あえてチェーンをダウングレードさせて、変速性能が上がる話。

先日もちょっと書いたように、チェーンをアルテグラ⇒105にあえてダウングレードさせました。

ちょうどチェーン交換の時期だったので、せっかくなのでチェーンを分解。 普段やっているチェーンの洗浄方法で、表面の汚れは綺麗サッパリしていま...

チェーン交換したことがある人ならご存知のことと思いますが、新品のチェーンにはやたらネットリしたグリス(?)みたいなのがついてます。 素手で...

結果として変速性能は上がります。
当たり前の話。

ダウングレードで性能アップ

性能アップというのは厳密には間違いです。
単に使い古して伸びたアルテグラさんから、新品の105さんに変えただけの話ですから。

伸びたチェーンが新品に勝てるわけもない。
単にそれだけの話。

画像を撮り忘れましたが、古いチェーンは当然伸びてました。
2リンク分、くらいなんですが。

よく、

いろんな人
いろんな人
105からデュラエースのチェーンに変えたら、変速がよくなった!

こういう声は聞きます。
まあ、古くて伸びたチェーンと新品チェーンの違いではないのか?というのが一つ目の疑問。
純粋にグレード間での差を知りたいなら、新品同士で比較するしかないはずなんですよね。

私なりに感じていることなんですが。
デュラエースと105のチェーンでは、チェーン洗浄機に入れて回した最初の抵抗感が違うように思ってます。

初動については、デュラエースだと最初から軽く回るのに、105だと最初はブラシの抵抗で硬く感じる。
まあ、10速時代のチェーンの話です。
走ってみての抵抗についてはよくわからないのが本音ですが、洗浄機で回した初動だけは全然違う。

理論上は、フルシルテック加工されたデュラエースのほうが当然駆動抵抗は低いです。

考え方次第

チェーンのグレードは安全性とは特に関係ないので、今回は安いほうの105でもいいかと思いまして。
耐久性も、フルシルテック加工されたデュラエースのほうがいいという話も聞いたことがありますが、実際どうなんですかね。

外を走って見るとわかりますが、やっぱ新品はいいわーと思える。
伸びちゃうとやっぱチェーンはダメですね。
といっても凄く伸びていたわけでもないんですが。




コメント

  1. 白石 より:

    以前、wippermannというメーカーが12種類のチェーンの耐久実験をやっていたみたいです。
    それによると、デュラのチェーンの方が105よりも2~3割伸びにくいようですね。
    マメにチェーンを変えたい方は105、長く使いたい方はデュラ、という選び方もアリかもしれません。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      あれ、そんなに違うんですね。
      実際のところ、本当に2,3割も差が出るのか疑問に思うところはありますが・・・