やっぱり、限定的に水を使って流したほうがいいという結論でして。

前にも何度か書いてますが、

チェーンの洗浄で、ディグリーザーを使う人は多いと思います。 シマノ的には、ディグリーザーとか使わずに中性洗剤で洗ってね!というのがお約束な...

チェーン洗浄で使ったディグリーザーとか、遅乾性クリーナーなどの話。

元々の流れ

自分自身の歴史です。

<第一期>

最初にチェーン洗浄をしたとき、このようにチェーン洗浄機にディグリーザーを入れてグルグル回して、拭いて、放置して乾燥させて、それから注油してという流れでした。

※チェーンだけに絞っているので、実際には途中でスプロケを外してスプロケの洗浄もしてます。

<第二期>
第二期は、まずはチェーン洗浄機で同じように洗うところまでは同じです。
ディグリーザーを使って洗う。

そのあと、このような洗浄機でバイク全体に水を掛けて、食器用洗剤で全体を洗う方法。

ドンキで買った高圧洗浄機ですが、高圧というのは自称でして、実際には弱いシャワー程度でしか出ませんw

<第三期>

第三期は、第一期と同じで、チェーン洗浄機にディグリーザーを入れて、後は拭いて乾かしてという流れ。

<第四期>
チェーン洗浄機にディグリーザーを入れてグルグル回した後、洗浄機に水を入れてグルグル回すことで、ディグリーザー成分を落とすようにしたのが今。

実際のやり方では、チェーン洗浄機にディグリーザーを入れてグルグル回す。
これを、一度ディグリーザーを入れ替えて2回。

チェーン洗浄機に水を入れてグルグル回す。
同じく、水を入れ替えて2回。

このような自称高圧洗浄機を使うのをやめたのは、

その後の処理が面倒過ぎるというのが本音。

いろいろ試した結論としては

先日ちょっと紹介したワコーズの動画でも、

完全放置していたアンケート。 完全放置中でしたが、とりあえず結果発表。 チェーン洗浄で人気のケミカルは、これですよ!...

チェーンクリーナーを使い、その後マルチフォーミングクリーナーでチェーンを洗った後、チェーンを拭いていきなり注油してます。
ワコーズがそうしているくらいなので、それでもいいんでしょうけど。

チェーンを拭いた程度で、チェーン表面や内部には洗浄成分が残るとしか思えず。
洗浄成分が残っている状態で注油すれば、せっかく挿したオイルが分解されるのでは??ということなんですよね。

まあ、ワコーズの場合、チェーンオイルがスプレーなので、実際には結構な量のオイルがチェーンに付くような予感。
もちろんオイルをつけた後に拭くからいいのでしょうけど、残っている洗浄成分はそれほど多いわけではない⇒オイルも全部分解されるわけではなく、必要量は残っているということなのかもしれません。

で、自分自身、いろいろ試してきた結果なんですが。
やっぱディグリーザーを水で流したほうが、そのあとのチェーンオイルの持ちはいいです。

ただし、水を盛大にぶっ掛けると、その後の処理も大変。

必要最低量の水で流そうとすると、チェーン洗浄機に水を入れてグルグル回す×2回くらいで十分なのかなと・・・

先日、チェーン洗浄をした後に、水で流し、チェーンがどれくらいで乾燥しているか確認してみたのですが、触った感じでは、3時間もすれば問題なさそうでした。
一応効果があるかは別として、扇風機を一時間くらい当ててみてますがw

まあこういうのも、いろいろ試して自分好みを見つけるしかないですね。
前の記事でも書いたように、

・汚れが落ちている
・オイルがきちんと内部まで浸透している
・錆につながるような水気をきちんと取る

この3点をしっかりしていれば、あとは方法論は違ってもいいので。

ちなみにシマノ的には、チェーンは中性洗剤で洗えとなってます。
これはいろいろ話を総合すると、強力な洗浄液で内部まで落とした後、中まできちんと注油できてない状態で走って、トラブルになる事例があるからという話。
逆に言えば、きちんと内部までオイルが回るように洗浄と注油をすれば、問題ないはず。

ところで皆さんの使用率が高い、ワコーズのチェーンクリーナー。
一度も使ったことがないですが、結構汚れの落ちがいいんですかね?
普段、フィニッシュラインのディグリーザーを使ってますが、コストパフォーマンスがいいなら、乗り換えようかな・・・
ディグリーザーの使用量が結構多いので、すぐに無くなって買いに行くので・・・