【2021】MAVIC COSMIC SL 32 DISC。昨年まではキシリウムプロカーボンでした。

マヴィックは2021年モデルから、カーボンリム=コスミック、アルミリム=キシリウムと名称変更しました。
かつては、ローハイトリム=キシリウム、ディープ系=コスミックだったわけですが、名前の変更によりキシリウムがコスミックになるという珍事を遂げたのが、COSMIC SL32 DISCです。

これはなかなかの珍事でして、昨年まで佐藤さんだったのが今年から田中さんになるのと同じくらいの衝撃度と思えばいいでしょう。

ただし、名前を変えただけではなく、グレードアップして登場してます。
つまり、佐藤さんが田中さんになっただけでなく、ネオ田中さんとしてグレードアップしたのがコスミックSL32 DISCです。

MAVIC COSMIC SL32 DISC

まあ、名前の変更により、末尾の数字を見ればリムハイトがわかるようになったので、これは歓迎すべきポイント。
昨年まであったキシリウムプロカーボンDISCは、リムハイトは32mmでした。

コスミックSL32となっているので、当然リムハイトは32mm。
単に名前が変わっただけではないです。
重量が一気に軽くなっているのもポイント。

2020キシリウムプロカーボンDISC2021コスミックSL32 DISC
フロント重量750g692g
リア重量870g807g
ペア重量1620g1499g
値段(税別)24万16万

メーカーサイトによると、先代よりもリムを80g軽量化したとあります。
80g違うともう別物のホイール。

正直言いますと、キシリウムプロカーボンDISCって微妙な存在だと思って見てました。
キシリウム=ローハイトなわけで、そうなると求められるのは軽量性。
しかもカーボンリムなんだから、軽くあって欲しいのは誰しもが思うこと。

けど、キシリウムプロカーボンDISCの重量は、1620g。
ディスクブレーキ用だから重くなるとしても、キシリウムで、カーボンリムで1600g台はさすがにユーザーに訴えかける要素が微妙だなと・・・

コスミックSL32は、1499gとギリギリ1400g台に収めてきました。
まあ、個体によっては1500g台にはなるでしょうけどw

ちなみに、スポークパターンはキシリウムプロカーボンDISCと同じく、前後とも2クロス。
2021モデルからはタイヤが付属しなくなったとはいえ、ここまで安くなった上に、さらに軽量化までされているのがポイントです。

コスミックSL32DISCはリムテープが必要です。

MAVIC COSMIC SLR32 DISC

昨年までのキシリウムプロカーボンだと、SLがリアはイソパルス組、無印は2クロスとなってました。
2021年モデルのコスミックSLR32 DISCは、昨年までのキシリウムプロカーボンSL DISCの流れになるわけですが、リアは2クロス組に変更されています。

2020キシリウムプロカーボンSL DISC2021コスミックSLR32 DISC
フロント重量685g640g
リア重量810g770g
ペア重量1495g1410g
リアスポークパターンイソパルス組2クロス
値段(税別)32万25万

昨年まではキシリウムプロカーボンSLと無印では、スポークパターンの違いがありましたが、2021コスミックについては、SLRはリムテープ不要のFOREテクノロジー採用リム、SLはリムテープが必要な従来形式のリムとなります。

コスミックSLR32DISCについても、かなり安くなった&軽量化されたわけなので、2020年モデルのキシリウムプロカーボンを買った人はなんとも悔しい気持ちかもしれません。

それにしても、ローハイトのカーボンホイールって今は需要がない・・・のでしょうかね??
カンパニョーロもハイペロンが廃盤になって久しいですが。