソールなんですが、 インソールなので、当然ですが【ヘタり】...

某社から貰ったインソール、モノ自体は気に入ってます。
ただし、インソールの分野ではそれほど高いというものではないのですが、インソールに9000円近く掛けることに抵抗がある人も結構いるようで。

で、某社のインソールでは、キュボイド理論という特許技術が採用されてます。
このキュボイドの特許、いろいろ調べてみると、どうもTENTIALが持っているわけではないんですね。
BMZというインソールメーカーが持っている特許だと。

BMZのラインアップをみると、種類が豊富な上に、もっと安いインソールもある。
同じ理論・同じ特許技術で作られているのだから、特許の元ネタを持っているほうが安く作れるはず・・・ということもあって、BMZの3000円台のインソールを購入して使ってみたわけです。

※今回、インソールはロードバイクでは一切使ってません。

BMZ キュボイドバランストップアスリート4.3

BMZのインソールを見ていくと、ロードレース向けのインソールもあります。
ただしお値段も結構高くて18000円とか。

それよりも3000円程度のインソールってどうなのよ?という方向性で検証したかったので、あえて選んだのは安いインソール。

パッケージはなんか安っぽい。
モノはこちら。

TENTIALのインソールと比べて明らかに薄い。

というよりも、TENTIALは厚すぎるというほうが正解かもしれません。

で、今回買ったBMZのインソールですが、値段で言うと2800円(税別)です。
TENTIALが約9000円(税込み)であることを考えても、3分の1程度の値段。

インソール インプレ

今回、くどいですがロードバイクでは使っていません。
前から通勤の帰り道はやたらと歩いているのですが、その際に使っていただけ。

で、TENTIALよりも薄いので、シューズ純正のインソールを抜いてBMZのインソールを入れると、どうも違和感。
仕方なく、シューズ純正のインソールの上に、ダブルインソールとしてBMZを入れたのですが、ぶっちゃけ結構良くて。

TENTIALのインソールは、キュボイド理論により、立方骨を支える突起みたいなのがあって、それが姿勢を良くする感じなんですが、元々の特許はBMZが持っているわけで、この部分は全く同じ。
姿勢が良くなる感じは十分体感できるし、歩いている感じも変わらず。

違いを挙げるとするならば、
・インソールの厚み
・インソールのクッション性
・素材の違いによる滑りにくさ

これらは全てTENTIALのほうがよい。
厚みさえ上手く合わせられれば、歩いている感じはどっちも変わらないです。

インソールにはいろんなタイプがあるのですが、土踏まずをサポートするタイプだったり、熱成形するタイプだったり・・・
BMZのキュボイド理論は同社が特許を持っているので、これについては私が知る限りTENTIALとBMZしか無さそう。

ちょっと独特なので、最初にTENTIALを使ったときには、一日目はふくらはぎに筋肉痛が来たほどですが、普段使えてない筋肉を使っている感があるというか。
二日目以降は筋肉痛は全くなし。

このくらいの値段のインソールでも、悪くはない・・・という感じがします。
もちろん、もっと高いインソールはたくさんありますし、高いものだからいいとも限らない部分もあり・・・
高いものは品質は高くても、相性として合うかどうかは別問題なんで。
いきなり高いインソールを買うのもなぁ・・・と思う人にもいいかもしれません。