冬用サイクルパンツといえば、コスパ抜群のコレ。

既に少しずつ寒くなってきているわけですが、冬用のサイクルパンツについて。

もう何年もコレを使ってます。

もう既に売ってないようですが、これくらいの安物でも全然アリというか。

冬用サイクルパンツ

この手のものというとパールイズミさんが最大手だと思うのですが、冬用は特に値段が高い。
こちらはパールイズミの5℃対応のウィンドブレイクハンディタイツですが、

税込は12980円。
まあそんなもんといえばそんなもんですが、上で挙げたやつだと3000円台ですからね・・・
安物でも使えればそれでいいわけで。

ちなみに最初に挙げた奴と同じものではないかと思われるのがこちら。

質感、ポケットの位置、パッドの色や形、足首付近のジッパーなどいろいろ総合して考えても同じものにしか見えない。
中華系ブランドだとこういうことは普通に起こりうるんだと思いますが。

で、実際のところでいいますと、寒さ対策としては全然コレでいけます。
0℃くらいでも乗っていて寒いと思うような感じはほぼないです。
むしろ使う日を間違うと、暑いくらいですし。

裏起毛なので防寒対策はバッチリだが、気温が高めの日だとむしろ暑い。

ただしパールイズミなどのものと比べての話ですが、伸縮性はやや乏しい。
前にショップでパールイズミの実物を見て触ってみましたが、細かいところまで見ればメーカー品は当然ですがいいに決まっている。
ちょっとゴワゴワするのが難点といえば難点。
なんていうか、パンツの前面は防風素材だからなのか、結構ゴワゴワする感じはあります。
前側にジッパーつきのポケットが付いているのがゴワゴワする原因かもしれませんが、一度も開けたことは無いですねw

寒いよりはマシだし、値段から考えると全然アリですけどね。

安物サイクルパンツをひたすらチョイス

冬用になっている安価なサイクルパンツをテキトーに挙げていきます。




正直なところ、同じものではないのか?と思うようなものもあるんですが。
4000円弱のものでも冬場に乗るのにはそこまで寒いという感覚にはならない。

普段ウェア類にはほぼお金を使わないのですが、安物でも普通に使えます。
まあ、時々驚くほどダサイものもあるのですが・・・

冬場ってなかなか難しくて、コンビニとかで休憩中はやや寒いくらいのほうがよかったりする。
休憩中も暖かいだと、走行中は間違いなく暑い。
微妙な塩梅が本当に難しいのが冬場のロードバイク。

冬場は夏とは違った対策が必要になりますが、ウェアが重いのと空気自体も重いので、夏よりも走りも重い。
今年の冬は一段と寒いみたいですが、近年は特にこういうフェイスマスクして乗っている人も多いですよね。

私の場合、冬場のライドはナルーマスクF5sで、ヘルメットのインナーにこういうのを被りますが。

私が使っているのは、もっと安物です。
メーカーすら不明w
耳まで隠れるくらいのやつだと、冬場特有の耳が痛い問題も対処できます。

冬場って、雪国の人は乗れないのはしょうがないとして、サイクリストが異常に減るように感じます。
乗らない人って多いんですかね?

今年はコロナ問題もあるので、コンビニなどに入るときにマスクをしているのはマナー。
フェイスガードと一体化していれば冬場はラクチンです。