LOOKがフラペ市場へ参入!街乗り用のLEDライトつきというスグレモノ。

おフランスブランドのLOOKが、なぜかフラットペダルを発表していますw
ここにきて、街乗りに最適なフラペを導入ですよ??

なかなか面白そうな商品でして。

LOOK GEO CITY GRIP

GEO CITY GRIPという名前の通り、基本は街乗り用フラットペダルと見ていいかと。
踏み面はゴムラバーで、滑りにくさを追求。

このラバー部は交換可能で、5種類のカラーを用意。

どのライダーも5秒で交換可能だそうで。

そして注目の機能はこちら。

LEDライト付きですよ。(GEO CITY GRIP VERSIONのみ)
被視認性の向上には最強ペダルといえますね。
ママチャリのペダルとかだと反射板がついていますが、反射板よりも被視認性がいいので通勤通学とかでも安全性の向上になりそう。

ライトはノーマル、エコ、点滅のほか、2.5倍の明るさを誇る【デイライトモード】もあるそうで。
なるほど、デイライトとして使うことでもいいのかもしれません。

昼夜問わず、被視認性を高めることができるペダルと言えそうです。

バッテリーはUSB充電式で取り外し式。
バッテリーが取り外せないと、充電はさすがに大変そうですしw
フル充電で20時間程度使えるっぽい。

30秒間動きがないとスタンバイモードになり電力消費を軽減。
動きを感知すれば1秒後に再起動するようです。

お値段は

まだ日本での価格が発表されていないというか、日本にも登場するのかは未定のようです。
クロスバイクとかフラペの人にはなかなか良さそうなんですが。

ラインアップは3つあります。
1、GEO CUTY

こちらはラバーグリップがついてないフラペ。
表面は滑り止め加工されているっぽいですね(当たり前か・・・)

スペックはこちら。

重量330g(ペア)
Qファクター61.5mm
踏み面の広さ110×107mm
スピンドルクロモリ
ライトなし

日本価格は未定ですが、海外価格で35ドル。

2、GEO CITY GRIP

重量265g(ペア)
Qファクター63mm
踏み面の広さ107×103mm
スピンドルクロモリ
ライトなし

こちらも日本価格は未定ですが、海外価格で70ドル。

3、GEO CITY GRIP VERSION

こちらのみライト付き。

日本価格は未定ですが、海外価格で140ドルなのでちょっとお高め。

重量580g(ペア)
Qファクター63mm
踏み面の広さ107×103mm
スピンドルクロモリ
ライトモード4種
光出力6~50ルーメン
防水性IPX7防水規格
充電時間2時間

ちょっと高いかなと思うところもありますが、ライト付きペダルは珍しいので、通勤通学で使う人には十分アリかと思います。