ライト付きサドルバッグで思い出したのですが、ビアンキにもそんなのあった。

ちょっと前にクラウドファンディングで、サドルバッグにリアライト付属のものがありまして。

https://japanese.engadget.com/lumis-100859269.html

私としてはある理由から全く興味が無いので買おうとは思いませんが、昔そんなのあったなぁと思い出したわけです。
ずいぶん前に持っていたんですけどね。

ビアンキのリアライト付きサドルバッグ

当時の画像が残っていないのでこちらを。

https://www.cycleurope.co.jp/2010/accessory/optional_parts/saddlebag.html

これどうしても欲しくていろんなショップに探しに行って、かなり怪しい小汚い店の隅で見つけたのを思い出しますw
当時はビアンキにかぶれていましたから・・・

私が持っていた奴は、上の画像とはちょっと仕様が違うのか、光る部分が【BIANCHI】となっていたような記憶がありまして。
探してみたらやっぱりそうだった。

これ厳密に言うと道路交通法上ではリアライトとしては認められない。
より正確に言うと、都道府県の道路交通法施行規則に違反するというか、ほぼ全ての都道府県ではリアライトの色は赤と決まっているので。
なのでこれを付けても、リアライトか反射板は別途必要になる。

ただこれ、ちょっと作りがしょぼくて。
電池はバッグを開けた中に入れる場所があって、配線とか見ると明らかなショボさが見て取れる。
最終的にこれを使わなくなった理由としては、サドルレールに括りつける紐の部分がちぎれたから。
走行中に。

布っぽいベルトなのでいつかは寿命が来るわけですが、2年くらいで終了したような記憶がある。

ちなみにこのサドルバッグ、売っていたのは恐らく9年位前です。
もうありません。

ちなみにですが、被視認性はかなりよかったので、もうちょっと頑張った製品を作って欲しかったというのが本音です。
なんかいろいろ惜しい商品でした。

もうちょっとガッチリした作りにして、リアライト部は赤色になっていればよかったのですが。
それにしてもビアンキ、この商品を改めて作る気は無いっぽいですね。

なんでだろ?

これだ!と思うものが無い

正直なところでいうと、サドルバッグについては消去法で選んでいるような気がします。
これだ!と思うようなものに出会ったことが無い。

このあたりでも良さそうなのかなと思うのですが、今使っているのも同じROSWHEELのサドルバッグ。


クラファンに出ているもの、耐荷重がどうのこうのとも書いてあるのですが、あの構造はいずれサドルバッグの重みと走行振動によって、折れると思う。
なのでサドルバッグについては、サドルレールとシートポストの二点止めのほうがいろいろ安心な気がしてまして。

どんなものでもいずれは壊れるのですが、あのシナる構造が好きになれないというか。
サドルバッグって、どうもピンとくるものが無いんですよね。
痒いところに手が届かないものが多い・・・というか。




コメント

  1. 琵琶湖の東側住民 より:

    いつも楽しみに読ませて頂いております。
    こういうアイデアグッズって、実際の使い勝手はともかくとして見ていて楽しいですね。
    ただ、この商品のサイトを見ていてちょっと気になったのが、真後ろからの映像や画像が無いんですよね。テールライトの第一の目的は反射板より見やすいことですが、肝心の視認性の確認が紹介映像から見えないという…この製品に限らず、重要な情報が抜けてる物って、なんか怖くて手が出にくいですね。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      言われてみれば、確かに探しても見当たらないですね・・・
      横から見えても、後ろからの状況が見えないと評価しようがないですねw

      ただこれ、構造的にはどうなんですかね。
      すぐに折れそうな予感しかしないのですが。