新四ツ木橋から更正橋交差点の直進方法?

読者様から質問を頂きました。

読者様
読者様
都内を自転車で散策している際、新四ツ木橋(自転車車道走行不可)の歩道を走行し都心側に渡橋後、歩行者用信号に従い側道車道に合流し更正橋交差点に差し掛かりました。そこには自転車除き左折のみの標識がありますが、側道の交差点手前に停止線は無く信号もありませんでした(ただし前述の歩行者用信号のある箇所には信号機がありました)。私は本線側の信号機が直進矢印だったのでそのまま直進し本線に合流しましたがこれは適法と言えるでしょうか。ご意見を伺いたいです。

通ってことが無い道路なので、グーグルマップで確認。

新四ツ木橋から更正橋交差点

まず、

新四ツ木橋(自転車車道走行不可)

上に上がっていく方向が新四ツ木橋で、自転車通行不可の標識があります。
歩道(側道ではない)が自歩道になってますので、歩道を通行するしかありません。

そのまま橋を渡ると、まだ歩道がありますが、

歩道が終了し、強制的に側道に入らされるようです。

側道を進んだ先が、更正橋交差点となっているわけですが、側道は強制左折レーンとなってます。

ただし左折の標識の下に、【自転車を除く】とあるので、

自転車は直進自体は可能。
このときに、本線の信号に従えばいいのか?というお話のようです。

問題ないかと

これについては側道には信号機が無いので、直進したいなら本線の信号に従うしかありません。
ただしこの交差点、ちょっと問題があって、本線側にも左折専用レーンがあります。

なので実質的にダブル左折レーンとなります。
ただし本線側の信号機が赤のまま【↑】が出るっぽいので、側道から直進しても、本線の左折レーンからの左折巻き込みは喰らわない(?)のかなと思うのですが、信号機が青の場合(=直進も左折も可)のときは、本線からの左折巻き込みを喰らう確率が高まります。

なので私のマイルールでは、ダブル左折レーンは直進しないことにしているので、流れと雰囲気感で左折しちゃいます。

実態として

都内を走ることはほぼないので分かりませんが、ぶっちゃけた話、自転車通行不可の標識に気が付かずにガッツリ車道を走るロードバイクが多そうな気がするのですが、実態はどうなんでしょう??
標識に気が付かずに新四ツ木橋に入ると、見たところ歩道側に上がれるポイントはない(柵があるので)。

都心というか23区内って、こういう意味不明な場所が結構あるので、好きじゃないんですよ。
意味不明な場所が多い上に、交通量が多いし。

国道15号(第一京浜)の新橋付近なんて、路上駐車も多い上に、5車線くらいあって第一通行帯が左折専用、しかも路上駐車もそこそこいて交通量が多くて・・・みたいな爆死必須みたいな交差点もあるので、基本行かないことにしてます。
タクシーも多くて、タクシーってお客を見つけたら問答無用に左に寄ってくるし。
そのタイミングで左に寄ってきたら、ロードバイクは爆死するしかないだろみたいなケースもあるので、注意するポイントが多すぎるというか。

都心を走っているロードバイクって、ぶっちゃけ怖くないんですかね?
とりあえず、ご質問の直進方法で違反にはならないと思いますが、こういう謎構造もロード殺しなんですよね。
実態は分かりませんが、車道走っているロードバイクが結構いそうな予感(←当然違反ですが)。

ところでメールの返信はだいぶ前にさせていただきましたが、届いてますかね??