三ヶ島SOLUTIONの簡単レビュー。片面フラットペダルは重量が重いが・・・

ちょっと前に紹介した、三ヶ島のSOLUTION。

ビンディングペダル初心者に人気が高いのは、片面フラット・片面ビンディングになっているペダルです。 まあ、安心感が高いですし、スニーカーでも...

早速ですが、三ヶ島のSOLUTIONを購入したという方から簡単ではありますがレビューを頂きました。

三ヶ島 SOLUTION

前の記事でも紹介したように、三ヶ島待望の片面フラット、片面ビンディングペダルは、重量が明らかに重いです。
参考までに、片面フラットで定評があるシマノのPD-EH500も含めて重量を見てみます。

ペダル重量
三ヶ島 SOLUTION497g
三ヶ島 SOLUTION EZY SUPERIOR552g
シマノ PD-EH500383g
EZY SUPERIORシリーズは、工具なしでペダルの脱着が可能なため、どうしても重くなります

重量だけをみてしまうと、サッパリ魅力を感じませんw
ただまあ、三ヶ島の圧倒的回転性能で重量分をカバーするのか?みたいなことも書いたのですが、早速読者様が購入したそうで。

貴サイトを見てまさに三ヶ島のSOLUTIONのノーマル仕様を買いました。
もともと使っていたのは、シマノのPD-T780です。
不満もなかったのですが、気分転換と色付きかあったので入れ替えました。
392g→497gと100gほど重くなりましたが、まだ短距離でフラット面しか使ってませんが、三ヶ島の回転の軽さのためか、ペダリングが軽くなった気がしなくもないです。
プラシーボかもしれませんが。

個人的に凄くいいなと思ったのは、【ペダリングが軽くなった気がしなくもないです】というところ。
気のせいかもしれないし、気のせいじゃないかもしれないみたいな曖昧な感じ、本音が出ていていいなと(笑)。

正直なところ、ロード・ツーリング用のSPDペダルって、なんか味気ないデザインのものって多いじゃないですか。
カラーが入っているペダルとなると、クランクブラザーズのキャンディとかになってくると思いますが、三ヶ嶋のSOLUTIONもカラーが豊富でいいなと。

このほかにグリーンとシルバーもあります。

重量面では明らかに不利でしょうけど、100g増加ということは片側だと50g程度。
このくらいの差なら、三ヶ島の回転性能が勝利するかもしれないし、気のせいかもしれないというところなのかもしれません。

昔シマノのPD-A600という、当時はアルテグラグレードと呼ばれていたSPDを使っていたことがあります。
一応、アイスグレーという色になっていたと思いますが、SPDの場合、クリートが金属なこともあって、傷だらけでカラーが剥げてきたのを思い出します。
まあ、最終的には中古屋に買い取ってもらいましたが、傷が酷いことを理由に、買取額は一個100円でしたw
しかも品番不明扱いされ・・・

品番不明扱いされた理由は、傷だらけだからだそうです。
みればPD-A600だと分かるけど、扱い上そうなるとか。

あと前回記事ですっかり見落としてましたが、クランクブラザーズのダブルショットも片面フラット・片面ビンディングです。

似たような形状のキャンディについては両面ビンディング。

カラー系ペダルというと

カラーバリエーションが豊富なペダルとなると、やっぱクランクブラザーズに軍配が上がります。

定番どころだと、クランクブラザーズのキャンディ。
こちらは両面ともにビンディング。

前にも紹介したように、クランクブラザーズはオイルスリックカラーのペダルも販売中。
こちらはマレットE LS(両面ビンディング)。

広い意味で言えば、クランクブラザーズのエッグビーターもカラーペダルと言えるかもしれませんが、バネのところだけなので驚くほど分かりづらいアピールになります。

crankbrothers(クランクブラザーズ) 超軽量 ビンディングペダル エッグビーター2 V2 グリーン 574605

ほかだと、KCNCとかもカラーペダル&片面フラットです。

KCNCは軽量系ブランドなので、このペダルも330gと軽量。

ペダルの場合、乗っているときには全く見えなくなるパーツなので、カラーがどうとか関係ないという見方も出来ますが、三ヶ島のSOLUTIONについてはカッコいいし、三ヶ島らしい回転性能を誇る高品質ペダルなのかもしれません。

どうでもいい話ですが、うちのTIMEペダル、やっぱ回転性能がガタ落ち中。
回転性能以外のところではTIME以外ありえないと思うほど気に入っているので・・・悩ましい。