【2021モデル】BIANCHI OSRO。コンポ変更で9万円近く値下げされたクロモリグラベルロード。

ビアンキのオルソというと、クロモリフレームのグラベルロードなのですが。
2020年モデルが税別235000円だったわけですが、コンポ変更で148000円と約9万円も値下げされるという珍事ですw

ある意味では驚異的な値下げ幅ですよね。

2021 BIANCHI ORSO


9万円近い値下げを達成したわけですので、パーツスペックの比較から。

2020 ORSO2021 ORSO
フレームクロモリ
フォークカーボン(アルミコラム)
STIGRX600ソラR3000
クランクGRX600 46-30Tソラ 50-34T
FD,RDGRX810ソラ
スプロケ105 11-34T(11s)ソラ 11-34T(9s)
ブレーキシマノRX400(油圧)シマノ BR-RS305(機械式)
ホイールビアンキ手組(リム:ALEX ATD500)
タイヤKENDA Flintridge 40cKENDA ALLUVIUM 38C
値段(税別)235,000148,000

実質的にコンポが変更になった程度で、ホイールは全く同じ。
GRX系コンポ(11速)が、ソラ(9速)になったというわけですね。
コンポって結構高いんだなぁ・・・

ソラには油圧ディスクがありませんので、シマノの機械式ディスクをソラのSTIで操作するわけですね。

これはチャンスでは?

油圧ディスクのほうが優れているのは間違いないとして。
このORSOですが、クロモリフレームなので結構重いです。
グラベル走行というよりも、荷物を積載したロングライド向きなのかなと思ってみてますが、9万円近い値下げはむしろ歓迎すべきポイントでは?

11速のほうが嬉しいかもしれませんが、チェーンの耐久性は9速のほうが上。
クロモリグラベルで25万近くだと高いなぁ・・・という感覚で敬遠していた人でも、買いやすい値段になったわけで。


まあ、2018年はクラリス完成車だったので、GRX600系を搭載して値段を上げたのが、ジャパンのユーザーにはうけなかった可能性もあるんですけどね。
25万くらいだと、どうしてもライバルが増える価格帯になるので、実は10万円台前半のグラベル車のほうがジャパンでは需要がありそうな。
レース目的の人がまだ少ないような印象なので。

コンポよりもホイールとかタイヤにお金掛けた方がいいし、ぶっちゃけて言うと、9速でも十分なんですよねw

クロモリの頑丈さを利用して、かなりの荷物を積載してロングライドという使い方が楽しそう。
もしくは、普通に通勤通学車としても買いやすい値段になったというか。

カラーリングは変更がありません。
レトロな感じのビアンキロゴ、シンプルな細身のクロモリフレーム。
ちなみに2021年モデルでは、ビアンキのラインアップで唯一のクロモリフレームになります。
昨年まではオールドスタイルのクロモリ車があったはずですが、近年は需要が少ないのでしょうか??