PVアクセスランキング にほんブログ村

【2018年モデル】FELT F75、F85、F95が既に登場。2017年モデルとの比較をしながら見ていく。

人気のFELTが、なぜか既に2018年モデルを売りに出しています
メーカーサイトではまだ2017年モデルしか出ていませんが、いくつかのサイトでは既に2018年モデルが売りに出ている上に、納期も早い。




とりあえず、人気車種であるF75、F85、F95について、2017年モデルとの相違点を踏まえながら見ていきましょう。

F75の2018年スペックと2017年モデルとの比較


【店内全品ポイント10倍 スマホでエントリー 6/17〜】ロードバイク フェルト 2018年モデル F75【シマノ105搭載】FELT ROADBIKE F-75【7005アルミフレーム】自転車【送料無料】【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】

販売サイトの情報で2018年モデルのスペックが書かれています。
メーカーサイトの2017年モデルとの比較でみていきましょう。

20182017
フレーム7005アルミ7005アルミ
フォークカーボン(アルミコラム)カーボン(アルミコラム)
FD105105
RD105105
STI105105
スプロケ105 11-28105 11-28
クランク105 50/34105 50/34
ブレーキシマノ BR-R561シマノ BR-R561
ホイールFELTオリジナル

(チューブレス可)

FELTオリジナル

(チューブレス可)

タイヤSchwalbe Lugano HS 471、23cVittoria Zaffiro Pro、 25c
カラーマットブラック、

マットホワイト

マットブラック、

マットホワイト

重量8.84キロ8.84キロ

見たところの印象ですが、2017⇒2018の変更点はタイヤくらいでしょうか。

フレームはフェルトが得意とする7005アルミ
ピュアレーサーらしいジオメトリで、なおかつ剛性が高い7005アルミを使っているので加速性は高いですね。

105で固めてきて、ブレーキのみシマノR561。
R561は105のブレーキよりは落ちますが、よくあるテクトロなどに比べたら天国です。
個人的にはR561でも十分な気がしますが、使ってみてブレーキの効きがもっと欲しいなら105以上のキャリパーに変えるというのもアリ。

先日の記事で、【105のフロントディレーラーがマイナーチェンジしてFD-5801に変わった】ことをお伝えしましたが、2018年モデルのF75に旧型(5800)のフロントディレーラーがついているのか、新型(5801)のフロントディレーラーがついているのかはわかりませんでした。
勝手な予想ですが、恐らくは5801だと思います。
もしくはフロントディレーラーの在庫があるうちは5800(旧型)で、在庫切れになったら5801(新型)に切り替わるか。

気になる人は購入前に確認したほうがいいでしょう。

105搭載で加速性が高いバイクが欲しいという人は、F75は非常に良い選択肢だと思います。
実売14万程度で、ピュアレーサーバイクってそんなにないので、剛性が高いF75はオススメできる一台と言えます。

※まだメーカーサイトでは2018年モデルのスペックが出ていませんので、パーツスペックは変更になることもあります。

F85の2018年スペックと、2017年モデルとの比較


【店内全品ポイント10倍 スマホでエントリー 6/17〜】ロードバイク フェルト 2018年モデル F85【シマノTiagra搭載】FELT ROADBIKE F-85【7005アルミフレーム】自転車【送料無料】【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】

20182017
フレーム7005アルミ7005アルミ
フォークカーボン(アルミコラム)カーボン(アルミコラム)
FDティアグラティアグラ
RDティアグラティアグラ
STIティアグラティアグラ
スプロケティアグラ 12-28ティアグラ 12-28
クランクティアグラ 50/34ティアグラ 50/34
ブレーキティアグラティアグラ
ホイールFELTオリジナル

(チューブレス可)

FELTオリジナル

(チューブレス可)

タイヤSchwalbe Lugano HS 471、23cSchwalbe Lugano HS 471、23c
カラーマットブラック、

マットホワイト

マットブラック、

マットホワイト

重量9.17キロ9.17キロ

F75とF85の違いですが、要はコンポの違いです。
F75が105(11s)であるのに対し、F85ではティアグラ(10s)にしているということ。
フレームやフォークは全く同じものです。

一昔前のFELTって、ブレーキをケチっている印象があったのですが、近年は真面目にシマノ。
効きが向上してきているティアグラのブレーキです。

ホイールは11sにも対応しているので、105以上のコンポに組み替えるときもホイールの交換は無しでできます。

フレームがいいので、加速性を楽しみたい人にはいいモデルだと思います。
105搭載のF75との価格差が少ないので、105にこだわりを持つ人はF75のほうがオススメ。

F95の2018年スペックと、2017年モデルとの比較


【店内全品ポイント10倍 スマホでエントリー 6/17〜】ロードバイク フェルト 2018年モデル F95【シマノSORA搭載】FELT ROADBIKE F-95【7005アルミフレーム】自転車【送料無料】【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】

20182017
フレーム7005アルミ7005アルミ
フォークカーボン(アルミコラム)カーボン(アルミコラム)
FDソラソラ
RDソラソラ
STIソラソラ
スプロケSUNRACE 11-28SUNRACE 11-28
クランクソラ 50/34

