ウーバーの報酬、約3割引き下げというニュースは、無関係の一般人にもリスクがある。

ウーバーイーツの配達員の報酬が、一部地域ですが約3割引き下げになったというニュースがありました。

料理宅配サービスのウーバーイーツジャパン(東京)が3月から、一部地域で配達員の報酬体系を見直したことが4日分かった。配送距離などに応じて算出する基本料の水準を下げ、報酬総額は平均で約3割下落したとみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9e1badae224a088e37ca4093173d9c4650ca6ff7

私はウーバーの配達員でもないし、ウーバーで注文したことも無いので関係ないと言いたいところなんですが、これにより一般人にも危険性が高まる恐れが出てきます。

ウーバーの仕組み

ウーバーの配達員は一件いくらみたいな形なので、たくさん仕事をこなせば報酬が増える仕組み。

一件単価が下がった場合、今までと同じ報酬を稼ごうとすると、2パターン以外はありえません。

①労働時間を増やす
②一件に掛かる時間を短縮する

問題は②のほうです。
これは前にも書いたように、ウーバー配達員への評価はお客さんがします。
お客さんの立場では、スピーディーに、キレイに持ってきてくれた配達員が高評価になるわけです。

途中で信号無視していようと、車道を逆走していようと、そんなことはお客さんの立場では全く分からない。

一件に掛かる時間を短縮しようとすると、手っ取り早く信号無視する配達員が増える懸念も出てくる。

つまり、ウーバー配達員の自転車運転が荒っぽくなる可能性があり、違反が増える懸念があるともいえます。

まあ、実態として、既に違反事例はネット上でも多々出ているわけで、マトモな配達員は安全講習を受けたりしているようですが、スマホを片手に見ながら歩道をフラフラ走っているような奴もいるし、信号無視なんて当たり前といわんばかりの奴もいる。
まあ、ママチャリに乗ったオバサンとか、平気で信号無視して通過しているので、ウーバーだけの問題ではないのですが。

雇用ではないので

ウーバーの配達員は個人事業主であって、雇用ではないわけですが。
前にも書いたように、自転車運送業として許可制&ナンバープレート必須にしたほうがいいと思う。

許可制にして違反行為には厳しくしないと、信号無視とか無くならないですから・・・

ウーバーの報酬が引き下げになろうと、配達員ではない人にとって何ら関係無さそうな話題ですが、一歩間違うと【とにかく早く運ぶ】ことが優先して、交通違反のオンパレードにもなりかねない話。
意外と他人事とも言えないというか、そろそろスマホ見ながら自転車乗るのはやめて欲しいんですよ。

歩道を歩いている立場からすると、恐いので。
しかも衝突したとしても、まともに補償されるのかすら分からないですし。