PVアクセスランキング にほんブログ村

ビアンキのカラーオーダーシステム【TAVOLOZZ】が大幅値上げという話。

2021モデル

ビアンキには、ごく一部のモデルについてはカラーオーダーできるシステムのタボロッツァというものがあります。
まあ、対象になっているのはハイエンドモデルだけなので、これを利用している人自体少ないのかもしれませんが・・・・

 

ビアンキの公式サイトでは、タボロッツァの値上げが出てました。

TAVOLLOZZ値上げへ

ビアンキのカラーオーダーシステム 『TAVOLOZZ (タボロッツァ)』 は、本国での価格改定に伴い日本国内においても、2021年2月1日以降の受注より、価格を\68,000に改定させていただきます。

 

2021年1月31日までの受注は、現行価格 \38,000(税別)となります。
2021年2月1日以降の受注より新価格 \68,000(税別)となります。

 

blank
301 Moved Permanently

3万円の値上げとみると、対象のロードバイクの価格からすると微々たるモノ(?)となりそうな気もしないでもない。
38000円⇒68000円(ともに税別)と見ると、ずいぶん値段を上げてきたなと・・・

 

タボロッツァの対象は、ロードバイクではスペシャリッシマとオルトレXR4のみ(ディスク、リム両方ね)。
あとはTTバイクのAquila CVとMTBのMethanol CV RSが対象。

 

1月末までの受注なら38000円(税別)だそうですので、欲しい方は今のうち。
まあ、納期ってどうなるんですかね。
コロナ禍では相当遅れそうな予感すらしますが・・・

カラーオーダーシステム

トレックにもプロジェクトワンというシステムでカラーオーダーできる車種もあります。
ただしこれもハイエンドモデル中心のサービス。

 

安価な価格帯でカラーオーダーがあるのは、アンカー。

 

ANCHOR(アンカー)というブランドの良さ。カラーオーダー出来たりパーツ変更が容易!
ANCHOR(アンカー)というブランドは、皆さんお馴染みのブリジストンのレーシングブランドです。 アンカーの良さですが、一番のメリットは低身長の女子でも乗りやすいフレーム設計であるということですが、私なりに評価している点としては、10...

 

あとパナソニック(クロモリ・チタン)もカラーオーダーがあります。

 

パナチタン、ちょっと欲しくなった話。
これを書くとホンキモードで怒られるかもしれませんが、今までパナソニックのロードバイクって、私の頭の中では完全に興味の対象外でした。 パナモリ、パナチタンとあるわけですが、本当に怒られること承知で書きますと、メーカーサイトに乗っているカラー...

 

アンカーだと10万円台のロードバイクでも、カラーオーダーできたりする。
まあ、ビアンキやトレックのハイエンドモデルのカラーオーダーに比べると選択出来る幅は少ないですが・・・

 




コメント