【2021モデル】MERIDA SCULTURAは、今までと発想が逆です。

台湾の巨匠メリダの2021年モデルが発表されています。
新型リアクトについては以前書いた通りなんですが、

エアロというとメリダのリアクトを外すわけにはいかないほど有名な一台ですが、そんなリアクトが第4世代にモデルチェンジしたようです。 そんなリ...

オールラウンダーのスクルトゥーラを見ていくと、今までと発想が逆になっています。

2021 MERIDA SCULTURA


2021 SCULTURA RIM 400

発想が逆、と書いた件。
2020年モデルまでは、

・SCULTURA DISC ⇒ ディスクブレーキ
・SCULTURA    ⇒ リムブレーキ

末尾に【DISC】と付くのがディスクブレーキ・・・という当たり前の構図でした。

ところが2021年モデルでは、発想が逆になってます。

・SCULTURA    ⇒ ディスクブレーキ
・SCULTURA RIM ⇒ リムブレーキ

標準がディスクブレーキなんですよ、というメッセージ性なんですかね。
バーレーンマクラーレンでも、今後はディスクブレーキ車しか使わないとアナウンスがあったはずですが、主流はディスクブレーキだということを明確にしたのかもしれません。

で、2020年モデルと比較して、大きなモデルチェンジがあったわけではありません。
原則としては2020年モデルの継続で、名称の考え方が逆転した、ということです。

アルミフレームのものだけチョイスすると、こんな感じ。

車種名ブレーキタイプメインコンポ値段(税別)
SCULTURA700ディスク105油圧239,000
SCULTURA400ディスク105油圧199,000
SCULTURA200ディスクソラ機械式ディスク129,900
SCULTURA RIM 400リム105149,900
SCULTURA RIM 100リムクラリス99,900

値段で言うと、2020年モデルと全く変わっていません。
なんだかんだ嬉しいポイントは、10万アンダーのクラリス完成車がある点なんじゃないですかね。

スクルトゥーラのアルミフレームですが、原則として全て共通です。
厳密に言うと、700と400ではBB形式が異なるため、違いはあるのですが、根本的なフレームのグレードはアルミスクルトゥーラであれば共通とのこと。

スクルトゥーラ リム100(クラリス)でも、リム400(105)でも、フレーム&フォークは同じなんですね。
コンポやホイールなどに差がある程度。

予算の都合から最初はクラリスで買って、後からグレードアップしようと考えている人も普通にいるわけなので、クラリス完成車とか、ソラ機械式ディスク完成車をちゃんと用意するのはさすがはメリダでしょう。

オールラウンドに使いやすいスクルトゥーラ

SCULTURA5000チームレプリカカラー

スクルトゥーラはレーシングモデルですが、オールラウンドに使いやすい、乗りやすさも一つの特徴。
2021モデルからは、スクルトゥーラエンデュランスというモデルも登場します。

メリダが2021年モデルとして、SCULTURA ENDURANCEというニューモデルを発表しています。 カテゴリとしてはアドベンチャーロ...

スクルトゥーラエンデュランスは、レーシングモデルのスクルトゥーラとグラベルロードのSILEXの中間みたいなイメージですかね。

スクルトゥーラエンデュランスの場合、全てディスクブレーキ車です。
しかもアルミフレームの設定はなく、カーボンフレームのみ。

スクルトゥーラエンデュランスは末尾に【DISC】とは付かないわけですが、全てディスクブレーキ車。
こういうところで統一を図るために、レーシングモデルのスクルトゥーラもディスク車を基本に置いて、リムブレーキ車を【RIM】と表現したほうが分かりやすかっただけなのかもしれません。