【2021】BIANCHI ARCADEX。ビアンキ初のカーボングラベルロード。

ビアンキのグラベルロードというと、なぜかアルミフレームとクロモリフレームしかなかったのですが。
ここにきて、カーボングラベルバイクのAECADEX(アルカデックス)を登場させました。

2021 BIANCHI ARCADEX

http://www.japan.bianchi.com/

アルカデックスと名付けられたグラベルバイクは、フレーム重量1100g、フォーク重量480g。
今までビアンキのグラベルロードというと、IMPULSO ALLROAD(アルミ)、VIA NINORE ALLROAD(アルミ)、ORSO(クロモリ)しかなかったのですが、ここにきてやっとカーボンフレームで登場です。
オフセットシートステイを採用するなど、剛性と振動吸収性のバランスにも気を使った一台と言えそうです。

カラーは二種類。
上のチェレステ系のほか、ゴールド系の二種類。

http://www.japan.bianchi.com/

アルカデックスですが、完成車販売のみです。

GRX810完成車GRX600完成車
クランクFC-RX810-1 40TFC-RX600 40T
STIST-RX810ST-RX600
スプロケSLX CS-M7000 11-42T
RDRD-RX812
ブレーキBR-RX810(油圧ディスク)BR-RX400(油圧ディスク)
ホイールALEXRIMS+シマノハブ手組
タイヤWTB RIDDLER COMP 700X37C
値段(税別)52万42万

完成車は、フロントシングルのシマノGRX完成車のみとなります。
ここは結構攻めてきたというか、完成車はフロントシングルのみ。
なのでスプロケはワイドに11-42Tになっています。

GRX800系は、ロードだとアルテグラ相当。
600系は105相当とみていいのですが、アルテ(相当)完成車で52万なので、ビアンキのホンキっぷりが発揮されているというか。
オルトレXR3アルテグラディスクが、46.8万(税別)なので、それよりも上位というイメージなのかと。


タイヤクリアランスは、700cで42c相当まで。
650Cで47相当までとなっていますが、650cではなくて650bなんじゃないかという気もするのは気のせい??

泥除けやキャリア装着のためのダボ穴は当然装備してます。
このあたりは、グラベルバイクではもはや常識的にあってしかるべきもの。

ロゴが・・・

これはウィリエールのグラベルバイクとかもそうなんですが。

WILIERでグラベルロードと言うとあまりイメージが沸かない人のほうが多いかもしれません。 WILIER自体、取扱店が少ないのであまり一般...

グラベルバイクだと、なぜかロードバイクとはロゴが異なるメーカーも・・・ある。
ロードバイクではダウンチューブに大きなロゴですが、今回登場したアルカデックスは、だいぶ控えめなロゴですね。

こっちのカラーだと、遠くから見てビアンキだと思われないというか。

http://www.japan.bianchi.com/

ヨーロッパの傾向は、こういうデザインのほうがウケているのでしょうか?
いや、LOOKのグラベルバイクとかは大きくLOOKだし。

LOOKは何年か前から、本国ではグラベルロードを販売してました。 日本では取り扱いが無かったのですが、2021年モデルからは正規に登場する...

フルカーボンのグラベルロードを出してきたビアンキですが、値段がちょっとお高め。
105相当のGRX600系でも42万(税別)ですし。

この価格帯で出してきたということは、ビアンキなりのホンキ度の高さの表れなのかもしれません。

ちなみにジオメトリを見る限り、走り自体はレーシーな方向性が結構出ているかもしれません。
もちろん、グラベルロードの中ではという括りの中でですが。

同じくグラベルバイクのIMPULSO ALLROADでは、リアセンター長が437~440mmと結構長め。
VIA NIRONE ALLROADも同様です。

アルカデックスは、リアセンター長425mmmとなっているので、グラベルバイクとしては短めにしているのも特徴で、走りの軽快さと反応性も求めているのかなと。
メリダSILEXで430mm、LOOK765グラベルRSはなぜかさらに短い420mmとなっていますが。

グラベルロードという括りの中でも、このあたりで乗り味の違いは結構出そうな予感。
バリバリ走りたいなら短めで反応性が高いほうが楽しそうですし、ツーリング的に使うなら、むしろリアセンター長を長めに取っているIMPULSOなどのほうが荷物を積載したときの安定性は良さそうな。