リアセンター長(チェーンステイ長)について考える。

ロードバイクのジオメトリの中に、リアセンター長(チェーンステイ長)があります。
ここはそれほど重視すべきポイントというわけでもないのですが、フレームの方向性を決める一つの指標にはなる数字です。

そんなリアセンター長について。

チェーンステイの役目

リアセンター長(チェーンステイ長)は、そのまんまの数字でチェーンステイの長さです。
より具体的に言うと、BB中心~後輪ハブ軸中心までの距離。

ここはある程度、タイヤクリアランスにも関わります。
リアセンターが短過ぎると、シートチューブとタイヤが接触しかねないので。

チェーンステイは駆動に関わる重要なセクション。
ペダリングに応じて、チェーンステイがしなります。
ある意味でわかりやすいのは、後輪がフリーになっているハイブリッドローラーを使ったとき。

後ろからの映像だと、後輪がペダリングに応じて左右に動いているのがわかるかと。
ペダリングするたびにフレームも左右にシナるわけですが、チェーンステイが結構動く。

ちなみに多くのカーボンフレームで固定ローラー台がNGな理由はこれです。
フレームがペダリングと同時にしなるわけですが、しなった【先】である後輪が固定されちゃっているので、シナリを逃がせないので割れやすくなるという話。

チェーンステイはペダリングのパワーを伝えるセクションだと思えばいいかと。

リアセンター長の意味

一般的に言われるリアセンター長は、こんなイメージです。

リアセンター加速性振動吸収性直進安定性
長い落ちるよくなるよくなる
短いよくなる落ちる落ちる

リアセンターが短いほうが、ペダリングしたときの加速性は上がるというか、ダイレクト感が増すイメージ。
そのため、レーシングバイクでは短めにするのが主流です。
加速性と旋回性を重視するといいますか。
レーシングバイクのほとんどは、リアセンター長が410mm以下に設定されています。

逆にエンデュランスバイクでは、リアセンターを長めに取り、直進安定性や振動吸収性を重視する傾向になります。
大体見ていると、レーシングとエンデュランスの境目は410mm程度なのかなと分かります。

実例

適当に各社のレーシングバイクとエンデュランスバイクを比較してみます。

ブランド車種タイプリアセンター長
ラピエール(DISC)AIRCODE DRSレーシング405mm
XELIUS SLレーシング405mm
PULSIUMエンデュランス412mm
トレック(DISC)EMONDA SLRレーシング410~412mm
DOMANE SLエンデュランス420~425mm
ジャイアント(DISC)TCR ADVANCED SLレーシング405mm
DEFY ADVANCED PROエンデュランス420mm
スペシャライズド(DISC)TARMAC SL7レーシング410mm
ROUBAIXエンデュランス413~415mm
LOOK795 BLADE RS DISCレーシング415mm
795 BLADE RSレーシング405mm
785 HUEZ RS(リム・DISC)レーシング405mm
765 OPTIMUMエンデュランス410mm
メリダ(DISC)SCULTURAレーシング408mm
SCULTURA ENDURANCEエンデュランス418mm
キャノンデール(DISC)SYSTEMSIXレーシング405mm
SINAPSE CARBONエンデュランス410mm
SUPERSIX EVOレーシング408mm
ARGON18GALLIUM CS DISCレーシング415mm
GALLIUM PRO(リム)レーシング406~408mm
KRYPTON GF(DISC)エンデュランス417~420mm
ピナレロDOGMA F12DISKレーシング406~411mm
PARIS DISKレーシング(コンフォートエアロ)415mm
DOGMA FSエンデュランス415mm

トレックについては、昔からリアセンター長を長めに取る傾向にあります。
理由は・・・よくわかりませんw
長めに取ると、チェーンが斜めになる角度が減るので、変速性能もちょっとだけ良くなったりします。

ピナレロは2021年モデルとして、PARIS DISKを出してますが、カテゴリとしてはレーシングに入れながらも、【コンフォートエアロ】と銘打った新しいジオメトリだとしてます。
そのため、プリンスディスクに比べても長めのリアセンター長を取っているのがポイント。

ちなみにクロスバイクだと、かなり長めに取っている車種もあります。
例えば、コーダーブルームのRAILシリーズはかなり長いリアセンターが特徴で、450mmあります。


シートチューブと後輪の隙間がかなり開く。
フレームが拭きやすいという謎のメリットはありますが。

ジャイアントのエスケープRXシリーズだと、425mmなのでクロスバイクとしては短めに取る傾向があります。
同じようなクロスバイクでも、ここの差により乗り味は結構違う。

で、長いとか短いとかでの変化ですが、あくまでも同じ素材、同じ形状のチェーンステイがあったと仮定しての話。
チェーンステイの形状や素材でも、シナリやすさなどは変わりうるので。

こちらはビアンキのインプルソ(アルミ)の残骸画像ですが、チェーンステイの形状はまっすぐ。

LOOK765(カーボン)だと、かなり外に開いているような形状。

素材、形状、厚み(太さ)などで剛性を変えることも出来るので、チェーンステイ部の剛性に関わるのは、ジオメトリとしての長さ、素材、形状、厚みなどが関係してきます。

LOOK765はエンデュランスバイクですが、リアセンターは他社のエンデュランスよりもちょっと短めで410mm。
トレックとかジャイアントとかは、エンデュランスバイクのリアセンターは結構長く取る印象があり、ジャイアントのDEFYとか420mm。

ジオメトリを見るときは、サイズ選びとしての指標がまず第一。
リアセンター長やBB下がり、フォークのトレイル量などは、フレームの方向性をある程度示す指標になる。

恐らく初心者の方にとって、ジオメトリほど難解なものはないと思います。 いろんな数字が書いてあっても、その意味を理解することは初心者さんには...

先日もちょっと書きましたが、 2021年モデルのスクルトゥーラ リム400は、なぜか8サイズもあります。 同じくリム...

こういう細かいところは、恐らく一台目選びでは全く考えないポイントだと思います。
二台目以降を買うときに、一台目との比較で見るかな・・・という程度かも。

個人的にはあんまりリアセンターが長い自転車が好きな方向性とは違うようなので、ここは一つの指標にしてます。
【違うよう】というのは、長いから好みではないとも言い切れない車種もあったりするので、ここが悩ましいところでして。
実際に試乗してみると、ジオメトリから見て取れる印象と少々違う場合もあるので。

なので確実なのは、やっぱ試乗してみることなんですよね。
今年はコロナ禍で大規模の試乗会はほとんどないでしょうけど、ジャイアントストアとかだと試乗車が置いてあるので、そういうところに頼るしかないですね。

LOOKとかTIMEとかは、試乗車自体が無いことが多いです。
ショップレベルでも、最近は試乗車が無いケースが多いような気もするんですが、メーカー直営のショップだとだいたい何かはあります。