新品のチェーンはそのまま使う派。

チェーン交換したことがある人ならご存知のことと思いますが、新品のチェーンにはやたらネットリしたグリス(?)みたいなのがついてます。
素手でチェーン交換すると、ネットリ度がよくわかる。

新品チェーンについている油分を、落としてから新たに注油して使う派の人もいますが、私は最初の数百キロはそのまま使う派です。

新品チェーンのグリス

シマノ的にも、新品チェーンについているグリスはそのまま使ってくれというアナウンスが出ているはず。
確か理由としては、製造過程で出来たごく僅かな金属バリがあるので、最初のグリスは金属バリによる磨耗を防ぐみたいな話だったような。
最初のグリスを落とすと、耐久性が落ちるみたいな話だったはず。

ただ実態として、最初のグリスはネットリしすぎていて嫌いだから落とす派も多いはず。
私も昔は一度ディグリーザーで脱脂して、それから使ってましたし・・・
それにより耐久性が落ちたという感覚は特に無いです。

こちら、新品チェーンの余りを分解したものですが、

触ると全体的にネットリしてます。
別に落としてから使っても問題が起こりそうな予感はしませんが、きちんと内部まで注油してから使うことが大切。
オイルをつけたら、しばらく放置して浸透させる。

前にも書いたように、ディグリーザーで脱脂したなら、きちんと水で流してディグリーザー成分をチェーンの内部に残さないことが大切。

前にも何度か書いてますが、 チェーン洗浄で使ったディグリーザーとか、遅乾性クリーナーなどの話。 元々の流れ 自分自...

ディグリーザー成分が残っていると、注油しても分解されていきますので・・・

チェーンのグレード

シマノチェーンにはグレードがあり、11速だとデュラ、アルテ、105とあるのですが、ぶっちゃけていうと乗ってみた違いは明確ではありませんw
10速時代は結構違うように感じてましたが・・・

デュラチェーンにしたら変速がよくなった!という話も聞くのですが、これって古くて伸びたチェーンを、新品チェーンに変えたからという効果のほうが大きいと思います。
伸びたチェーンでは変速性能も落ちていますから・・・

理屈の上では、デュラチェーンはフルシルテック加工なので、抵抗性が低いといえます。
まあ少しでも駆動抵抗を減らしたいならデュラエースのチェーンがいいでしょうし、使ってみて違いが分からないなら105とかでもいいような。

シマノ11速用チェーンには、デュラエース、アルテグラ、105と三つのグレードのチェーンがあります。 デュラエースはCN-HG901、アルテ...

まあ、一部分だけデュラ化するとテンションが上がるという人もいますし、デュラ化の中でも安価で済むのがチェーンですから、気持ちの問題としてチェーンだけデュラエースというのもアリといえばアリ。

チェーンの寿命

チェーンの寿命は何千キロ、みたいなことが言われますが、乗り方によっても変わります。
簡単に言えば、重いギアでゴリゴリ乗る人のほうが寿命は短いです。
登りのほうが負荷も大きいですし、メンテナンスの頻度や方法次第でも変わります。

先日も少し書いたように、

ちょうどチェーン交換の時期だったので、せっかくなのでチェーンを分解。 普段やっているチェーンの洗浄方法で、表面の汚れは綺麗サッパリしていま...

しっかり洗浄して注油してということをやっていれば、長持ちしやすい。
ロードバイクでチェーンを錆びさせるのは、論外です。
ママチャリだとサビサビのギシギシチェーンのまま乗っているババアとかたくさんいますが、ロードバイクではさすがにみかけないですね・・・

新品チェーンの油分は、最初はそのまま乗ることがいいです。
ちょっと経ってから洗浄と注油のほうが、理屈的には耐久性が上がるみたいな話ですので。
まあ、新品チェーンを洗浄して使う場合とそのまま使う場合を比較したときに、劇的に耐久性が上がるような感覚は一切無いので、何が真相なのかは不明なんですけどね・・・