タイヤの空気圧を0.7Barも落としてみた結果。

前からちょっと気になっていたことがあって、タイヤの空気圧を思いっきり落としてみました。
23cのGP5000、ナローリムのキシリウムエリート、チューブはラテックスという条件です。

意図的に空気圧を下げてみる

空気圧を落としてみようと思ったのは、最近よく走るコースの路面が荒れているから。
どうしても23cだと、跳ねる。
ここ最近はフロント7.3Bar、リア7.5Barくらいで運用していましたが、23cだとまあ標準的なところかと。

まあ、今だと皆さん25c以上ですよね・・・
いづれは25cに移行というか、ワイドリムのホイールに行かざるを得ない日が来るとは思いますが。

なのでこの日、フロントが6.6Bar、リアが6.8Barくらいで乗ってみました。
23cでここまで低いとちょっと不安な面もあるのですが、前後ともにリム打ちパンクしてもいいように、とりあえず替えチューブは日本体制。
いや二本体制。
ジャパンシステムではないです。

正直なところ、ここまで下げるとある程度予想されるというか、転がり最悪、走行感が重くなるだろうと。
実際乗ってみて、これはホントそのまんま。
ただし転がりがそこまで重い感じでもない。
けど、タイヤが潰れている感が結構ある。
最初の10分程度で、帰宅して空気入れなおそうか悩むレベル。

ただこの日、何があっても最後までこの空気圧で乗ろうと無駄な決意をしていたので、そのまま進む。

慣れてきたら意外と悪くない

何があってもそのまんまで行こうと決めていたので、そのまま100キロ走ってみて。

管理人
管理人
意外と悪くないw

当初より、そこまで転がりが悪い感じでもないし、走行感が重い感じもちょっとくらいかなと思ってました。
けどタイヤがグニっと潰れる感じがそこそこあって、やや荒れ気味のところだとパンクしたのか?と思うような感覚もある。
そのまま乗ってみたら、慣れたんですかね。
意外と悪くない。

強いて言うなら、もうほんのわずかだけリアの空気圧が高くてもいいのかなと。
あとラテックスチューブなので、時間が経てばエア抜けしていく。
夕方くらいには、さすがにちょっと緩いかなと思いまして。

コンビニに入るときに段差を超えるじゃないですか。
段差超えは、明らかにグニっと来る。
そういうところは慎重にやれば、それ以外はそこまで問題でもなかったりする。

0.7Barも落としたので、乗り心地については明らかにいい(←当たり前)。
正直なところ、全く別のロードバイクに乗っているくらいの差はあります。
ライドの終盤では明らかに空気圧が低すぎる感はあったけど、まあ許容範囲内と言えば許容範囲内。

ただし、帰宅してから分かったことがありまして。
脚については、普段よりも疲労度が高いw
この日強風で向かい風セクションが酷かったことを考慮しても、脚は使ったのかも。
その代わり、腰とか方の疲労度は少ない。

たぶん、もうほんのわずかに空気圧を上げたあたりがベストなのかも。
一気に0.7Barも下げると、全く違う乗り味になるので、次回はもうほんのわずかに空気圧を上げてみようかな。
それか、しばらくこの空気圧で運用してみるか。
もうちょっと下げるとどうなのかもやってみたいところですが、クリンチャーなのであんまり低いとリム打ちのリスクが高まるし微妙なんですよね。

ちなみに帰宅後のリアの空気圧は、6.4Barでした。
0.4Bar下がってます。

普段試さないようなことをあえて試してみる

同じタイヤ、同じホイールを使っている分には空気圧をそこまで変えることなんて無いと思うのですが、たまに普段やらないようなセッティングにすると、全く違う乗り味になります。
まあ、ラテックスチューブってブチルよりもパンク耐性が高いので、軽量ブチルとかだとあんまり下げるとよろしくないかも。

ちなみにですが、空気圧を無駄に高くすると、ガッチガチの一台になります。
これは当たり前の話ですが、振動吸収性って何ですか?レベルにすることもできますが、それはそれでクソ疲れるだけなのでお勧めしません。

空気圧を下げれば、振動吸収性と路面追従性は明らかに良くなりますが、転がりが重くなるのが当たり前の話。
どこがベストの空気圧なのかは、いろいろ試してみると面白いのですが、今回も最初の10分くらいは違和感なんてレベルを通り越して、帰宅したくなるレベルでした。
我慢して乗ってみたら、意外と悪くないなと慣れてくる。

ただこういうのって、タイヤの銘柄にもよります。
タイヤによっては、空気圧を下げ過ぎると腰砕けみたいになりかねないですし。
今回も最初に感じたのは、腰砕け感でした。
あと、時折来るグニっとした感触で、パンクしたか??と思うことも。

最近はチューブレスが流行ですし、チューブレス+フックレスリムだと4Barとかとんでもない低圧で乗るらしいですね。
クリンチャーでも、緊急時には4Barくらいでもギリギリ乗れなくはないですが、まともに運用するのは流石に厳しい。