【2021モデル】キャノンデールCAAD13チームレプリカ。ロゴは元に戻したほうが・・・

キャノンデールの2021年モデルが発表されています。
ロードでは大きな変化があったわけでもないのですが、個人的に一番気になるとしたら、CAAD13のチームレプリカカラーなんですが。

2021 キャノンデール CAAD13 チームレプリカ

キャノンデールというと、昨年からロゴが一新しましたよね。
ダウンチューブの【CANNONDALE】の大きなロゴを廃止し、トップチューブに小さく入る【CANNONDALE】に変更。

これはこれで好き、という人もいるのであまり言いたくないんですが、正直なところ、これだとどこのメーカーのロードバイクなのか分からんレベル。
TIMEも一時期、似たようなロゴに変わってましたが、評判が芳しくなかったこともあって、元に戻してます。

フランスの超名門ブランドTIMEの2020年モデルが発表されたニュースは多くの方が見たと思いますが、今回の一番のポイントは、旧ロゴとほぼ同じ...

で、2021年モデルのキャノンデールさん。
基本は2020年モデルと同じロゴです。
ダウンチューブのロゴではなく、トップチューブに小さなロゴが基本。

しかし!
チームレプリカカラーだと、元と同じように、ダウンチューブロゴなんですよね。

キャノンデールはやっぱこっちのほうが好きだなぁ・・・

CAAD13 105ディスクにはこのチームレプリカカラーの設定があります。

105油圧ディスク完成車だと、チームレプリカカラー(ダウンチューブロゴ)と、そうではないカラー(トップチューブロゴ)がありまして、前者が25万3千円、後者が24万2千円。
1万1千円の差があり、見たところパーツスペックは同じの様子。

ロードバイクのロゴ

ロードバイクのロゴ・ブランド名表記というと、ダウンチューブにデカデカとあるのがノーマルです。
長年の慣例というか、やはり一番目立つところにブランド名を書くことで、プロレースでもアピールになりますよね。

今のところキャノンデールだけなんである意味ではわかりやすいですが、この小ロゴが流行りだした場合、ツールとか見ても、何だか分かりづらいんだと思うんですね。

LOOKも相変わらず、こんな感じですし。

ジャイアントでもメリダでもビアンキでもBMCでも、やはりダウンチューブにデカデカと、ブランド名を書いているわけで。

どっちがいいかは好みもあるので、ダウンチューブロゴが常にマンセーともいえないわけですが、やはりロードバイクらしさというか慣例的には、ダウンチューブにデカデカとブランド名ですよね。

実際のところ、キャノンデールってロゴを変えてからの売上ってどうなっているんでしょう??
どこにも開示されてない社外秘情報だとは思いますが。