PVアクセスランキング にほんブログ村

マイルールを破るといいことが無い。濡れた路面&夜間ライド。

先日、15時くらいまで雨の予報だったので、晴れて路面が乾いてから夜間ライドにしようと思ってました。
もちろん、距離は控え目で。

マイルールでは路面が濡れているときには極力乗らない方針なので。

雨が止まず

14時くらいに晴れてきたと思って、それから乗る準備を始めていたのですが。
また雨が降り出す。

諦めてローラー台に。

ローラーに乗っていたら晴れてきたので、もう2時間も経てばだいぶ乾くだろと思い、いったんローラー台を止めて外を走る準備へ。

ベランダが完全に乾いているし、地面もほぼ乾いている風だったので、外が暗くなり初めでしたが一時間くらい外でも走ろうかと。

乾ききらず・・・

blank

外に出てみて、ほぼ乾いている風だったのですが、大通りに出てみたらまだそこそこ濡れている。
まあ無理しない程度にしようと、27キロ程度の速度で1時間半くらい乗りました。

まあ、途中からお尻が少し冷たい感じがあったので、後輪が跳ね上げてますよねw

前に、つくば霞ヶ浦りんりんロードで、濡れた路面を走って盛大に事故を起こした報道がありました。

blank
何度か書いている、つくば霞ヶ浦りんりんロードでの集団事故の話。 この件、当初の報道を見る限り、ロードバイクでの...

これは普通の路面ではなく、ウェット&カラー舗装&苔みたいなので滑りやすい状況だったわけなので、一般道とは違うのですが、それでも濡れた路面はいいことが無い。
明らかに普段よりも滑りやすくなりますし、それでいて夜間なので、本当なら全くオススメしない状況。

走り慣れた周回コースを、速度を上げずに1時間半程度だけ乗りました。

滑りそうな感覚はなかったですし(←結果論)、交通量もそれほどでもなかったですが、本当は止めておいたほうがいいんだろうなと。
どうせ帰ったら、バイクが泥だらけになっているのは確実ですし。

実際、帰宅後はこうです。

blank

普段ならウェットティッシュが2,3枚で済むところ、余裕で10枚以上消費。
砂だらけなので、拭くたびに床に砂が落ちるので、掃除機も掛けないと・・・

blank

こういうのって、とりあえず結果論としては何事もなく帰ってこれましたのでOKと言えるのでしょうけど。
リスク回避のためには、この日はもう2時間くらい経ってから乗り出すべきだったか、それかローラー台のみで終了にすべきだったなと反省。

結果論で事故がなかった、というのは無能な証拠。
事故に遭ってから後悔するだけなんで、やめておくのが正解だったなと反省。

夜間ライドのライト装備

この日はフロントライト2本体制で、リアライトは合計3つ体制。

ライト 状態
フロント ALLTY2000 点灯
RN400 点滅
リア RN120 点滅
RAPID MICRO AUTO
バーエンドライト

フロントはこんな感じ。

blank

リアはこんな感じ。
バイクが傾いているので映り方が微妙な気もするけど。

ALLTY2000はバッテリー容量が大きいので、残量が低めでしたが1時間半なら全然持つ。
残りランタイムをデジタル表示してくれるのもありがたい。

blank

まあ、念のためバックポケットにRN1500も入れてます。

blank

blank
オーライトさんから、さらに明るいライトを頂きました。 ここまでRN1500、RN400、RN120と三つも頂いてますが、さらな...

blank
オーライトさんから頂いたライトのインプレの続きです。 こちらもフロントライトですが、以前のRN...

で、夜間リアに三つも点けているからなのか、追越しする車も結構距離を取ってくれている感が大きいです。
よく、幅寄せガーとか、至近距離での追越しガーと騒いでいる人がいますが、日中でもダブルリアライトとかしていると、そういう至近距離プレイを喰らうことってほぼ無くて。

車のドライバーは他人なので、他人に期待してもしょうがない気がするんですよね。
他人を変えることなんて出来ないので。
結局は自己防衛しかないんだろうなと。

濡れた路面もいいことがないので、マイルールとして立てている以上は守るべきだったなと大反省。

オーライト10%オフクーポン

OLIGHT10OFF

オーライト RN1500 公式HP
blank

オーライト ALLTY2000 公式HP

blank




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…