PVアクセスランキング にほんブログ村

春だなぁ。

月曜日にロードに乗ったのですが、この日は最高気温22℃。
春用ジャージで出かけたのですが。

ちょうどいい季節

長袖ジャージなんですが、もう半袖ジャージのロードバイクを見かけるという・・・
22℃くらいってロード乗りとしてはベストに近い気温というか、暑くもなく寒くもなくでちょうどいい。

ずっと冬場は、ヘルメットの中にこういうのを被っていて耳まで保護してましたが、

さすがにもう不要。
というより理由は不明なのですが、これ、なぜか行方不明になっていまして。

これを被るほどではない季節は、HALOのヘッドバンドで汗止め。

中にゴムシールがついていて、

blank

汗が目に落ちないというヘッドバンド。
一応、ノーマルとメッシュの両方を持っているのですが、

blank
夏場に限らず、ロードバイクに乗るときにはHALOのヘッドバンドを愛用してます。 このヘッドバンド、内側にゴムシールが付...

blank
今月頭にHALOのヘッドバンドを買いました。 梅雨の時期なので、家でローラー台を回すだけでしか使っていませんでした。 ロ...

メッシュのほうがトータル性能が高いように感じます。
メッシュじゃないほうだと、汗を吸い込み過ぎて重くなる感じがしますが、メッシュだと蒸散する感じなのかも。
どちらも目に垂れてくる感はないです。

まあ、冬場はニット帽的なものを被っているので使ってませんが、それ以外のシーズンはこれを使ってます。
真夏とかに、峠の下りで目に汗が垂れると爆死しかねませんから。

なぜ?

理由は不明なのですがこの日、異常なレベルで道路上に車が多くて。
渋滞にハマって、あったく動かなくなることも何度か。

何かある・・・のか??

海沿いを走っていたら、ママチャリにリアカーみたいなのをつけて牽引してサーフボードを運んでいる外国人を見たのですが。
これ自体は問題ないのですが、いきなり左端から右寄りに行ったと思ったら、第3通行帯に当たる右折レーンまで行きました。
驚くほど低速で・・・

何だかなぁと思いつつ。

こういうのもなかなか難しい問題があって、日本にいる以上は法律を知らないことを言い訳には出来ない。
けど、国によってはこれが合法な場合もあるわけですし。

ていうか、彼の自転車を追い越そうとした瞬間に、ノールックで右に進路を変えてきたので、こっちが急ブレーキ掛けたんですね。
まあ外国人特有のお気楽さというか、

読者様
読者様
オウ!ソーリー!

手を挙げて優雅に右折レーンまで旅立っていきましたよw

こういう時代なので、イチイチ注意もしません。
こういう時代というのは、無駄に見知らぬ人と接触したくないので。

ちなみに、自転車が牽引車を付けている場合、道交法では普通自転車ではない軽車両となるため、歩道や自転車道は通行できません。

正直なところでいうと、暖かくなるとおかしな奴も道路上に増えるように感じてます。
困ったもんですね。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…