2021年モデル、最安のカーボンフレーム完成車は?

こちらの記事について質問いただきました。

昨年、センプレの後継機種として登場した、ビアンキのスプリント。 2020年モデルは、105完成車(リムブレーキ)で22万8千円(税別)でし...

読者様
読者様
今回のスプリントは現時点でカーボンロードの最安値のような気がしますが、管理人様のご存じのものでこれより安いものありますか?

あれ??
ビアンキのスプリントって、カーボンフレーム完成車で最安なの??と思って、ざっと調べてみました。

18.8万


ビアンキのスプリント(リムブレーキ)ですが、105完成車で18.8万(税別)です。
昨年より一気に安くなったものの、なぜかパーツスペックなどに大きな変化がないというモデルでして、何でだろうと不思議に思うところもあります。

まさか、値段の表示ミスではないでしょうし。

で、まだ2021年モデルは発表されていませんが、105完成車でこの値段よりも安くなる可能性があるとしたら、台湾ブランド以外にはないのでは?ということで調べてみました(オンロードのみ)。

メーカー車種名方向性値段(税別)
ジャイアントTCR ADVANCED2 KOMレーシング21万
メリダSCULTURA RIM 4000レーシング19.9万
GUSTORCR DURO SPORTエンデュランス18.8万
ビアンキSPRINTレーシング18.8万

※全て105完成車

まず、最安というキーワードがつくだけで、リムブレーキ車限定です。
ディスクブレーキ車は、同一リムモデルよりも1割以上は高くなるのが通例。

これで見ると、ビアンキのスプリントと、ガストのRCR DURO SPORTが同じ価格の18.8万(税別)。
スペック的には、フレームの方向性は違うものの、似たようなパーツ構成に見えます。
ホイールだけみても、ビアンキはシマノ最下層のRS100、ガストはカンパニョーロの最下層のカリマなので。

ちなみにグストではなくガストと書いているのは、わざとです。
現地読みではガスト。
ハッチンソンなのかユッチンソンなのかという問題に似ている気がしないでもないですが、どう考えても読み方はガスト。

クイックリリースなのかクイックレリーズなのか?という問題とも似ているといえば似ています。
マヴィックなのか、マビックなのかはちょっと問題の性質が異なる気がします。
ジオスなのか、ジョスなのかという問題もありましたね。

とりあえずはこれが最安っぽいですが、メジャーどころで何か見落としているかもしれないので、もっと安いのがあればヒッソリ教えてください。

※中華カーボンを除く。

<追記>

キャノンデールのスーパーシックスEVO105が税込193600円(税別だと176000円)になるようなので、恐らくはメジャーブランドのカーボンフレーム105完成車の中では最安だと思います。

不思議な感じ

一昔前だと、こういう最安カーボンロードというと、ジャイアントとメリダの独占市場という印象でした。
ビアンキが最安という時点で、個人的には違和感しかありません。

というよりも昨年モデルから4万円も安いという時点で、不思議でなりませんw

このあたりの価格帯だと、重量は8キロ台中盤から後半あたりが多い。
どうしてもディスクブレーキ車だと数百グラムは重くなるので、このあたりの価格帯ならリムブレーキのほうが総合的にお買い得かなと思いますが、リムブレーキかディスクブレーキかは好みの問題なので、好きにしてくださいw




コメント

  1. K.R より:

    初めまして、いつも読ませていただいてます。
    メジャー所でしたら、キャノンデールのスーパーシックスEVO105完成車が税込み193600円で最安になるかもしれません。
    ホイールはフルクラムのレーシング900です。
    自分が初めて買ったのがキャノンデールの13年モデルのスーパーシックス(ノーマル)ティアグラで同じような価格だったのを考えると、リムブレーキモデルとはいえとても安いなと驚きました。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      キャノンデールとは、完全に見落としてました。
      後日訂正します。