スペックが大切。

ちょっと前にですが、やっと確定申告を終えました。
ただまあ、トラブル続きで。

e-taxできない・・・

普段弥生の青色申告というソフトを使っているのですが、帳簿を毎日記帳していれば、減価償却や控除などを除けば確定申告書は完成します。

けど、どうやっても確定申告書の提出日が、令和33年になってしまい変更できないw

完全に怠慢なんですが、どうせいいやと思って、PCをwindows7のままにしてました。
これが令和33年になってしまう原因らしく、windows10にアップグレード。
windows7は令和に対応していないため、勝手に平成33年扱いされてしまうらしい。

アップグレードして令和3年になったのはいいんですが、なぜか既に記入済みの控除欄がすべて吹っ飛んでいる・・・
控除の項目もすべて埋めて、そのままe-taxで送ろうとしたら、今度はPCのメモリが足りないのでe-taxソフトが立ち上がらないという状態に。

あんまり詳しくないけどいろいろ調べて、ノートPCにメモリを増設。
というよりもうちのノートPC、2ギガしかなかったらしいw
メモリ増設したらサクサク動く(←当たり前)。
e-taxも難なく終了。

けど、e-taxで確定申告書を送っても、保険料の控除証明書は郵送しないといけないw
裁判の残骸の切手がまだ残っているので、こういうときに1円切手などを大量投入する。

最終的に500円切手が2枚残っているのですが、500円切手は使い道がない。

ロードバイクとは全く関係ないのですが。 裁判やるときは、予納郵券といって、裁判所に指定された切手を6000円分収めておく必要が...

ちなみにですが今年の確定申告から、個人事業主はe-taxで送付すれば青色申告特別控除が満額の65万になるけど、それ以外の方法で提出した場合は55万になってしまいます。
あと、個人事業主は実は今年から減税になっているのですが、これは基礎控除が増えたから。

まあ、サラリーマンのほうが税制はお得です。
給与所得控除って最強なんですよ。
個人事業主は青色申告特別控除が65万しか引けないですが、サラリーマンは課税所得500万くらいでも150万くらいは給与所得控除があるし。

ロードバイクも

スペックという話だと、ロードバイクって値段によって性能は一変します。
10万のロードバイクと50万のロードバイクはやはり違う。

ただまあ、アルミフレーム+クラリスで100キロ走れない人が、カーボンフレーム+アルテグラになったから100キロ走れるようになるということは基本的にないです。
私も元々はアルミフレームのクロスバイクで120キロとか普通に走ってましたし。

ロードバイクのスペックよりも、備えのほうが大切かなと思うときもあります。
チューブも携帯ポンプも持たずに走りに行けば、パンクした瞬間に終了します。
近くに自転車屋がある確率なんて、ほとんどないですし。

あとはメンテナンス。
どんだけ高いロードバイクでも、ノーメンテならきちんと性能を引き出せませんし、下手すると危険な乗り物になる。

パンク対策には、携帯ポンプとCo2の両方持っているのが便利。
これを買うか迷っていたのですが、

見えないオシャレよりも実用性を考えると、やっぱTNIのほうが理にかなっている。