TOPEAK ROADIE TTの唯一の不満点。

携帯ポンプをトピークのローディーTTに替えたわけですが、

先日、携帯ポンプがなぜか壊れていたので、 まあ、工夫すれば使えないは無いんですけど。 嫌な予感がするので買い替え。 ...

まだ実戦では一度も使用してません。
ていうか、もう一年以上パンクしてねーし。

で、この携帯ポンプさん。
家で試した限りでは、軽い力で空気が入るし、コンパクトだし。
このように、フレームがブラックなこともあり、よーく見ないと気づかないレベルのスマートさ。

遠目だとどこにあるのかわからんでしょ。

まあ、唯一というか不満がないわけでは・・・ない。

唯一の不満

どうでもいいといえばどうでもいいんですが。
バルブに接続するところのキャップですよ。

走行振動で緩んできて、半開きになる。
これは毎回乗るたびになっているのだが、どうでもいいといえばどうでもいい話。

半開きといっても、ほぼ閉まっている状態なんですけどねw

けどここって実は大切。
ホコリや汚れが侵入すれば、壊れるのが早くなる可能性も。
まあ、これにより寿命が短くなる可能性も、当然ある。

半開きなのを確認するたびに閉めてますが、ここのキャップ、パチンと嵌るというよりは、ふんわりガードしているような印象。
なので閉めるといっても、パチーン!と嵌るわけではなく、モッサリ嵌るだけ。

まあどうせ、携帯ポンプはチューブを膨らますときにしか使わないし、空気圧を上げていくのはCo2だし。
けど、何か対策したくてたまらんわけですよ。

対策

どう対策をするかについては、もちろん携帯ポンプ対策協議会を開催するしかないわけで。
ちなみにこの協議会、メンバーは私オンリーです。

もうこれね、見た瞬間に対策は決まっているんですよ。

・先端をカバーしたい
・先端は突起している

あれしかないですよね。
もちろん、ゴムですよ。
男性諸氏が長くて太い棒の先端の突起に被せるとしたら、アイツしか思い当たらない。

マナーとしても、やっぱ被せ物は大切ですよね。
これで先端から流体が飛び出ることを防げるわけですよ、マジで。

でもこのポンプ、上下動しないと流体は放出されないんでしたね。
流体力学の神秘ですよ。
走行中にポンプを操作することはあり得ないので、何かが飛び出るリスクはゼロなのか・・・
防ぐべきは誇りの流入ですね。
いや、埃か。