真夏は、ロードバイクが少ない。

夏本番という暑い日が続いてますが、皆さんは乗ってますか?

夏場は熱中症リスクを考えて乗らない人とか、明け方~昼前しか乗らないという人もいますが、私はいろいろ対策して日中に普通に乗ってます。

どうでもいいですが、【夏本番】って下ネタなんですかね?
まさか本番がアウトだとは思いませんが・・・

いきなりのタイトルですみませんw ここ数ヶ月、毎日のようにグーグルさんから警告がきます。 この記事はアダルトコンテンツだから...

ティアグラが〇〇アグラに見えるのでは?とか、バーテープ巻いてあるハンドルのバーエンド付近がチ〇コに見えるのでは?とか、クランク付近の画像がM字開脚に見えるとか、いろんな意見を頂いてますが、グーグルのAIってそんなに精度が低いとは思えないし・・・

夏、少ない

真夏って実は好きで、ロードバイクが明らかに減る。
真冬もそうですが、交通量という意味では走りやすかったりする。

土日だと通勤程度にしか乗らないのが、ガッツリ走ってみたのですが、正直ロードバイクはかなり少なくて、140キロとか走っても10台くらいしか見てないと思い。
普段は平日ばかりの走行なので、平日だと100キロ以上走っても、それこそその日見かけたロードバイクは1台とかそういうレベルの日もあるのですが。

コロナ禍もあるからか、なぜか車の走行量も少なく、非常に快適に走れまして。
しかし、慣れてない人とか、対策して無い人は真夏はやはり危険。

熱中症対策

熱中症対策って言っても、いろいろあるんですが。
いろんな方法があるけど、絶対に熱中症にならない方法だけはありません。

絶対なんて言えないですし。
ある人が、あることについて絶対にないと断言されているようですが、ちゃんと読んだほうがいいと思うけどなぁ・・・
自分で上げたリンク先の内容、読み間違いしているよ、と。

さて、いろんな方法があります。
水分対策、日差し対策、温度対策、塩分対策、分けるとややこしいですがどれも密接に繋がっている。
その上で言いたいのですが、とりあえずいろいろ試してみて、自分に合う方法を見つけることなんじゃないですかね。

私がこの夏やっているのは、以下の通り。

方法何に対する対策?影響
長袖&ロングパンツ日差し対策、温度対策日焼け防止、気化熱の応用による体の冷却
HALOヘッドバンド汗対策目に汗が垂れない
ナルーマスクF1s日差し対策、温度対策日焼け防止、気化熱の応用による顔面冷却
保冷ボトル(金属製)温度対策、水分対策、塩分対策体の深部の冷却と、水分補給、スポーツドリンク
輪行袋急な体調不良対策緊急時に使う

今までずっと保冷ボトルを使っていませんでしたが、どうもヌルいスポーツドリンクって苦手なので、どうしてもミネラルウォーターか麦茶になっていたのですが。
保冷ボトルの中身は、ほぼスポーツドリンク。

こういうのも、HALOのヘッドバンドとか輪行袋は通年で使っているので、夏対策というわけでもないんですけどね。
塩タブレットは、いいという人が多いけど、私はどうも苦手なんでパス。

長袖のほうがトータルで見ると涼しいというか、日焼けしないだけでも全然違う。
日焼け止めとか、全然効果を感じないので・・・

でも長袖だと暑くて爆死するという人もいるし、ナルーマスクも日焼け防止にF1sを使っているけど、呼吸が苦しいと感じる人もいるかもしれない。

なので合う・合わないはホント人それぞれなんで、良さそうだなと思った方法を試してみて、自分流にアレンジしていくしかないですよね。
頭から水を被るのも、私は好きになれないですが、やる人は結構いるでしょうし。

ボトルの中身についても、こだわりがある人は結構いるので、話を聞くと興味深いですし。

だいぶ前からやっていた、真夏のボトルをどうするかというアンケートですが、 すみません、1ヶ月以上放置してしまいました。 ...

明け方から昼までしか走らないという人も結構いると思われ。
それがベストなんでしょうね。

保冷ボトルは、とりあえず今年の夏はこれでいくことにしているけど、良し悪し。
熱中症対策としてはアリなんですが、走行中に飲むことは期待しないほうがいい。
スパッと開かないことも多いので。

先日書いた記事で、保冷ボトルを使ってみての感想を書いたのですが、 記事中でも書いたのですが、これの一番の問題点は、 ...

夏場の長袖ジャージを試してみたいけど、嫌な予感がする・・・という人は、アームカバーがオススメ。

走り初めて途中で無理と思ったら、外せばいいので。
おたふく手袋って、ここ数年で一気にスパークしたような気がするのですが、どうなんでしょ?

当たり前ですが、長袖ジャージと言っても冬用とか着たらマジで爆死するので、あくまでも夏用の長袖ジャージとか、冷感素材のアームカバーとか選んでください。
荒業でシーブリーズを身体にかける人もいるらしいですが、合わなかったときには水程度では落ちなくて地獄を見るので、やめたほうがいいです。

夏場のポイントは、

・温度
・日差し
・水分補給
・塩分補給

このあたりをどうするか?という話。
日焼け止めで効果を感じる人なら、長袖よりもいいのかもしれないし。

いいのか悪いのかは別として、コンビニで休憩するときにロックアイスを買って、ボトルに詰める。
余ったものは、そのままロックアイスの袋ごと、背中に入れてしまうという人も知ってます。

ゴツゴツして痛そうな気もするのですが、すぐに溶けてきていい感じになるとか・・・
これはさほどオススメしませんが、そういう冷却法を使う猛者も。