結局のところ、両方試したほうが絶対にいいと思うペダルの話。

ちょっと前に何だったか思い出せませんが、ロングライドにはSPDペダルのほうがオススメみたいな記事が出てました。
気になって探してみたら、一発で出てきましたw

これですね。

https://cyclist.sanspo.com/538304

この記事、前提を見逃している人がいるように思ってまして。

クソ面倒なので、SPD、SPD-SLはシマノだけを意味しないで、二つ穴系、三つ穴系という意味で書きます。

好きなほうを使えばいい

私自身、元々はシマノSPDを使っていて、それ自体はクロスバイクの頃からです。
ロードバイクに乗り換えてもしばらくはSPDでしたが、ある時からTIMEのロードペダルに変えています。

で、どっちも使っていたことがあるわけで、どっちのいいところも、どっちの悪いところも知っているわけです。
SPDは歩きやすいのがメリットですが、どうしても点で踏む感じになりがちだし、構造的にシューズもやや重くなる。
SPD-SL系はオンロードで最速で走ろうと思うなら、間違いなくSPDより優れている。
けどどうしても歩きにくいし、クリートが樹脂製なので擦り減る分、ランニングコストが掛かる。
SPDのクリートなんて、金属製だし、シューズの底に隠れているので擦り減りもほとんどない。

結局、両方のペダルを同時に使うことは出来ないので、好きなほうを選べばいい話だとしか思っていません。
同時に使うことは出来ないと書きましたが、かなりイカれた人なら、左はSPDで右はSPD-SLとか出来なくはないですがw
何のメリットがあるのかすらわかりませんし。

ロングライドではSPDがオススメですよ!という記事を見て、そうだなと思う人もいれば、いや無いわと思う人もたぶんいる。
ただこういうのって、根本的には両方を試して自分で決めてくれと思ってます。

前提

記事を書いた人を見ると、SPD-SLもSPDも両方使ったことがあるという前提になっています。

最初からSPD-SLを使っている人も多いと思うんですが、たぶんですが、それほど歩きにくいという感覚は今はない人が多いんじゃないでしょうか?
というのも、スニーカーと比較すれば、当然歩きにくい。
それは誰でもわかると思いますが、SPD-SLしか使ったことが無い人からすると、その状況に慣れているわけなので、そんなもんだろくらいにしか思ってないと思うんですよね。

そりゃ、SPD-SLで連続1キロ歩けとか言われたら、正直面倒なので拒否します。
けど、輪行で駅構内をちょっと歩くだけとか、そこまで不便かと聞かれると、そうでもなかったりする。

SPDしか使ったことが無い人にとっては、SPD-SL=歩きにくいという評判自体は知っていても、それがどれくらいなのかを実体験として知らない。
歩きにくいよね、という言葉はイメージで来ても、実体験は知らないわけです。

両方使ったうえで、自分に合うのはどっちなのかを選んだほうが絶対にいいと思うんですよね。

記事の執筆者は、両方使った上で、ロングライドならSPDが【自分には向いている】と感じている。
私自身は、両方使った上で、輪行だろうとロングライドだろうと、SPD-SL系のほうが向いていると思っている。

そりゃ、輪行先で登山するとか、ハイキングするとか意味不明な状況があるなら、SPDを選ぶかもしれませんがw
まあ、そんな場面自体が無いのでわかりません。
そもそも登山するならSPDでも危険でしょうし。

私自身、こんな感じで運用しています。

SIDIシューズ用の、アップヒールという底上げパーツです(SIDI製ではないです)。

SIDIのシューズは、ヒール部分を取り換えることが可能です。 ヒールは磨り減っていきやすいので、交換できる構造なのはシューズ自体を長持ちさ...

これ、歩きやすさを追求して付けているわけではないです。
SIDIの純正ヒール、きちんとチェックしていないとネジの頭が削れてしまい、ドライバーが掛からなくなるという面倒な事態になることがあります。
アップヒールだと、ネジの頭が引っ込んでいるので、

ネジ頭が削れるということが無いだけの話。
歩きやすくするために使っているわけでもなくて、たまたま歩きやすくなったというだけ。

SPD-SLでも、こういうのを使えば多少は歩きやすくもなるし。

一番大切なのは、両方使った上で、どっちが自分に向いているかを知ることなんじゃないですかね。
どうも脊髄反射的に、ロングライド=SPDがいい!と読む人がいたので、そういう話ではないと思うんですよ。
両方使った上で、自分に合うのはどっちなのか?というだけの話だと思うんですが・・・

試すだけなら中古でも

単に試したいだけなら、中古で激安のペダルでも探してきて使ってもいいでしょうし。
ただし、メリットを探るわけなので、SPD/SPD-SLの兼用シューズだけは無しです。

兼用シューズって、SPDのメリットが全く生かせない。
SPD専用シューズって、このようにクリートがシューズの底から出っ張らないために歩きやすいわけです。

※長年使ってないのでクリートが錆びてますw

兼用シューズってSPDで使うときには出っ張るので、SPDのメリットを全く生かせない。

一言でロングライドと言っても、どれくらい歩くのかも人それぞれ違う。
歩くことが多少面倒でも、ロードバイクとしての走りを重視したい人もいる。
いや、とにかく歩きやすさを重視したいという人もいる。

なので両方試して自分に合うものを選ぶ、というのが一番大切。
もちろんですが、今使っているペダルに何ら不満が無いなら、無理に変える必要もないですがw