NO TUBE,NO LIFE.

まあクリンチャータイヤの話ですね。
チューブ無しでは機能しませんから。

なぜかショップにラテックスの23c用がなかったので、アマゾン購入。

ヴィットリア ラテックスチューブ

結構前からですが、ヴィットリアのラテックスチューブは名前がコンペティションチューブとなってます。
ヴィットリアのラテックスよりも軽量なラテックスチューブはありますが、エア抜けが著しく早い奴とか、耐久性に難がある奴もあるので、無駄に軽量性を追い過ぎていないヴィットリアあたりがバランスとしてはいい。

サドルバッグに入れておくわけですが、ジップロックに入れておけばチューブが痛みにくくなります。

間違ってもチューブを裸のままサドルバッグに入れておくと、走行振動でサドルバッグとチューブが擦れて穴が開くことも。

小さいサドルバッグでもチューブ二本、タイヤレバー、Co2二本、タイヤブート入り。

どうでもいい話なんですが、なぜかアマゾンで19-23c用と25-28c用、値段が全然違う。
やっぱ23cなんて使っている人はレアな存在になりつつあるから余っているという話なんでしょうか?

NO TUBE,NO LIFE

前に某24時間テレビで、薬物使用で逮捕歴がある某野球選手が、リアルに間違えて

NO シャブ NO ライフ

と語ってしまいましたよねw
シャブなしでも生きていけるという意味にしたかったんでしょうけど、シャブなしでは生きていけないになってしまうので・・・
クリンチャータイヤは、チューブ無しでは生きていけないのでNO TUBE、NO LIFE。

近年ロードチューブレスが復活の兆しを見せてますが、いろんな方の話を聞くとどうも面倒な気がしてしまい、クリンチャーでいいやとなってしまってます。
走行性能でいえばチューブレスが上ですけど、メンテナンス性でいうとクリンチャーが圧勝。
フックレスリム+28cだとこんな低圧で乗れてしまうというのも興味はありますが・・・

先日、ZIPPのフックレスリムのお話を書きましたが、 読者様がZIPP 303 Firecrest Tubel...

読者様も、もしいろいろやってダメそうなら、ロードサービスで帰るとのこと。
滅多に使うことは無いでしょうけど、ロードサービスも今後は必要性が増すのかもしれません。
ロードサービス付き保険というとAUが人気ですが、私の場合、自転車保険は自宅の火災保険でカバーされているので、ロードサービスだけを別に加入してます。

先日、走行中にスポーク折れをした件で、念のためということでCycle Callのロードサービス保険に加入しました。 会員証...

まあ、使ったことないですが。
念のため・・・ですかね。

ちょっと前に、またごみ袋輪行の話を蒸し返してきた人がいましたが、

ずいぶん前に書いた記事について、メールを頂いたのですが。 メールについてはいわゆる誹謗中傷の内容も含まれているので、一部のみ抜粋します。 ...

なんでごみ袋輪行を認めて欲しい勢力がいるのか不思議でしょうがない。
ロードサービス加入しておけば、ビニール袋を材料に専用の輪行袋を作ったんだ!とか屁理屈言わなくても済むと思いますよ。
普通に輪行袋を買って持っていけば済む話だし、ロードサービスに加入しておけば済む話。




コメント

  1. カモがネギしょってる より:

    私はごみ袋でもちゃんとしていれば問題ないと思っています。
    例えば厚さが十分にあってちゃんと縫製なり溶着してあるならば。
    ただし、突起部が突き破らない厚さのポリ袋は小売店には流通していなくて、一般的には特注になりますね。
    それを縫製なり溶着なりで輪行袋の形にしていれば問題ないと思う。
    コスト的にも重量的にもサイズ的にも何らメリットは無いですが。
    逆に言えば、そのレベルじゃないとただごみ袋を巻き付けただけだと思います。
    ちなみにエコバッグ輪行なんてものも考えられますよね。
    エコバッグなら輪行バッグと変わらない材質のものも多いですし。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      ごみ袋の件ですが、ちゃんとしているかちゃんとしていないかの定義・判断をどうするのか?というところになってしまうので、【自称ちゃんとしている】がまかり通る恐れがあるから一律禁止なんじゃないでしょうか?
      ごみ袋容認する人の話を聞くと、自称ちゃんとしているですが、結局言ったもん勝ちみたいなレベルにしかなりませんし、それが原因で駅員と揉めることまで想定されます。
      線引きが難しいのでトラブル回避するなら一律禁止しかないかと。