【2021モデル】CENTURION Cityspeed 500EQ。日本では販売されないでしょうけど・・・

日本では全くと言っていいほど知名度が低いセンチュリオン。
数年前にロードバイクから撤退して、本国ページを見るとE-BIKEばかりになってます。
ギガドライブ4000、買おうかどうか本気で悩んだこともあったなぁ・・・

日本では恐らく販売されないでしょうけど、なかなか面白いバイクを作っているブランドなんですけどね。

CENTURION Cityspeed 500EQ

https://www.centurion.de/de-de/bike/369/cityspeed-500-eq

センチュリオンのホームページを見ると、単なるクロスバイクにとどまらず、こういうキャリア付きモデルが結構多い。
これはMTBでもそうなんですよね。

私個人としてはセンチュリオンには思い入れがありまして。
塗装の感じとか結構好きなんですよ。
まあ、メリダ傘下なので製造はメリダです。

このシティースピードなんですが、見てわかるようにリアキャリアや泥除けが標準装備。
キックスタンドもついてます。

で、注目ポイントは、ライト。
フロントがダイナモハブになっていて、フロントライトも標準装備なんですよ。

コンポはソラ2×9速。
ディスクブレーキで、タイヤは37Cが付いていて、リアキャリアと泥除け、フロントライトも標準装備。
もうすぐに通勤仕様にもなりそうなスペックですが、キックスタンドもついているのに重量は13キロとまずまずのところ。

でもこういうバイクって、日本だと需要が無いのかなぁ・・・
恐らく日本では販売されないモデルです。
そもそも、日本だとリアキャリア文化が根付いていないというか、それよりも前カゴのほうが便利と考える人が多いのかも。
ママチャリ文化なジャパンですから・・・

こちらは2020年モデルのシティスピード500.

このメタリックなカラーも好きだったんですが、これ、ソラ完成車、アルミフレームにアルミフォークで日本の定価が16万(税別)だったんですよ・・・
ちょっとこの値段では、他社と戦うのは厳しいというか。
日本モデルではリアキャリアは別売り扱いになってます。

質感もいいしカッコいいんですけど、これくらいのスペックでもうちょっと安くしないと、なかなか知名度は上がらない。
まあ、センチュリオンの場合、毎年大幅割引で買えることが多いので、なんだかんだもうちょっと安く買えてしまう可能性もゼロではない。


E-BIKE、そんなに売れているのか?

センチュリオンの本国HPをみると、結構な数のE-BIKEが並んでます。
ドイツってE-BIKEがかなり売れているんですかね?

ドイツブランドではなくオランダブランドですが、センチュリオンと似たような方向性にきているのかなと思うのがKOGA。


https://www.koga.com/en/bikes/city-and-touring/f3-5-0-blue-matt?frame=H

センチュリオンと同様に、E-BIKEとコミュッターバイクをやたらプッシュしているような。
KOGAの場合はまだロードバイクがあって、キメラは健在なんですが。
センチュリオンだと、ロードバイクはオーバードライブというE-BIKEのみになっていたりする。
元々オフロードに強いブランドなので、MTBはそれなりに種類がありますが、MTBもE-BIKE化したモデルが多数。

どうでもいいですが、KOGAの日本代理店って今は機能してないんですかね?
2018年モデルを最後に更新が止まっている・・・

https://www.koga.com/en/bikes/race/kimera-premium?frame=H

センチュリオンも日本の代理店はさほどプッシュしているようには見えないし、一体どうなっているのでしょう?