2021モデルのキシリウム、メーカーサイトが更新されていますが・・・なんか変。

2021年モデルから、マヴィックはタイヤの抱き合わせ販売をやめているわけですが、キシリウムもリニューアルされています。

2021年モデルから、マヴィックは大きく変わります。 カーボンリムはコスミックで統一され、アルミリムはキシリウムに。 202...

マヴィックホイールについて質問を頂きました。 今回、鉄下駄からのホイール交換を検討しており、 2021モデルのキシリウムSLディスクと ...

ようやくメーカーサイトにキシリウムSLとキシリウムSの情報が出始めたのですが、何か・・・変に思うのですが。

なぜですか?ホワイ?

まず、2020年モデルまでのおさらいから。

原則としてリムブレーキ版キシリウムだと、プロ、エリート、無印ともにスポーク数はフロント18本、リア20本。
ディスクブレーキ版は同じくフロント24本、リア24本でした。

細かいことを書くとこうなります。

ホイール名スポーク素材Fスポーク数F組み方Rスポーク数組み方
プロアルミ18ラジアル20イソパルス
エリートスチール
無印フリー側2クロス、反フリー側ラジアル
プロDISCアルミ242クロス24イソパルス
エリートDISCスチール
無印DISC2クロス

イソパルス組は、フリー側がラジアル、反フリー側が2クロスになっている仕様。
つまりキシリウム(無印)は逆イソパルス組。

で、公表されている新型キシリウムSLとキシリウムSです。

https://shop.mavic.com/ja-jp/rodo-toraiasuron/hoiru.html

ホイール名スポーク素材Fスポーク数F組み方Rスポーク数R組み方
SLスチール24ラジアル24イソパルス
S
SL DISC2クロス2クロス
S DISC

うーん、盛大に間違っているようにしか思えないんですが・・・

まずリムブレーキのキシリウムSLとSですが、スポーク数24本はさすがにない。
画像からすると18本っぽいのですが。

リアも24本は・・・違うんじゃないの?と思うのですが、大手サイクル系サイトの画像で見ると、リムブレーキ版のSL、数えた限りでは24本あるっぽい。

そんでもって、SLもSもイソパルス組??

リムブレーキ版、リアスポーク数が24本なら重量増加に向かうところですが、一体正しいキシリウムの姿はなんなのでしょう?w

ディスクブレーキ版は従来より24本スポーク仕様(前後とも)なのでいいんですが。

真相は謎

リムブレーキ用の完組の前輪で24本スポークは、正直考えにくい。
よくわからないことが多いというか、ショップレベルでも重量くらいしか書いてないことが多いので・・・

もうちょっと様子をみないとわかりませんね。

※この記事を書いたのは10月28日ですが、11月1日時点ではなぜかメーカーサイトのホイールのところが閲覧できなくなっています。
恐らくは修正中・・・なのかもしれません。
こちらで数えた限りでは、リムブレーキ版のキシリウムSLはF18本、R24本に見えます。