シマノFC-R345

50/34

シマノFC-R345 50/34
ブレーキソラソラ
ホイールFELTオリジナル

(チューブレス可)

FELTオリジナル

(チューブレス可)

タイヤVittoria Zaffiro、700c x 25cVittoria Zaffiro、 25c
カラーマットブラック、

マットホワイト、

マットレッド

マットブラック、

マットホワイト、

マットレッド

重量9.31キロ9.31キロ

まずフレームとフォークについては、上位モデルのF75、F85と同じです。
コンポをソラにしてコストダウンしたのがF95ということです。

販売サイトでは【BB オクタリンク】と書いてありますが、クランクが2017年と違ってソラ(R3000)になっているので、ホローテック2の間違いかと思います。
ソラはR3000になってから、見た目も良くなりましたよね。

※クランクはFC-R345継続のようです。

触角ワイヤーが内蔵型に変わり、クランクのデザインもかなり良くなった印象。

上位のF75,F85と違う点で、ホイールの違いがあります。
どれもFELTオリジナルホイールなのですが、このF95ではリアハブがクラリスです。
クラリスのハブなので、11sスプロケには対応していません。
そのため、105以上のコンポに載せ替えするときは、リアホイールの交換が必須になります。

実質10万以下で買えるピュアレーサーバイクってほとんどないので、10万以下で爆速体験したい人にはオススメの一台です。

よく勘違いする人が多いので書きますが、コンポの違いは速さとは関係ありません。
コンポの違いで出るのは、変速時の快適性とかレスポンスです。
デュラエースだから速いということは一切ないのでご注意を。

コンポのグレードが上がると、コンポ自体が軽いので必然的に完成車の重量も軽くなります。
しかし、105搭載のF75とソラ搭載のF95での重量差は500mlのペットボトル一本分くらいしかありません。

低価格でいいロードバイクが欲しい人にはオススメの一台です。
コンポにこだわりがないなら、あえてソラ搭載のF95を買って、ホイールをそこそこのものに変えてあげるというのもアリかと。

7005アルミの剛性が高いフレームなので、低価格ながらも剛性が高めのフルクラム レーシング3とか、マヴィックのキシリウムエリートあたりに変えてあげるのもオススメです。


Fulcrum – Racing (レーシング) 3 クリンチャーホイールセット

重量F670g,R885g

1555g(ペア)

リムハイトF25mm、R30mm
対応タイヤクリンチャー
23cタイヤ
スポーク数16/21
対応スピードシマノ8-11s

重量F680g,R870g

ペア1550g

リムタイプISM 4D

(ワイドリム17㎜)

リム高F24mm,R26mm
スポーク素材スチール
スポーク数F18、R20
付属タイヤイクシオンプロ25c

(210g)

対応タイヤクリンチャー

サイクリングエクスプレスでキシリウムエリートを見る

FELT Fシリーズ(アルミ)の総括

見た印象では、2017年モデルとの大きな違いはありません。
相変わらずコスパがいいバイクという印象です。

FELT Fシリーズ(アルミ)の特徴ですが、やはり7005アルミという剛性が高いフレームを使っているという点でしょう。
これが重要なポイントで、持った重さ(重量)はそこそこあるものの、踏み込んだ時の加速感は秀逸です。

なのでF75、F85、F95が向く人というのは【俺、ガッツリ走るぜ?】というタイプの人です。
まったり走りたいという人には、向かないかもしれませんね。




コメント

  1. 名無しさん より:

    貴重なこの時期での18MYの情報ありがとうございます。
    私は某ショップにて2018MY仕様のF75を購入しましたが、タイヤはSchwalbe Luganoになっていましたが、フロントディレーラーは直付ではなかったので旧仕様でした。

    • roadbikenavi より:

      コメントいただきありがとうございます。

      直付ではなかったので旧仕様とのことですが、105のマイナーチェンジしたFDは直付タイプとバンドタイプの二つがあり、アルミフレームならだいたいはバンド式です。
      なので旧仕様かどうかはそこで判断するのではなくて、見た目でどっちが付いているかの判断になりますよ。

      • 名無しさん より:

        初心者な者で、ご指摘ありがとうございます。

        内蔵型?では無かったので旧型かなと思います。

        このサイトでの旧型の写真と同じでした。

        • roadbikenavi より:

          コメントありがとうございます。

          自転車屋の話ですが、新型のメリットは【組み付けが下手な人でも安定して性能が引き出せる】という点だけらしく、旧型でもきちんと組み付けていればFDの引きは変わらないそうですよ。
          ですから、旧型だからダメという話でもないかと思います。

  2. 初心者 より:

    FELT F95 2018を購入するつもりで、調べたところ、クランクセットはSORAではなく、FC-R345の様なのですが、実際にSORAが搭載されているのでしょうか?

    • roadbikenavi より:

      コメントいただきありがとうございます。
      販売店のサイトにはそう書いてありましたが、詳しいことはメーカーにお問い合わせください。

      ただクランクがソラだろうとR345だろうと、性能的には変わらないと思いますけど。